日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

持続可能で磨耗しない、クリエイターの新しい働きかたを探す。全国を旅しながら暮らし働くヨハクデザインが、働きかたや仕事の作りかた、暮らしについてお話します。

抜けるような青空。京都駅大空広場【京都】番外編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/91123165/8835

本日のオフィスはここ。
京都駅屋上にある大空広場

平日昼間だからか人は少なく、散歩コースにも良さそう。
京都の街並みは高層ビルの高さ制限がある。
眺めのよい場所で仕事をすると、自然と背筋が伸びる。

ときどき相談を受けることがある。

長く勤めている会社を辞めて、自分は他の場所でやっていけるのか。

組織で働いているとき、確かにわたしも
「ここでしか上手くやれないんじゃないか」
常にそんな想いに囚われていた気がする。

スキルを身につけるたびに。
上手にコミュニケーションできるようになるたびに。
認められるたびに。
必要とされるたびに。

その『場所』の中で上手く生きるノウハウだけが残っていく。
『組織仕様』になっていく。
仕事を頑張れば頑張るほど、その気持ちは強くなっていく。

仕事ができるリーダーなんて嘘だ。
わたしはもっと不器用で、不確定だった。

組織から飛び出したとき、常に変化する自分に気がついた。
周りから求められて遂げる成長なんて素敵なものではい。

もっとリアルで生々しい変化。

本当に会いたかった人。
見たかったもの。
やりたかったこと。

箱に入れて、蓋を閉めて。
見ないふりをしていた気持ちや欲望に、初めて向かい合ってみた。

信念なんて綺麗な言葉で上手くまとめられない。
昨日の自分と今日の自分は違う。
常に変化している。

縛り付けているのは「ここにしかいられないんじゃないか」という個人的な思い込みだけ。
別の場所に合わせて変化することも、合わせないことだってできるのだ。

【本日のオフィス】
京都駅 大空広場
京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
TEL : 075-361-4401
定休日 : 無休(除く特定日)
開放時間 : 6:00~23:00
HP : https://www.kyoto-station-building.co.jp/about/06.html

 この記事を書いた「マイみちスト」
旅するデザイナー。ヨハクデザイン代表。83年兵庫生まれ大阪芸大卒。多拠点生活×仕事。企画・デザイン・グルメ発信。余白とともに生きる社会を作る。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第1話「お酒をこよなく愛するオヤジョ、新橋登場!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 豊かな自然に恵まれ、海の幸・山の幸も豊富な贅沢な地、青森県。…

新橋

【プレミアム版】第3回 龍飛道(たっぴみち)の洞門群 青森県

東北の忘れられないトンネルたち

(本記事は季刊誌「michi-co」に掲載しきれなかった文章や資料を著者の好意により「プレミアム会員向け」に全て掲載した…

平沼義之(ヨッキれん)

路地裏酒場散歩

第2話「津軽の女はお酒が強いが、美味しい魚とそれに合う酒を知り尽くしているお男には弱い?」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 津軽の女はお酒が強いとよく言われますが、毎日晩酌をしたり、仕…

新橋

フリーランスになる準備【番外編】/タツノオトシゴハウス【鹿児島・頴娃(えい)町】

旅するデザイナー、北に行く理由。

本日のオフィスはここ。 鹿児島県南九州市の頴娃(えい)町にある、タツノオトシゴハウス。 海越しに見える、雄大な開聞岳。 …

ヨハクデザイン

SNSに疲れたら(そのだの場合)

そのだ節

5月くらいになると五月病がはやりますね。3月4月は年度も変わるしバタバタしてるからいいんですけどね。 5月は、 人間に疲…

そのだつくし

あなたにおすすめの記事
東北のイベント