日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

「お酒を飲む事が楽しみで生きている」と言っても過言ではない私。 そんな私が夜な夜な歩き回った酒場やお酒に合うおつまみ、津軽の食などをご紹介します。 読むとお酒が飲みたくなる…かも?

第6話 「しみじみ飲みたい…演歌が歌いたくなる酒場」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/87451903/24249

こんばんは。
お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」

突然ですが、失ってから初めて気付くことってありますよね。
こんなにも大切なものだったんだなって…ずっと側にいたのにいつのまにか失っていた。
ずっと探してるんですがまだ見つからないので、もし見かけたら教えてもらえますか?

 

私の「クビレ」

 

失ったクビレ、そして常に現れる下っ腹に毎朝挨拶をし、最近では開き直っている私です。

 

さて、これからの季節は「おでん」に「熱燗」が飲みたくなりますねぇ…

おでんといえば、あれは15年ほど前…
当時、自分の仕事の出来なさに悔し涙を流しながら(弘前のメインストリートである)土手町をぷらぷらと歩いていた私。

ふと立ち止まって景色を眺めていたらとあるお店が目に入り…

「確かあそこはおでん屋さんだったはず。一杯飲んで帰ろう!」と張り切ってお店を開けると笑顔が素敵なイケメンが目の前に…
おでん屋さんだった場所はいつの間にかショットバーになっていました。
おでんを食べるつもりだったので、しばらく頭からおでんが離れなかったのですが…、聞き上手なマスターのお陰で元気になった私。

それ以来そのお店の常連になり、色んなお客さんとの出会いが弱気だった私を強くして…というか、どんどんお酒が強くなっていった気がします。

つまり何が言いたいかというと、あの時ふと立ち止まった場所を通るたびに無性におでんがたべたくなるという話です。

皆さんの好きなおでんの具はなんですか?
味がしみた大根、卵、ちくわ…

うん。今宵の酒のつまみはおでんにしよう!

「さぁー!へば酒場の紹介ばはづめっどー!」
(※訳「それじゃあ酒場の紹介を始めますよ!

……(この記事には続きがあります。会員登録で最後までお読みいただけます)

続きは「プレミアム会員登録」で読む事ができます

まいみちプレミアム会員になると、月額194円で全ての記事が読み放題となります。

まいみちプレミアム会員になると有料記事を含むすべての記事が読み放題!

まいみちプレミアム会員は月額194円(税込)です。
まいみちプレミアム会員登録(購読申し込み)方法

amazonpay
paypal

会員登録されている方はこちら

 この記事を書いた「マイみちスト」
(しんばし)
1983年青森県弘前市生まれ。津軽弁とお酒をこよなく愛するフリーライター&弘前ならではの生活文化やそのルーツなどを楽しみながらラビリンス(迷宮)ガイドを行う「路地裏探偵団」の新橋として活動中。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第10話「美しい料理を好きなお酒と共にカジュアルに」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 吹き荒れる凍てつく様な風が頬に当たり顔を触ってみると、肌はカ…

新橋

創造と妄想とイメージと現実逃避なようでかなうこともある

そのだ節

仕事・・・山積みなのに午前中落書きしてしまったorz. いやいやこころの休憩です。それは 疲れてますね!よっぽど!温泉行…

そのだつくし

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第2回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【最終回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

路地裏酒場散歩

第5話 小さい秋、美味しい秋見つけた!赤ワインと季節の料理をカジュアルに楽しめる酒場

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 山が色づき始め、街の風も冷たくなってきた今日この頃。 皆さま…

新橋

あなたにおすすめの記事