日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

自分を磨耗させないこと / co-ba KESENNUMA【宮城・気仙沼】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
持続可能で磨耗しない、クリエイターの新しい働きかたを探す。全国を旅しながら暮らし働くヨハクデザインが、働きかたや仕事の作りかた、暮らしについてお話します。
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/91123165/10040

本日のオフィスはここ。 気仙沼にあるコワーキングスペース co-ba KESENNUMA

東日本大震災を忘れないために、毎月11日に全国でキャンドルを灯そう、という『ともしびプロジェクト』。

co-baの隣にあるキャンドル工房では、「震災を忘れないで」という気持ちを込めて、ひとつひとつ丁寧に、キャンドルが作られている。

昨夜はここで『旅するスナック』を開催させてもらった。 先日訪れた愛媛や高知、長野のお酒や福井のつるし柿を振る舞いながらの、トークイベント。 今の働き方や生き方について、こうしてお話させてもらう機会が増えて、とても嬉しい。

グラフィックデザイナーとして働いて13年。

「才能がないとできないんでしょ?」とよく聞かれるが、はっきり言える。
デザイナーに一番必要なのは、才能やセンスよりも体力とタフな心だ。

自分がいいと思って出したデザインを否定される。

そのことをただの仕事と割り切れなかった。

自分の身体の一部、心や人間性を否定されたような気持ち。
冷静に受け止めることは難しかった。

ただインプットが圧倒的に足りなかったのだ。

そしてハードな仕事が続くと、その悪い連鎖はどんどん深みにはまっていく。

インプットできずに、常に身を削って差し出しているような。
心が痩せ細り、身体の中は空っぽになっていくようだった。

わたしにはもっと時間が必要だった。
人と話す時間。
空を見上げる時間。
息をつく時間。

そして何より、しっかり寝る時間。

自分を大切にする時間。

睡眠時間を削って働いているなんて、全然かっこいいことじゃない。

自分のことを大切にできていない人に、本当に周りを思いやることはできない。

深く考え、伸びていくことはできない。

きちんと生活に立ち帰れるようになって、やっとそのことに気づくことができた。

【本日のオフィス】
co-ba KESENNUMA
988-0017 気仙沼市南町2-2-25 TEL : 0226-25-8131
営業時間 : 会員:24時間365日利用可能 / 受付時間:月〜金 10:00〜19:00
HP : co-ba KESENNUMA

 この記事を書いた「マイみちスト」
旅するデザイナー。ヨハクデザイン代表。83年兵庫生まれ大阪芸大卒。多拠点生活×仕事。企画・デザイン・グルメ発信。余白とともに生きる社会を作る。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感想をお待ちしております

*

CAPTCHA


プレミアム記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事
東北のイベント