東北をフカボリ!「道の駅」日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」

まいにち・みちこ

旅するデザイナー。ヨハクデザイン代表。83年兵庫生まれ大阪芸大卒。多拠点生活×仕事。企画・デザイン・グルメ発信。余白とともに生きる社会を作る。

【岩手・一関】東京から一番近い岩手。コワーキングスペース一BA(いちば)

持続可能で磨耗しない、クリエイターの新しい働きかたを探す。全国を旅しながら暮らし働くヨハクデザインが、働きかたや仕事の作りかた、暮らしについてお話します。

本日のオフィスはここ。
一関駅ロータリーそばにあるコワーキングスペース『一BA(いちば)』。

 

今年できたばかりの、ピカピカのコワーキングスペース。
一面ガラス張りなので、冬でも暖かい陽射しが降り注いでいる。

 

 

10年間の会社員生活から独立してフリーランスになり、もうすぐ2年半。
会社員生活はとても有意義だったし、今の自分の基礎になっている。
ただ、とても苦しかった。
逃げるように4度転職した。

 

わたしはあの頃、なぜあんなにも苦しかったんだろう、と時々考える。

 

今「仕事は楽しい?」と聞かれたら、「毎日楽しいよ」と即答する。
「いつも楽しそうだよね」
そう言ってもらえることも増えた。
あの頃との違いはなんだろう。

 

ただ仕事を休みたかったわけじゃない。
仕事自体は大好きだった。

 

今も大好きだ。
長時間労働も、正直そんなに苦にしていない。
今だって夜中に仕事をする日だってある。

だけどあの頃は、毎日自分の体と心が削り取られていくようだった。

「ここにしかわたしの居場所はない」
「ここでしか、価値を評価してもらえない」
いつからそんな思い込みにとらわれていたのだろう。
所属している組織でしか自分には価値がないように思えた。
転職してキャリアアップできる自信もなかった。

今考えると不思議でたまらない。
なぜそう思い込んでいたんだろう。

わたしがつらかった原因のひとつは『選択肢がないこと』だった。

 

会社員でいるかどうか。
独立するか転職するか。
仕事を受けるかどうか。
夜遅くまで仕事をするかどうか。
どこで仕事をするか。
誰と仕事をするか。
明日は何をするか。
デザイン以外の仕事をするか。
何を表現するか。

本当はこんなにもたくさん、選択肢はあった。
ただ、見えていなかっただけなのだ。

 

一BAでは、『週末複業』を提唱している。
週末だけ、一関市で本業とは別の仕事をしてみませんか?という取り組みだ。

あんなにも嫌いだった毎日の通勤。
一関へは東京から新幹線で2時間弱。
それを「車で6時間かけて向かう」という、ちょっとしたイベントにすることだってできるのだ。
好きな町で、一緒に仕事したい人たちを、旅の途中に自分で見つけにいくことができるのだ。

 

 

人の考える『自由』とは少し違うかもしれない。

ただ、わたしは目の前にある、数えきれない選択肢を見つけられるようになった。
その中から選び、試してみる。
誰にも強制されない。
その自由を今噛み締めながら暮らしている。

 

【本日のオフィス】
一BA(いちば)
岩手県一関市上大槻街1-5
TEL : 0191-48-3838
定休日 : 土曜日・月曜日
HP : https://www.facebook.com/ichiba.tohoku/

コメントはこちら

* が付いている欄は必須項目となりますので、必ずご記入をお願いします。

CAPTCHA


関連する記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事