まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

仲間の存在 / 夏油高原スキー場【岩手・北上】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
持続可能で磨耗しない、クリエイターの新しい働きかたを探す。全国を旅しながら暮らし働くヨハクデザインが、働きかたや仕事の作りかた、暮らしについてお話します。
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/91123165/12012

本日のオフィスはここ。 雪が降り積もる夏油(げとう)高原スキー場

東北でも有名な豪雪地帯、夏油はずっと気になっていた場所。

あたりはサラサラのパウダースノー。
仕事の合間にゲレンデで少し滑って体を動かす。
そして仕事終わりに温泉で芯から温まろう!という『ゲレンデワーキング』。
岩手移住計画の和氣さんに誘ってもらって、初めての挑戦。

(へっぴり腰) 瀬戸内生まれのわたしには、まだまだ新鮮な雪景色。 10年ぶりのゲレンデは楽しくて仕方ない。 窓から見える積雪だけでも大興奮。

ちなみに結論から言うと、わたしの未熟なスキー技術では、山から降りてくるのに時間がかかりすぎる。
よって仕事時間はほぼ取れず。。 (上級者の和氣さんは上手にワーク×ゲレンデを両立)

そして何より、仕事終わりの温泉が最高。

冷え切った体が端から緩んでいくのが感じられる。
最高に幸せな感覚。

10年間の会社員生活。

今思ってもわたしは文句の多い会社員だったと思う。

上司と合わないから。

クライアントが急かすから。

周りの人や環境のせいにばかりしていた。
きっと。

上司が変われば。

会社を変えて転職すれば。

ひとりになれば。

自由になれば。

自分はきっとよくなる。

まだ本気出してないだけ。

今となっては遠い昔。
わたしはそんなことばかり考えていた。

独立した。

自由になった。

働き方を選べるようになった。

自由。

誰にも怒られない。

誰も怒らないということは、何も言わずに離れていくということ。
そして自分で自分を律しないと、あっという間に楽な方に流れてしまう環境。

今、わたしは自分で自分に制約を作るようになった。

仕事が捗る環境の研究。
一日のリズムの構築。
ルーティンワーク。
そして仲間づくり。

誰かと一緒に仕事をする。
働き方を探る。
ディスカッションする。

自由を求めていたはずのわたしが、誰かに会って刺激を受けることを必要としている。

それはとても大きな変化だった。
そして東北にたくさんの仲間ができた。

わたしは日々彼らの影響を受け、新しい自由を味わっている。

 

☆お知らせ

現在発売中の雑誌『ソトコト』2月号に
6Pも特集していただきました!
テーマは『関係人口』。
移住しなくてもいろんな地域と関わる人という立ち位置で
ヨハクデザインの働き方、暮らし方、地域との関わり方などについて
丁寧にまとめていただいています。
読んでいただけると嬉しいです。
全国の書店、Amazon、Kindleなどでお買い求めください。


Amazonで見る

ソーシャル&エコマガジン「ソトコト」(木楽舎)

 この記事を書いた「マイみちスト」
旅するデザイナー。ヨハクデザイン代表。83年兵庫生まれ大阪芸大卒。多拠点生活×仕事。企画・デザイン・グルメ発信。余白とともに生きる社会を作る。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感想をお待ちしております

*

CAPTCHA


プレミアム記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事
東北のイベント