東北をフカボリ!「道の駅」日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」

まいにち・みちこ

旅するデザイナー。ヨハクデザイン代表。83年兵庫生まれ大阪芸大卒。多拠点生活×仕事。企画・デザイン・グルメ発信。余白とともに生きる社会を作る。

【岩手・釜石】三陸駒舎 / 誰かに必要とされること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
持続可能で磨耗しない、クリエイターの新しい働きかたを探す。全国を旅しながら暮らし働くヨハクデザインが、働きかたや仕事の作りかた、暮らしについてお話します。
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/91123165/11515

あけましておめでとうございます。

2018年最初の更新です。

今年もたくさん旅をして行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本日のオフィスはここ。 釜石の鵜住居から橋野鉄鉱山に向かう途中にある『三陸駒舎』。

ほとんど雪が降らない沿岸から、少し鵜住居川を上っていくので、気温もぐっと下がり、雪も残っている。

ここでは震災で心に傷を負った子どもや大人に向けて、馬とのふれあいで心を癒す『ホースセラピー』を行なっている。

馬にふれあい、餌をあげたりケアをしていく段階で『自分が必要とされている』ことに癒される。

シンプルなことだけど、自分を支えているものってこういうことだよな、と思う。

10年の会社員生活で何度も心が折れそうになった。
そしてそのたびに誰かから「この会社にはあなたが必要だから」と慰留された。

その言葉のおかげで少し踏みとどまったり、どうしてもだめになって転職したりを繰り返していた。
わたしはいつもその言葉を待っていた。

「あなたが必要」 「いてくれないと困る」 だれかに必要とされるということ。

「必要だから」と何度も慰留された最後の会社を辞めるとき、「裏切り者」と言われた。

あんなに「いてくれないと困る」と言っていたのに!!

つい笑ってしまった。

そして、ようやく枷が外れたような清々しい気持ちも味わっていた。

ひとつの会社だけに必要とされるよりも、わたしを必要としてくれる人を、自分で探しに行こう。

わたしが必要な人間かどうか、大切な人だけに選んでもらおう。

その『大切な人』には、自分自身も含まれている。

【本日のオフィス】
三陸駒舎
026-0411 岩手県釜石市橋野町9-44-7 釡石駅より岩手県交通バス55分、バス停「中村」より徒歩2分
見学無料
HP : 三陸駒舎

 

☆お知らせ

現在発売中の雑誌『ソトコト』2月号に
6Pも特集していただきました!
テーマは『関係人口』。
移住しなくてもいろんな地域と関わる人という立ち位置で
ヨハクデザインの働き方、暮らし方、地域との関わり方などについて
丁寧にまとめていただいています。
読んでいただけると嬉しいです。
全国の書店、Amazon、Kindleなどでお買い求めください。


Amazonで見る

ソーシャル&エコマガジン「ソトコト」(木楽舎)

感想をお待ちしております

CAPTCHA


この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連する記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事