日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジンmichi-co

まいにち・みちこ

今日の「まいみち・おすすめ記事」

「老舗菓子店『志たあめや』さんの奇抜(?)な商品。

まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/iwate/13256

「老舗菓子店『志たあめや』さんの奇抜(?)な商品。」

創業は天保3年(1832年)、幕末の時代から今日まで岩泉町民の小腹を満たしてきたのが『志たあめや』さんのお菓子です。当初は飴を作っていたそうですが、今もほとんど変わらない製法で作る商品(「たまみどり」)があると言うのですから驚きます。

近頃はJAL国内線ファーストクラスの機内食に採用されたり、人気雑誌『クロワッサン』に掲載された「かりんとう」が人気ですが、その他の商品も、なぜか「懐かしさ」を感じる個性的なものばかり。

特に注目は、牛のイラストが描かれた「牛乳せんべい」という、どう見ても「お煎餅」ではない(小麦の「南部せんべい」とも全く異なります。)、斬新(?)な「せんべい」の存在です。

さて前置きが長くなりましたが、その『志たあめや』さんから、奇抜なマスキングテープが入荷しました。知る人ぞ知る、「たぬきさん」という絶滅危惧ケーキがデザインされた、『志たあめや』さんのオリジナル商品です。

(ケーキの現物はうれいら商店街の『志たあめや』さんにありますので、そちらでお買い求めください。)

180年以上の歴史を持ちながら、地域の人たちに愛され続ける『志たあめや』さんの魅力は、「たぬきさん」のような親しみやすさにあるのかも。道の駅いわいずみ(1990年開店)も、あと150年頑張らなくては!