日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

目指す目標は遠くに立てる/ルート396長岡【岩手・紫波】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
持続可能で磨耗しない、クリエイターの新しい働きかたを探す。全国を旅しながら暮らし働くヨハクデザインが、働きかたや仕事の作りかた、暮らしについてお話します。
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/91123165/23514

本日のオフィスはここ。

紫波にある産直「ルート396長岡」。
最近花巻の産直で初めて購入した生のプルーンにハマってしまって、
日々いろんな産直を巡っている。

ルート396長岡は矢巾からも割と近く、
そして今は10種類以上の品種のぶどう、ぶどう、ぶどう!
店舗に足を踏み入れた途端、ふわんと甘い香りを感じます。

お目当ての生プルーンももちろん購入!

秋は特にいろんな野菜や果物が揃っているので
ぜひ一度立ち寄ってみてください。

わとなさんのドレッシングやジャムも発見!

道の駅紫波からも2キロくらいなので、ハシゴもおすすめ。

◇◇◇

わたしはとても忘れっぽいし、コロコロ気分が変わる。
ちなみに一昨日は編み物にハマっていて、
その前日は生プルーンにどハマりしていた。

その瞬間はいつも本気で
「ああ、これから一生編み物にハマるのかもしれない!」
なんて興奮していても、翌日には一度も手に取らずに終わったりしている。

考えいることだって、いつコロッと変わるかなんてわからないし、
自分にさえわからないことに、誰も保証なんてできないよなあと思ったりする。

著名人が昔SNSや公の場で発した言葉。
何かのタイミングで矢面にあげられた
彼、彼女の言葉の端っこを別の誰かが覚えていて
検索してきて魚拓をとったり、引用したり、といった
揚げ足を取ったり取られたりという現場をよく目にするようになった。

独立するまでは特に目的もなくつらつら続けていた
いろんなSNSアカウントを「ヨハクデザイン」という
少しだけ公式ぶったアカウントにしようと決めたとき。
一番自信がなかったのは、その「考え方がぐんぐん変わるところ」だった。

そんな中で発信をし始めたときに
なんとなく思っていたことが「目標を遠くに置くこと」。

「目的や目標がぶれてなかったら、そのときの考えは全部OK」ということを
自分の中で決めたのだ。

わたしの目標は
「旅するデザイナー」として成功することではなくて、
「大切にしたい人を幸せにできる状態にあること」。

お金や時間がないことを理由に、遠くに住む家族に会いに行けない。
仕事よりも大事なことがあると思っていても、休むことができない。
そしてそんな選択肢しかないことに、いつか大きな後悔をするんじゃないか。

そんな外的要因から生まれる後悔を、なるべくしたくなかった。
自分ができる範囲でなんとかしたかった。

仕事でお盆休みもGWも取れなくて、社泊続きで家にも帰れず
「わたしなんのために頑張ってるんだろう」と
不思議に思ったときの気持ちは、数年経った今でもときどき思い出す。
家に全然帰れなくて、社泊用のお泊まりセットは2日分用意していたのに
それも使ってしまって、パートナーが片道1時間かけて車で持ってきてくれて
いつもいつも仕事優先なわたしを、一言も責めずに「がんばってね」とだけ
言ってくれた日のことは何年経っても忘れないし
今だって思い出して少しだけ涙ぐんでいる。

そしてそのときの気持ちが、今のわたしの生活を形作っている。

あのときの気持ちがあったから、ぎゅっと踏ん張って
好きなときに好きな人に会いに行ける環境を作ったんだ。
仕事の合間にパートナーと買い物に行ける日々を選んだんだ。

そんな自分を、少しだけ誇らしく思ったりする。

すぐ手前の「手段」についつい目が向いてしまうけど

そのずーっと先の「目標」を見ていれば、本質的には案外ぶれない。

もしかするといつかデザイナーという仕事を辞めるかもしれない。
フリーランスをやめてもう一回会社に勤めるかもしれない。

でもそこに至るまでの過程は全部本当だし
何年も前に感じたことなんて変わっていくのが当たり前。

まあ、でもいつか全ての辻褄があうのかもしれない、と

最近では思ったりしている。

【本日のオフィス】

ルート396長岡
紫波町西長岡字下和野1-1
019-672-5031
営業時間
(5月~10月)8:30~18:00
(11月~4月)9:00~17:00
定休日
年末年始 12/31~1/6

 この記事を書いた「マイみちスト」
旅するデザイナー。ヨハクデザイン代表。83年兵庫生まれ大阪芸大卒。多拠点生活×仕事。企画・デザイン・グルメ発信。余白とともに生きる社会を作る。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感想をお待ちしております

*

CAPTCHA


プレミアム記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事
東北のイベント