フルーツの里 紫波

紫波はフルーツとワインの町として知られていて、果樹栽培は県内有数です。リンゴ、ブドウ、イチゴ、サクランボ、モモ、ラ・フランスなどが中心で、それらは当「道の駅」の「産直センターあかさわ」に並んでいます。町内のワイナリーで醸造された紫波ワインも、物産館でさまざまな種類を販売していますので、「レストラン果里ん亭」のメニューと合わせご利用ください。

施設情報
住所〒028-3535
岩手県紫波郡紫波町遠山字松原7-8
TEL019-671-1300(紫波町物産館)
施設営業時間産直センターあかさわ/8:00〜18:00
(冬期・8:30〜17:30)
※季節により変更あり
紫波町物産館・売店/9:00〜18:00
(冬期・12月~3月 9:00〜17:00)
レストラン/11:00〜16:00
(ラストオーダー 15:30)
定休日12/31〜1/3
駐車場100台
トイレ 22
身障者用施設駐車場/2 多目的トイレ/2
関連URLhttps://shiwa396.exblog.jp/
スタンプ設置情報
定休日12/31〜1/3
設置場所物産館入口付近
押印時間9:00~17:00
いいもの3品
産直のりんご、ぶどう秋になると産直に並ぶぶどうの数々…。県内一 のぶどう生産地紫波町の美味しいぶどうを是非!!
ワイン・ぶどうジュース紫波町産ワイン用ぶどう100%のこだわりのワイ ンと、6カ月熟成の濃厚なぶどうジュースを是非。
紫波ひっつみ定食紫波産の南部小麦を使用した手づくり の郷土料理です。