日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

東北のイベント情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつだって猫展

猫は古来より日本人が愛玩し、私たちの暮らしに寄り添ってきた動物です。そのため人との関わりのなかで語られ、あるいは絵画に描かれてきました。特に江戸時代後期には現代と同じように「猫ブーム」がたびたび到来し、日常の可愛らしい仕草をする猫はもちろん、怪談話の化け猫や擬人化された猫など、様々な猫が浮世絵や絵入り本に登場しました。また、幕末以降、猫が福を招くという俗信から、各地で招き猫の土人形が盛んに作られています。本展では、こうした江戸時代から明治時代にかけて巻き起こった「猫ブーム」の諸相を浮世絵や版本、土人形などを通して紹介します。

この展覧会はこれまで東海・近畿地方等を巡回しましたが、東日本では仙台が初開催となります。

開催日時 2019年4月19日(金)~6月10日(月)
休館日 毎週月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)、5月7日(火)
開館時間 9:00~16:45(入館は16:15まで)
開催場所 仙台市博物館
( 宮城県仙台市青葉区川内26番地)
料金 一般・大学生1,300円(前売1,100円)、高校生700円、小・中学生500円
※前売券販売は、2019年3月1日(金)から4月18(木)まで
お問い合わせ ミヤギテレビ事業部(平日 10時~18時)
022-215-7700
関連URL https://nekoten-mmt.tv/
情報提供 みちこ編集室
情報公開日:

※イベント内容の変更に関しては、「問い合わせ」欄に掲載の連絡先までご確認ください。

プレミアム記事
あなたにおすすめの記事