日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

東北の道の駅【福島県】

福島

福-32
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

道の駅尾瀬檜枝岐

みちのえき おぜひのえまた

  • 駐車場
  • お手洗い
  • 身障者用設備
  • 電話
  • 店舗・売店
  • レストラン
  • 喫茶・軽食
  • 休憩所
  • 情報コーナー
  • 公園
  • 乳幼児施設
  • 展望地
  • 博物館・美術館
  • 温泉
  • スポーツ活動
  • キャンプ場
  • 宿泊施設
  • シャワー
  • ファックス
  • 郵便
  • 体験施設
  • マリーナ
  • 授乳スペース
  • AED
  • オストメイト対応トイレ
  • 24時間開放情報休憩施設
  • Wi-Fi
  • EV

いいもの3品

  • ・木工品

    村名のとおり、檜を使った民芸品。冬の間に農作業が閉ざされる時期を利用して培われてきた技術が冴える木工品の数々を販売。

  • ・尾瀬の自然水

    尾瀬国立公園の広大な原生林の一枝一葉のしずくを大切に集め、大自然のフィルターをくぐり抜けた清らかな自然水。

  • ・岩魚の加工品

    清流を利用して、「岩魚」の完全養殖に成功。天然の渓流の中で育まれたように、身がしっかりと備わった美味しい魚。

檜枝岐村の玄関口

檜枝岐村は、福島県の西南端に位置し、会津地方の最奥の村で、日本一人口密度の低い村でもあります。2017年2月には、「村政独立100周年」を迎えました。全国でも有数の豪雪地帯でありますが、夏は逆に涼しく過ごしやすい気候。当駅には檜を使った民芸品を展示販売しているほか、熊の毛皮等も販売しています。また、敷地内には温泉プールもあり、疲れた体を癒やします。

住所 967-0527
福島県南会津郡檜枝岐村字見通1136-1
TEL 0241-75-2432
施設営業時間 ●尾瀬檜枝岐山旅案内所/8:30~17:00無休
●尾瀬の郷交流センター/5月~10月(9:00~18:00)11月~4月(11:00~17:00)
定休日:毎週木曜日(5月下旬~10月無休)※予定
●檜枝岐村営林産所/8:30~17:00
定休日:毎週火曜日(7月中旬~8月中旬無休)※予定
定休日 各施設によって異なるため、尾瀬檜枝岐温泉観光協会HP 参照
駐車場 60台
トイレ 11
身障者用施設 駐車場/5 多目的トイレ/1
関連URL http://www.oze-info.jp/

スタンプ設置情報

定休日 無休
設置場所 尾瀬檜枝岐山旅案内所
押印時間 8:30 ~ 17:00

※掲載されている情報は2018年3月10日現在の情報です。変更している場合があります。道の駅は臨時休業することがあります。予めご了承下さい。

この道の駅の関連の記事
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第1話「お酒をこよなく愛するオヤジョ、新橋登場!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 豊かな自然に恵まれ、海の幸・山の幸も豊富な贅沢な地、青森県。…

新橋

ヨメトメ!

【7 家事はいつから嫁の務め?】

ヨメトメ!

「ありがたきもの、姑に思はるる嫁の君」と平安時代の随筆・枕草子にもあるように、今も昔も嫁姑問題は古くて新しい、そして遠く…

伊藤海歩

路地裏酒場散歩

第5話 小さい秋、美味しい秋見つけた!赤ワインと季節の料理をカジュアルに楽しめる酒場

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 山が色づき始め、街の風も冷たくなってきた今日この頃。 皆さま…

新橋

第1回「甲冑師・たちばな工房」さん

先人の生き様に学ぶ~ふくしまの手しごと~

甲冑師・橘斌(たちばなさとし)さん   勇壮な戦国絵巻が目の前で繰り広げられる「相馬野馬追」。福島県を代表する…

くつわたゆみえ

路地裏酒場散歩

第3話「ワクワクドキドキが止まらない!?思わず誰かに「しゃべりたくなる」酒場!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 青森県・津軽地方で使われている方言「津軽弁」。 県外の方にと…

新橋

あなたにおすすめの記事