日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

彼是堂(あれこれどう)は、北東北を題材に商品の制作・販売を行う川口印刷のオリジナルブランド。昨年まで、岩手県内の風物を二十四節気ごとに描いた暦「いわて暮らしの季節暦」を制作していました。今年からは過去の季節暦のイラストとともに、季節の便りをお届けします。イラストは岩手県岩泉町在住のAKIさんによるものです。

【小寒】いわて暮らしの季節暦【なもみ・スネカ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/99540199/31282

 

皆さま、あけましておめでとうございます。彼是堂です。

今日は2021年1月5日。

二十四節気では「小寒」のはじまりで、寒さが極まる少し手前の頃とされています。

既にお伝えしております通り、「いわて暮らしの季節暦」の販売は終了となりました。

そこで今年からは「季節暦」の過去のイラストとともに、岩手の季節の暮らしをご紹介します。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、2021年最初の更新は「沿岸に伝わる「なもみ」「スネカ」」がテーマです。

【小寒】「沿岸に伝わる「なもみ」「スネカ」」(イラスト:AKI)

(「いわて暮らしの季節暦2014」より)

 

 

恐ろしい形相のお面をかぶり、包丁(刀)を手に家々を練り歩く…というと、

秋田の「ナマハゲ」を思い浮かべる方も多いかと思いますが、

実は岩手県沿岸でも同じような小正月行事が受け継がれています。

この行事を北部では「なもみ」、南部の大船渡市吉浜では「スネカ」と呼びます。

怠け者や行儀の悪い子どもを懲らしめ、子どもの健やかな成長と無病息災を願う行事です。

(怖い見た目ではありますが、実は「来訪神」なのです!)

 

仮面や仮装をした人たちが家々を訪れ、怠け者を戒めたり福をもたらしたりする行事は全国各地にあり、

男鹿のナマハゲや大船渡のスネカを含む10の行事が「来訪神:仮面・仮装の神々」として、

2018年にユネスコの無形文化遺産「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」に登録されました。

今年はコロナウイルス感染症の影響もあり、例年通りの開催とはなっていないようです。

怖い「なもみ」や「スネカ」が来ないとホッとする子もいるかもしれませんが(笑)、

来年は無事に開催できるようになればいいなと思います。

 

ちなみに、イラストの中で描かれている色とりどりの団子は「みずき団子」です。

ミズキの枝に団子を付け、五穀豊穣を祈るという小正月行事です。

 

地域ならではの正月・小正月の行事があれば、ぜひ聞かせてくださいね。

 

 この記事を書いた「マイみちスト」
(あれこれどう)
彼是堂は、岩手で100年続く川口印刷のオリジナルブランドです。北東北を題材に、アレやコレをつくっては、みなさんにお届けしています。 「おおっ」とか「へぇ」とか少しこころをくすぐるアイテムをお届けして、北東北ファンを増やしていきたい。こころをほぐして、 みんなが元気になるといいなと思っています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (2)
  1. アバター さがっち さん

    秋田県男鹿市のナマハゲは全国的にも有名ですが、男鹿市以外にも似たような風習はあるようです。私の住んでる秋田市でも地域によってヤマハゲやアマハゲと呼ばれる似たような風習があります。どれも“なもみはぎ”が由来となっているようです。(諸説あります)
    でも、最近は地域の子供が少なくなって来ていて伝統行事の継承も段々と難しくなってきているみたい。方言も廃れてきており何だか悲しいです。なので、私は出来るだけ方言で会話しようと努めています。方言って味わい深いし、会話していて楽しいんだけどなあ。

    • 彼是堂 彼是堂 さん

      さがっちさん、コメントありがとうございます。ヤマハゲやアマハゲを調べてみましたがかなり怖い形相ですね。とあるテレビ番組でナマハゲ(男鹿)の様々な仮面が紹介されており、ナマハゲはこんなに種類があるのか!と驚いたことがあるのですが、ヤマハゲやアマハゲも仮面に個性が感じられて面白いですね。(ちなみに、大船渡のスネカはアワビを腰にぶら下げているという特徴があります。)地域の伝統行事や方言を受け継ぐことが難しくなっているのは寂しいです。秋田弁は(聞き取れない言葉もありますが)親しみやすい雰囲気があって好きです。

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
あなたにおすすめの記事
東北のイベント