日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

持続可能で磨耗しない、クリエイターの新しい働きかたを探す。全国を旅しながら暮らし働くヨハクデザインが、働きかたや仕事の作りかた、暮らしについてお話します。

旅の速度を下げて町の解像度を上げる/エピスリーシトロン【岩手・盛岡】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/91123165/22582

本日のオフィスはここ。
盛岡肴町にある商業施設十三日(トミカ)1階にある、Epicerie Citron(エピスリーシトロン)

人気の十三日定食は売り切れていたので、カレーライス。
でもこのカレーがたまらなく美味しくて、シトロンカレーを再現したい!という思いから、我が家でカレー作りの研究が始まった。

食後の冷茶も優しく嬉しい。

オープン時から借りているシェアオフィスBUNBOはここの2階にある。
お昼どきに階下からいい匂いが漂ってきて、仕事どころではなくなるのがわたしたちの日常なのだ。

◇◇◇

旅って、どこからが旅なんだろう。
遠出すること?
遠出って、どこからが遠出なんだろう。

旅=海外旅行な人だっているし、車で1時間が遠出だと感じる人だっている。
結局全部自分で決めたっていいんだな、と思ったときに、少し「自由」を理解できた気がした。

車の運転が大好きだ。
旅にはだいたい車を使うし、寝たり仕事をしたり、生活に密着した足となっている。
特に岩手に引っ越してからは、ほぼ毎日車のお世話になっているといっても過言ではない。

だけど、生活の足になっているからこそ、まだ住んでまもない町を駆け抜けるのに、車は少しもったいない気がしてきた。
気になるスポットはもっともっとたくさんあるはずなのに、見落としたまま、わかったような気になってしまうのだ。

スピードが速すぎる。 これはいけない、と自転車を買ってきた。

盛岡から10キロの道を、自転車でなぞってみる。
普段20分ほどの距離に1時間かけてみる。
ふと見つけた角を曲がってみたり、路肩の直売所を覗いてみたり。

リンゴ畑や川を眺めたりしながら、小さな旅をしてみる。

移動スピードを落とした途端に、自分の周りの解像度がぐっと上がるのを感じる。

移動すること、旅することで得る刺激って、別に大きくある必要はない。
遠くに行かなくても、わたしにとって日常は旅にすることができる。

こうして身の回りの出来事を、角度を変えて丁寧に眺めてみるだけで、世界はぐんぐん鮮やかになっていく。

【本日のオフィス】

Epicerie Citron
020-0878
岩手県盛岡市肴町10-10
019-613-8183

 この記事を書いた「マイみちスト」
旅するデザイナー。ヨハクデザイン代表。83年兵庫生まれ大阪芸大卒。多拠点生活×仕事。企画・デザイン・グルメ発信。余白とともに生きる社会を作る。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第4話 鶏のトリコになろうよ!

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 肌寒くなり熱燗が恋しくなる季節がやってきましたね。 私の場合…

新橋

おなじみの魚が、あっちにもこっちにも!“むつ湾の海”を展示する「浅虫水族館」のチャレンジ

浅虫水族館で話題の長さ15mのトンネル水槽。ここではむつ湾で暮らす魚たちの生態を、身近で垣間見ることができます。そこで暮…

かどやじゅんこ

路地裏酒場散歩

第1話「お酒をこよなく愛するオヤジョ、新橋登場!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 豊かな自然に恵まれ、海の幸・山の幸も豊富な贅沢な地、青森県。…

新橋

路地裏酒場散歩

第14話 「色んな日本酒を絶品料理と共に味わおう 〜日本酒の会レポート〜」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 来ますね、夏が。 そこまで来てますね。 たくましい二の腕とお…

新橋

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(後編)

東北の忘れられないトンネルたち

  【前編のあらすじ】 岩手県北部、九戸村と軽米町が接する辺りに、存在をすっかり忘れ去られたようなトンネルがあ…

平沼義之(ヨッキれん)

あなたにおすすめの記事
東北のイベント