日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

持続可能で磨耗しない、クリエイターの新しい働きかたを探す。全国を旅しながら暮らし働くヨハクデザインが、働きかたや仕事の作りかた、暮らしについてお話します。

「好き」を磨く/いわて果実×パティシエ コラボスイーツ発表会【岩手】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/91123165/23873

本日のオフィスはここ。

いわて果実×パティシエ コラボスイーツ発表会」にお邪魔してきました。

岩手県産のフルーツを県内県外にもっとアピールしよう!ということで
「いわて果実」と称し、ロゴマーク(プリンセスがテーマ)や

県内のパティシエとコラボしたスイーツ4種が発表されました。

◇◇◇フロマージュ・クリュ 黄香◇◇◇

patissier 熊谷 崇さん(ホテルメトロポリタン盛岡

岩手オリジナルりんご「黄香」のコンフィチュールをふわふわのチーズ生地に入れました。
黄香の甘い香りとトロトロ&シャキシャキの食感が絶妙。チーズ生地の野田塩もアクセント。

[販売期間]10月6日~10月31日
[販売店舗]ホテルメトロポリタン盛岡NEW WING1階 クローバー
[価格]550円(税込)

使用した「いわて果実」黄香
産地:二戸市

◇◇◇洋ナシのデニッシュ◇◇◇

patissier 佐藤 功崇さん(銀河堂1890 Sweets&Bakery

独自の調理法でシロップをしみ込ませ、瑞々しく仕上げた洋ナシに県産白ワインのジュレをのせました。
デニッシュの中はチョコレートのカスタードクリーム。幸せ過ぎる組み合わせ。

[販売期間]10月6日~10月31日
[販売店舗]銀河堂1890 Sweets&Bakery(フェザン おでんせ館)
[価格]470円(税込)

使用した「いわて果実」洋ナシ
産地:盛岡市

◇◇◇甲子柿のパウンドケーキ◇◇◇

patissier 佐藤 浩二さん(Sweets+Café しゅくる

甲子柿のジャムをオレンジのコンフィチュールと一緒に生地に混ぜ込んだパウンドケーキ。
しっとりとした生地に柿の爽やかな風味が広がる。
鮮やかな色の秋感満載のスイーツ。

[販売期間]10月6日~10月31日
[販売店舗]Sweets+Café しゅくる(本店)
[価格]1,100円(税込)

◇◇◇浪漫◇◇◇

patissier 佐々木 信さん(フルール・きくや

新品種・江刺ロマンのキャラメリゼにチーズクリーム・キャラメルクリーム・キャラメルムース・江刺ロマンのスライスと異なる味と食感が何度も現れる、驚きと喜びに溢れるケーキ。

[販売期間]10月6日~10月31日
[販売店舗]フルールきくや 盛岡本店
[価格]450円(税込)

——————————————————

4種ペロリといただいてしまいましたが
どれも絶妙な組み合わせで美味しい。

使われているフルーツはこちら。

この中でもわたしが特に好きなのはフロマージュ・クリュ。
上のクリーム部分が絶品。

それぞれのスイーツは10月末まで県内各所で販売されています。
ぜひ味わってみてください!

◇◇◇

やりたいことを仕事にする。
好きなことを仕事にする。

最近そんな言葉をいろんなところで聞くようになった。

「好きなことはなんですか?」と聞かれたときに、瞬間的に答えられる人はどのくらいいるのだろう。

好きで、ずっと続けていること。

ときどき無性にやりたくなること。

誰かに止められてもやりたいこと。

いつかやってみたいと思っていること。

昔好きだったこと。

いろんな「好き」がある。
そしてその中で、世間から求められる価値があるものが、いわゆる「仕事」になりうる。

あなたにはどんな「好き」がありますか?

そして、きちんと磨いていますか?

一人で「好きだなあ」と密やかに抱えていることは、個人の趣味としては充分だと思う。

でもそれを、
誰かに話したり、
一緒に楽しんだり、
教えたり、
広めたりすることで、
どの部分が「好き」なのか、はっきりくっきりと輪郭が見えてくる。

何度も何度も自己紹介するうちに、自分の言いたいことがブラッシュアップされる。
そんなイメージ。

日常的に「好き」に触れ続けることで、「好き」が磨かれる。
磨かれた「好き」は、誰かの目に止まったり、チャンスを連れてくる。

わたしの場合は、そのピンポイントの輝きが、仕事に結びついてきた。

やりたいことを仕事にする。
好きなことを仕事にする。

全ての仕事は「好き」とイコールだとは思っていない。

でも、「好き」を磨き続けるのも、一つの技術ではないだろうか。

チャンスの神様が通りすぎる前に捕まえるため。
日々のストレッチのイメージだ。

 この記事を書いた「マイみちスト」
旅するデザイナー。ヨハクデザイン代表。83年兵庫生まれ大阪芸大卒。多拠点生活×仕事。企画・デザイン・グルメ発信。余白とともに生きる社会を作る。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

コッテコテな岩手ネタならおまかせください【読者プレゼント付き】

そのだ節

そのだつくしのこのページをごらんになってくださり、ありがとうございます。 普段も結構SNSでつぶやいたりしてますし、今の…

そのだつくし

フリーランスになる準備【番外編】/タツノオトシゴハウス【鹿児島・頴娃(えい)町】

旅するデザイナー、北に行く理由。

本日のオフィスはここ。 鹿児島県南九州市の頴娃(えい)町にある、タツノオトシゴハウス。 海越しに見える、雄大な開聞岳。 …

ヨハクデザイン

路地裏酒場散歩

第10話「美しい料理を好きなお酒と共にカジュアルに」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 吹き荒れる凍てつく様な風が頬に当たり顔を触ってみると、肌はカ…

新橋

路地裏酒場散歩

第3話「ワクワクドキドキが止まらない!?思わず誰かに「しゃべりたくなる」酒場!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 青森県・津軽地方で使われている方言「津軽弁」。 県外の方にと…

新橋

山の麓の赤い屋根「モカモアコーヒー」大和町【第1回】

ここでカフェを営む理由

七ツ森。 口に出すと語感も愛らしいネーミング。 ポコン、ポコンと7つ並んだ山の総称で、宮城県大和町にあります。 その麓、…

鶴岡彩

あなたにおすすめの記事
東北のイベント