日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

「お酒を飲む事が楽しみで生きている」と言っても過言ではない私。 そんな私が夜な夜な歩き回った酒場やお酒に合うおつまみ、津軽の食などをご紹介します。 読むとお酒が飲みたくなる…かも?

第10話「美しい料理を好きなお酒と共にカジュアルに」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/87451903/25154

こんばんは。
お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」

吹き荒れる凍てつく様な風が頬に当たり顔を触ってみると、肌はカサカサ…心もカサカサ、潤いがあるのはプヨプヨのお腹だけ…

いつまで経っても「くびれ」が出来ず、お腹が前のめりになる理由は分かっているんです。よーく分かっているんです。
夕方、飲み会に行く前に食べ過ぎない様にと間食を取ったのに、飲み会に行けば結局普通に料理をつまむので結果いつも以上にカロリーオーバー。

体のどの部分よりもお腹が主張している…お腹が体の主人公…
どうも、今日も女と親父の間を彷徨っている私です。

さて、この寒い時季はお酒に合う美味しい食べ物が津軽にはたくさんありますが…
中でも私が大好きなのは「タツ刺し」

「タツ」は真鱈の白子のことで、津軽では「タツ(タヅ)」と言います。
南部地方では「キク」と呼ばれているそうで、これを刺身で食べるのが「タツ刺し」
さっと湯通しをしてポン酢などをかけて食べたり、そのまま刺身で食べるのですが、舌の上でトロトロとろけ、濃厚でクリーミーな味わいが口いっぱいに広がります。

これがまた日本酒にもビールにも…合うー!!!

ちなみに、以前ご紹介させて頂いた「二代目 でん八」(路地裏酒場散歩・第2話で登場)では、ポン酢をかけて食べる他に、ニンニクとごま油を混ぜたものをかけたタツ刺しも味わえます。

〈左・ポン酢 右・ニンニク&ごま油〉

二代目でん八の店主が「この味付けをしたら美味しそうだな」と思い作ったところ、これがまた予想以上に美味しくて大ヒット(笑)
濃厚さに加えて香ばしさも味わえ、これもまたお酒がどんどん進み私も最近ではこの食べ方にはまっています。

お酒と共にこの時季だからこそ美味しく頂ける冬の味覚を楽しんで、寒さを吹き飛ばしましょう!

さて、そろそろ今回も素敵な酒場をご紹介していきたいと思います!
「さぁー!へば酒場の紹介ばはづめっどー!」
(※訳「それじゃあ酒場の紹介を始めますよ!)

 

……(この記事には続きがあります。会員登録で最後までお読みいただけます)

続きは「プレミアム会員登録」で読む事ができます

まいみちプレミアム会員になると、月額194円で全ての記事が読み放題となります。

まいみちプレミアム会員になると有料記事を含むすべての記事が読み放題!

まいみちプレミアム会員は月額194円(税込)です。
まいみちプレミアム会員登録(購読申し込み)方法

amazonpay
paypal

会員登録されている方はこちら

 この記事を書いた「マイみちスト」
(しんばし)
1983年青森県弘前市生まれ。津軽弁とお酒をこよなく愛するフリーライター&弘前ならではの生活文化やそのルーツなどを楽しみながらラビリンス(迷宮)ガイドを行う「路地裏探偵団」の新橋として活動中。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

絶景・川ドライブの休憩スポット「cawa cafe(カワ・カフェ)」宮城県・丸森町【第3回】

ここでカフェを営む理由

福島から宮城、239kmにもわたって滔々と流れる阿武隈川(あぶくまがわ)。 豊かな自然に包まれた大らかな流れが見る人の心…

鶴岡彩

創造と妄想とイメージと現実逃避なようでかなうこともある

そのだ節

仕事・・・山積みなのに午前中落書きしてしまったorz. いやいやこころの休憩です。それは 疲れてますね!よっぽど!温泉行…

そのだつくし

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(前編)

東北の忘れられないトンネルたち

東北最古級のコンクリート道路トンネルを新発見! 今から10年前。こいつを見つけたときは夕暮れの山中にありったけの歓喜を叫…

平沼義之(ヨッキれん)

女優デビュー?いや、男優?パワーストーンに見せられた不思議な夢とは??

そのだ節

忙しくてさぼってってすいません ご存知の方もおられるかとおもいますが、最近週三回お稽古しております 盛岡文士劇!江釣子源…

そのだつくし

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第1回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

あなたにおすすめの記事