日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

東北のイベント情報
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第22回 山都寒晒しそばまつり

江戸時代、徳川将軍家に献上されていたという、超ぜいたくなそばがあります。それが「寒晒しそば」。どうやって作るかというと、1年で最も寒さの厳しい大寒のころに、極寒の渓流にソバの実を浸します。10日ほどしたらそれを引き上げ、さらに20日ほど寒風に晒して自然乾燥させます。これを製粉してそばに打つと、弾けるような食感の、すばらしいそばができるのです。それが山都の「寒晒しそば」。
江戸時代、信州の高遠藩では、このようにして作った寒晒しそばを将軍家に献上していました。
そばは庶民の食べ物と思われていますが、将軍家では、民衆の食べるそばとは違う、こんなぜいたくなそばを食べていたのです。
3月17日・18日、山都で将軍家ゆかりの「寒晒しそば」を再現します。
ぜひ味わってみてください。

開催日時 2019年3月16日(土)~3月17日(日)
午前10時~午後2時(午後2時までご入場ください。終了は午後3時です)
開催場所 山都体育館
(福島県喜多方市山都町広中新田1165)
料金 ■「食彩」コース(前売りのみ) 2,500円
■「味わい」コース 前売り・・・1,300円 当日・・・1,500円
お問い合わせ 山都総合支所 産業課
0241-38-3831
イベントPDF PDFを見る
情報登録 喜多方観光物産協会
情報公開日:

※イベント内容の変更に関しては、「問い合わせ」欄に掲載の連絡先までご確認ください。

プレミアム記事
あなたにおすすめの記事