日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

持続可能で磨耗しない、クリエイターの新しい働きかたを探す。全国を旅しながら暮らし働くヨハクデザインが、働きかたや仕事の作りかた、暮らしについてお話します。

閉塞感と悩み / commons cafe【岩手・遠野】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/91123165/12435

本日のオフィスはここ。 遠野にあるcommons cafe

寒い外の景色を窓から眺める。

ストーブの上のやかんが、しゅんしゅんと音を立てている。

仕事の合間にいただくランチは薬膳プレート。 ほっと一息をつく。  

Next Commons Lab遠野が運営するこのカフェ。

ここで地元の女の子と少し話す機会があった。

山に囲まれた村で育った彼女が感じている閉塞感や辛さ。
それは生まれ育った場所は違っても、昔わたしが感じていたものに少し似ていた。

大人はみんなきちんと毎日働いていて、子どもからはとても敵わない存在。

まわりの正しい大人になるための道しか知らない。

自分ひとりの力では、何をしていいのかわからなかったから、
とにかく目の前の受験や就活になんとか向き合っていた。

知らないもののことの考え方は、誰も教えてくれない。
教え方を知っている人なんていない。

とにかく行動をすること。

手を動かしてものを作り、足を動かして移動する。

言葉を紡いで、何度も間違いながら、誰かに思いを伝える。

遠回りなようで、実際の経験は何よりも強く、自分の中に残る。

学校ではもっと「間違うこと」を推奨してほしい。
それでも許容される社会を教えて欲しい。

細い細い「正しい道」じゃない道も、たくさんあることを教えて欲しい。

「大人」になった今、強く思う。

遠野という町で生まれ育ったこと。

いつか彼女が胸を張って「あの町に生まれてよかった」と思えるように。

【本日のオフィス】 commons cafe

岩手県遠野市中央通り5−32(旧千葉時計店)1階
電話:0198-68-3544
営業日: 金・土・月 11:30-17:00
定休日: 火・水・木・日

☆お知らせ

現在発売中の雑誌『ソトコト』2月号に
6Pも特集していただきました!
テーマは『関係人口』。
移住しなくてもいろんな地域と関わる人という立ち位置で
ヨハクデザインの働き方、暮らし方、地域との関わり方などについて
丁寧にまとめていただいています。
読んでいただけると嬉しいです。
全国の書店、Amazon、Kindleなどでお買い求めください。


Amazonで見る

ソーシャル&エコマガジン「ソトコト」(木楽舎)

 この記事を書いた「マイみちスト」
旅するデザイナー。ヨハクデザイン代表。83年兵庫生まれ大阪芸大卒。多拠点生活×仕事。企画・デザイン・グルメ発信。余白とともに生きる社会を作る。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(前編)

東北の忘れられないトンネルたち

東北最古級のコンクリート道路トンネルを新発見! 今から10年前。こいつを見つけたときは夕暮れの山中にありったけの歓喜を叫…

平沼義之(ヨッキれん)

山の麓の赤い屋根「モカモアコーヒー」大和町【第1回】

ここでカフェを営む理由

七ツ森。 口に出すと語感も愛らしいネーミング。 ポコン、ポコンと7つ並んだ山の総称で、宮城県大和町にあります。 その麓、…

鶴岡彩

路地裏酒場散歩

第2話「津軽の女はお酒が強いが、美味しい魚とそれに合う酒を知り尽くしているお男には弱い?」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 津軽の女はお酒が強いとよく言われますが、毎日晩酌をしたり、仕…

新橋

パワースポットでホッと一息 「お寺café 夢想庵」宮城県・登米市【第2回】

ここでカフェを営む理由

今回紹介するカフェは、この奥にあります。   神社? いいえ、お寺です。 登米市津山にある「柳津虚空蔵尊(やな…

鶴岡彩

焦らずマイペースで・・・【読者プレゼント付き】

そのだ節

こんにちわ~。暑かったり寒かったり雨降ったりなんだか空はご機嫌斜めでしょうか。 西日本の豪雨災害のニュースを何とも言えな…

そのだつくし

あなたにおすすめの記事
東北のイベント