日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

持続可能で磨耗しない、クリエイターの新しい働きかたを探す。全国を旅しながら暮らし働くヨハクデザインが、働きかたや仕事の作りかた、暮らしについてお話します。

刺激に慣れてもらう、という手順/フルセイルコーヒー 岩手川崎店【岩手・一関】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/91123165/20737

本日のオフィスはここ。

一関にある道の駅かわさきのお隣にあるフルセイルコーヒー 岩手川崎店

クロワッサンが焼きたてとのことだったので、カフェラテと一緒に。

ほぼ日でも人気の気仙沼アンカーコーヒーの姉妹店。

知人がオーナーになったとのことで、一関で打ち合わせがあるときはいつも立ち寄るお店。

ガソリンスタンドに併設されているので、ゆっくりしたいときは店内、ちょっとお急ぎのときはドライブスルーでテイクアウトもOK。

◇◇◇

6月はわたしにとって少しだけ特別な月。

2015年6月に独立してから、もうすぐ丸3年が経とうとしている。

法人格になった12月と、ちょうど半年ずつ小さな節目がある感覚。

3年前のわたしは、組織に対してリモートワークを提案したり、強引にダブルワークを実践していた。

これから先の自分のキャリアや収入への不安を少しでもなくしたかった。

早く環境を変えたい。その一心だったことを覚えている。

行動力がある。
そう言ってしまえば聞こえはいいかもしれないが、周囲とのズレを無視したままとにかく行動することで、うまくいっていない自分の焦りを隠していたんだと思う。

今思えば、もう少し時間をかければ理解を得るためにもいくつかの方法があったのかもしれない。

まわりの理解を得る前に、どんどん行動する。

独立したことは全く後悔していないし、あのタイミングでよかったと思っているけれど、周囲をもう少し見渡す俯瞰力のようなものが足りていなかったのかな、と思ったりはする。

これから独立したい、という人から相談を受けるときに 「大きく動くより、小さく動き続けて、まわりの人に慣れてもらう」ということをおすすめしている。
周りの人の環境を変えよう!というのではなく、自分の行動を長期的に伝え続けることで、理解してもらおうとはたらきかける。

刺激への耐性を少しずつ上げておく。
いつかそのことが自分を助けてくれる。

誰もわかってくれなくてもいい。
そう思っていたことも確かにあったけど、大人の冒険は少しの仲間や協力者、理解者がいるとより楽しくなるような気がする。

【本日のオフィス】

フルセイルコーヒー 岩手川崎店
029-0202
岩手県一関市川崎町薄衣字法道地42−9
0191-43-3339
営業時間: 9:00〜16:00

 この記事を書いた「マイみちスト」
旅するデザイナー。ヨハクデザイン代表。83年兵庫生まれ大阪芸大卒。多拠点生活×仕事。企画・デザイン・グルメ発信。余白とともに生きる社会を作る。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
プレミアム記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事
東北のイベント