日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

図書館。その響きからどんなことを想像するだろうか。電子書籍が当たり前の時代においても、印刷された本は今なお健在で、紙の匂いや手触り、頁をめくる仕草までもが愛おしく感じられる。本記事では青森県内の個性的な公立図書館を中心に取材しながら、地域の人々に愛され続けてきた図書館の魅力に迫る。

Vol. 1 スタイリッシュな空間が広がる、八戸市立南郷図書館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/83469527/6199

まるで静かにうねる本の海のよう

 

ある時、偶然にも、日本有数のジャズフェスティバルで知られる八戸市南郷地区で、何とも素敵な図書館に出会った。八戸市立南郷図書館。平成28年度の八戸市景観賞にも選ばれた、片側の壁面のほとんどがガラス張りのコンクリート造の建物は、近くの道の駅からもよく見え、好奇心をそそられる存在感を放っている。濃い緑の木々に囲まれるように佇む建物に、おそるおそる近づいてみた。駐車場の前にはよく手入れされた植栽が、木製のルーバーフェンス越しにのぞいている。何ともお洒落な外観に期待が高まる。


玄関までのアプローチにはアート作品を思わせるモニュメントが連なり、現代人にとってもはや無用の長物となった冒険心がくすぐられる趣向に胸が躍る。自動ドアが素早く開いた瞬間、空気ががらりと変わった気がした。ギャラリーを兼ねたシンプルな空間が続き、閲覧室はどうやらその先にあるようだったが、ふと思いついて少し戻り階段を昇ってみることにする。2階のホールを奥へ進んで思わず息を飲む。ガラスの壁のその先には、吹き抜けのオープンフロアが眼下に広がっていた。まるで静かにうねる本の海のようだ!ハイサイドライトから柔らかな外光が絶えず差し込んで、なんとも心地良さそうだ。

図書館の回りは植栽が美しい
期待が高まるアプローチ

 ……(残り文字数2,500文字以上・写真点数12点)

 

……(この記事には続きがあります。会員登録で最後までお読みいただけます)

続きは「プレミアム会員登録」で読む事ができます

まいみちプレミアム会員になると、月額194円で全ての記事が読み放題となります。

まいみちプレミアム会員になると有料記事を含むすべての記事が読み放題!

まいみちプレミアム会員は月額194円(税込)です。
まいみちプレミアム会員登録(購読申し込み)方法

amazonpay
paypal
 この記事を書いた「マイみちスト」
岩手県雫石町生まれの父と、秋田県大館市生まれの母を持ち、青森県青森市で生まれ育った津軽と南部のハーフ。キャッチコピー、エッセイ、自治体のパンフや要覧、CMコメントなど幅広いラインナップで営業中。趣味は美味しい料理でお酒をいただくこと。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

子供たちは夏休みが来ますね~

そのだ節

そのだのぼやき読者のみなさま。今回も読んでくれてありがとうございます。 不定期で間隔開きまくってますが一応連載です。 &…

そのだつくし

第2回:春はドキドキ!新たな出会い。

お母さん応援団

みなさん、こんにちは。 青森県内をあちこちおでかけしまくっている 母と娘の二人組「ハハトコ探検隊」です。 春ですね。 春…

ハハトコ探検隊

路地裏酒場散歩

第8話 「飲みたい!食べたい!歌いたいっ!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 津軽には本格的に冬が訪れ、時間がある時には雪かきをし、失った…

新橋

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(前編)

東北の忘れられないトンネルたち

東北最古級のコンクリート道路トンネルを新発見! 今から10年前。こいつを見つけたときは夕暮れの山中にありったけの歓喜を叫…

平沼義之(ヨッキれん)

第4回:青森県では一家に1本!? ケンミンがこよなく愛する調味料「スタミナ源たれ」のヒミツを探る! 【前編】

ぐるっと青森おでかけ日記

みなさん、こんにちは。 青森県内をあちこちおでかけしまくっている 母と娘の二人組「ハハトコ探検隊」です。 突然ですが、質…

ハハトコ探検隊

あなたにおすすめの記事