日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

「お酒を飲む事が楽しみで生きている」と言っても過言ではない私。 そんな私が夜な夜な歩き回った酒場やお酒に合うおつまみ、津軽の食などをご紹介します。 読むとお酒が飲みたくなる…かも?

第9話 「うまい!安い!今宵は中国料理で舌鼓」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/87451903/25064

こんばんは。
お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」

2019年!
私・新橋(しんばし)…今年は年女なので猪突猛進で!と言いたいところですが、厄年でもあるのでしっかりと心も体もアルコール消毒をして直往邁進で参りたいと思います。
毎年思うのは、まず健康第一!
美味しくお酒を飲む!
失ったくびれを少しでも取り戻す!

…どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

さて、突然ですが皆さんは最近「文字」を書いてますか?
新年の挨拶などもメールやSNSなどで済ませることも多くなり、手紙を書く機会も減ってきていますが…やはり手書きの年賀状や手紙を貰うと嬉しいもの。
また、自分好みの文房具が見つかると使用するたびに気分も上がりますよね!
見た目、使い心地、書きやすさ…どれを重視して文房具を選んでますか?

〈平山萬年堂〉

弘前のメインストリート・土手町にある「平山萬年堂」
大正2年創業、100年以上続く万年筆専門店です。

「萬年」の名の通り、創業当時から万年筆の製造・販売・修理を専門としてきたお店ですが、お客様の要望に応じる形で書道用品やそろばんなど徐々に色んな種類の文房具などを広げっていったそう。

万年筆はもちろん、可愛らしいポチ袋や様々な種類のボールペンなどが所狭しと並んでいます。

素早く書けたりとボールペンにはボールペンの良さがあるけれど、万年筆にはボールペンと違ってゆっくりと丁寧に書くことによって生まれる「手書きの温かさ」が感じられますよね。

今の時代はネットを使って簡単に色んなものが手に入るけれど、店主に相談をしたり、じっくりと悩んで商品を選ぶ…そんなゆっくりとした時間があっても良いと思います。
ぜひ行ってみてくださいね。

 

さて!今回はじっくりゆっくりと何をおつまみにしようか悩みたくなる…そんな酒場をご紹介します!

「さぁー!へば酒場の紹介ばはづめっどー!」
(※訳「それじゃあ酒場の紹介を始めますよ!)

……(この記事には続きがあります。会員登録で最後までお読みいただけます)

続きは「プレミアム会員登録」で読む事ができます

まいみちプレミアム会員になると、月額194円で全ての記事が読み放題となります。

まいみちプレミアム会員になると有料記事を含むすべての記事が読み放題!

まいみちプレミアム会員は月額194円(税込)です。
まいみちプレミアム会員登録(購読申し込み)方法

amazonpay
paypal

会員登録されている方はこちら

 この記事を書いた「マイみちスト」
(しんばし)
1983年青森県弘前市生まれ。津軽弁とお酒をこよなく愛するフリーライター&弘前ならではの生活文化やそのルーツなどを楽しみながらラビリンス(迷宮)ガイドを行う「路地裏探偵団」の新橋として活動中。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment (1)
  1. アバター ピッピのママ さん

    萬年堂、ずっと昔、うーん20年前くらいに万年筆を買いに行ったことあります!電車で1時間ゆられゆられ、弘前市土手町(^^)なつかしいです。
    萬年堂さんの歴史を感じますね!

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

創造と妄想とイメージと現実逃避なようでかなうこともある

そのだ節

仕事・・・山積みなのに午前中落書きしてしまったorz. いやいやこころの休憩です。それは 疲れてますね!よっぽど!温泉行…

そのだつくし

気分は魚屋!○○が楽しい店 仙台・国分町の居酒屋

宮城発着、休日・ふらりプチレジャー

今回は番外編で、おススメの居酒屋さんを紹介します! 仙台の飲屋街、国分町!その中でも今回ご紹介するお店は、新鮮な石巻の鮮…

えびえび

第3回:プレミアムなハンバーガーはいかが? 〜ユイットデュボワ 八幡崎店〜 後編

ぐるっと青森おでかけ日記

みなさん、こんにちは。 青森県内をあちこちおでかけしまくっている 母と娘の二人組「ハハトコ探検隊」です。   …

ハハトコ探検隊

路地裏酒場散歩

第11話 「今宵はゆっくり、こそっと…バル飲みを。」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 今日は嬉しいことがあったから飲もう! 今日は悲しいことがあっ…

新橋

山の麓の赤い屋根「モカモアコーヒー」大和町【第1回】

ここでカフェを営む理由

七ツ森。 口に出すと語感も愛らしいネーミング。 ポコン、ポコンと7つ並んだ山の総称で、宮城県大和町にあります。 その麓、…

鶴岡彩

あなたにおすすめの記事