日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

「お酒を飲む事が楽しみで生きている」と言っても過言ではない私。 そんな私が夜な夜な歩き回った酒場やお酒に合うおつまみ、津軽の食などをご紹介します。 読むとお酒が飲みたくなる…かも?

第4話 鶏のトリコになろうよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/87451903/23602

こんばんは。
お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」

肌寒くなり熱燗が恋しくなる季節がやってきましたね。
私の場合、ビールが飲みたい気持ちよりも熱燗が飲みたい…と思う様になったら季節の変わり目を感じます。

春夏秋冬、それぞれの季節の訪れを告げる食材や料理が弘前にもありますが、秋…というか「そろそろ津軽も寒くなるぞ〜」という合図にもなっているのがこの黄色い看板。

「大学いもはじめました」

中土手町にある弘前中央食品市場「山田商店」の名物・大学いも。
毎年10月頃から4月末ぐらいまでの期間限定で販売され、市民はこの時期になると
今か今かと待ちわびます。

一般的な油で揚げたサツマイモに糖蜜を絡めるという作り方とは違い、白砂糖がまぶしてあり、表面はカリッと仕上げる長年市民から愛されている弘前のソウルフードです。

食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋…皆様は今年、どんな秋にしたいでしょうか。
私は季節を問わず酒を愛し続けたいと思います。

さて、突然ですが皆さんの一番好きなお酒のおつまみは何ですか?
唐揚げ、枝豆、お刺身、チーズ…
色んなおつまみがありますが、定番のひとつ「焼き鳥」も好きな方は多いのではないでしょうか?
弘前の繁華街・「鍛冶町」界隈にはなぜか焼き鳥屋が多く、観光客の方に「焼き鳥屋さんが多いですね!」と言われることがあります。
確かに意識して歩いていると「やきとり」の文字を掲げている看板や暖簾を多く見掛けます。

自分の住んでいる街の事って言われて初めて気づくことも多いですね!言われてみると…多いなぁと。

焼き鳥の話をしたらどうしても今宵は焼き鳥が食べたい!
今宵のお酒の相手は焼き鳥にしましょう。

お酒が好きな方はぜひ飲みながらご覧下さい。

「さぁー!へば酒場の紹介ばはづめっどー!」
(※訳「それじゃあ酒場の紹介を始めますよ!」)

……(この記事には続きがあります。会員登録で最後までお読みいただけます)

続きは「プレミアム会員登録」で読む事ができます

まいみちプレミアム会員になると、有料記事を含む全ての記事が読み放題となります。

・会員向けプレゼントの応募
・頒布会などのお知らせ
・会員参加イベント企画
・メールマガジン
などお得な情報を受け取ることができます。

まいみちプレミアム会員は月額194円(税込)です。
まいみちプレミアム会員登録(購読申し込み)方法

ペイパル - あなたのカード情報、守ります。|Mastercard,VISA,American Express,JCB

会員登録されている方はこちら

 この記事を書いた「マイみちスト」
(しんばし)
1983年青森県弘前市生まれ。津軽弁とお酒をこよなく愛するフリーライター&弘前ならではの生活文化やそのルーツなどを楽しみながらラビリンス(迷宮)ガイドを行う「路地裏探偵団」の新橋として活動中。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

焦らずマイペースで・・・【読者プレゼント付き】

そのだ節

こんにちわ~。暑かったり寒かったり雨降ったりなんだか空はご機嫌斜めでしょうか。 西日本の豪雨災害のニュースを何とも言えな…

そのだつくし

路地裏酒場散歩

第8話 「飲みたい!食べたい!歌いたいっ!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 津軽には本格的に冬が訪れ、時間がある時には雪かきをし、失った…

新橋

おなじみの魚が、あっちにもこっちにも!“むつ湾の海”を展示する「浅虫水族館」のチャレンジ

浅虫水族館で話題の長さ15mのトンネル水槽。ここではむつ湾で暮らす魚たちの生態を、身近で垣間見ることができます。そこで暮…

かどやじゅんこ

盛岡のディープゾーン「桜山」に現れる マニアックな〝アレ〟とは?【前編】

あの人に会いたい【桜山編】

いまや盛岡の風物詩 マニア受けの「あるもの」  岩手県庁の目の前に建つ鳥居をくぐった先にある桜山界隈。間口が狭い飲食店が…

みやけまゆみ

【プレミアム版】第3回 龍飛道(たっぴみち)の洞門群 青森県

東北の忘れられないトンネルたち

(本記事は季刊誌「michi-co」に掲載しきれなかった文章や資料を著者の好意により「プレミアム会員向け」に全て掲載した…

平沼義之(ヨッキれん)

あなたにおすすめの記事