日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

彼是堂(あれこれどう)は、北東北を題材に商品の制作・販売を行う川口印刷のオリジナルブランド。ここでは、岩手県内の風物を二十四節気ごとに描いた暦「いわて暮らしの季節暦2020」をめくるように、季節の便りをお届けします。イラストは岩手県岩泉町在住のAKIさんによるものです。

【処暑】いわて暮らしの季節暦2020【ソバの花満開】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/99540199/30089

 

こんにちは、彼是堂です!今日は8月23日。

二十四節気では「処暑」のはじまりです。

暑さが少し和らぎ、朝夕に涼しさを感じる頃とされています。

 

今回のイラストは、満開になった「ソバの花」がテーマ。

「わんこそば」が有名な岩手には、ソバの産地も様々あります。

ソバの花は花径6ミリほどの小さく白い花。ソバの産地である岩手では、この時期に満開のソバの花を見ることができます。

(赤い花を咲かせるソバもありますが、そちらの見頃はもう少し先です。)

【処暑】「ソバの花満開」(イラスト:AKI)

 

鮮やかな葉の緑の中に可憐な白い花が咲いている様子は、見ているとなんとも癒されます…。

「処暑」の終わりの頃は、七十二候で「禾乃登(こくもの すなわち みのる)」と表現されます。

「禾」は稲やヒエ、アワなどの穀物を指し、禾乃登は「穀物が実り重い穂を垂らすころ」という意味になります。

体感としてはまだ暑いですが、淡い青色が広がる青空や、順調に育つ稲穂でいっぱいの田んぼを見ていると「秋らしくなってきたなあ」と感じる今日この頃です。

 

 

「いわて暮らしの季節暦2020」は、岩手県内の書店や書店等で販売中です。

ネットでの購入は彼是堂ホームページからどうぞ。(Amazonでの販売はございません。)

 この記事を書いた「マイみちスト」
(あれこれどう)
彼是堂は、岩手で100年続く川口印刷のオリジナルブランドです。北東北を題材に、アレやコレをつくっては、みなさんにお届けしています。 「おおっ」とか「へぇ」とか少しこころをくすぐるアイテムをお届けして、北東北ファンを増やしていきたい。こころをほぐして、 みんなが元気になるといいなと思っています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
あなたにおすすめの記事
東北のイベント