日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

図書館。その響きからどんなことを想像するだろうか。電子書籍が当たり前の時代においても、印刷された本は今なお健在で、紙の匂いや手触り、頁をめくる仕草までもが愛おしく感じられる。本記事では青森県内の個性的な公立図書館を中心に取材しながら、地域の人々に愛され続けてきた図書館の魅力に迫る。

Vol. 1 スタイリッシュな空間が広がる、八戸市立南郷図書館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/83469527/6199

まるで静かにうねる本の海のよう

 

ある時、偶然にも、日本有数のジャズフェスティバルで知られる八戸市南郷地区で、何とも素敵な図書館に出会った。八戸市立南郷図書館。平成28年度の八戸市景観賞にも選ばれた、片側の壁面のほとんどがガラス張りのコンクリート造の建物は、近くの道の駅からもよく見え、好奇心をそそられる存在感を放っている。濃い緑の木々に囲まれるように佇む建物に、おそるおそる近づいてみた。駐車場の前にはよく手入れされた植栽が、木製のルーバーフェンス越しにのぞいている。何ともお洒落な外観に期待が高まる。


玄関までのアプローチにはアート作品を思わせるモニュメントが連なり、現代人にとってもはや無用の長物となった冒険心がくすぐられる趣向に胸が躍る。自動ドアが素早く開いた瞬間、空気ががらりと変わった気がした。ギャラリーを兼ねたシンプルな空間が続き、閲覧室はどうやらその先にあるようだったが、ふと思いついて少し戻り階段を昇ってみることにする。2階のホールを奥へ進んで思わず息を飲む。ガラスの壁のその先には、吹き抜けのオープンフロアが眼下に広がっていた。まるで静かにうねる本の海のようだ!ハイサイドライトから柔らかな外光が絶えず差し込んで、なんとも心地良さそうだ。

図書館の回りは植栽が美しい
期待が高まるアプローチ

 ……(残り文字数2,500文字以上・写真点数12点)

 

……(この記事には続きがあります。会員登録で最後までお読みいただけます)

続きは「プレミアム会員登録」で読む事ができます

まいみちプレミアム会員になると、月額194円で全ての記事が読み放題となります。

まいみちプレミアム会員になると有料記事を含むすべての記事が読み放題!

まいみちプレミアム会員は月額194円(税込)です。
まいみちプレミアム会員登録(購読申し込み)方法

amazonpay
paypal
 この記事を書いた「マイみちスト」
岩手県雫石町生まれの父と、秋田県大館市生まれの母を持ち、青森県青森市で生まれ育った津軽と南部のハーフ。キャッチコピー、エッセイ、自治体のパンフや要覧、CMコメントなど幅広いラインナップで営業中。趣味は美味しい料理でお酒をいただくこと。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第2話「津軽の女はお酒が強いが、美味しい魚とそれに合う酒を知り尽くしているお男には弱い?」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 津軽の女はお酒が強いとよく言われますが、毎日晩酌をしたり、仕…

新橋

こどものノーゲーム、ノースマホデーはダメ?

そのだ節

ご無沙汰しております!すっかりお休みしておりましたが、一応不定期連載ということで ご了承ください。というか、反省しており…

そのだつくし

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第7回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

茂浦鉄道 【第14回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き Part.2

幻の大陸連絡港と運命を共にした、小さな未成線   所在地 青森県東津軽郡平内町 探索日 2010/6/6 &n…

平沼義之(ヨッキれん)

パワースポットでホッと一息 「お寺café 夢想庵」宮城県・登米市【第2回】

ここでカフェを営む理由

今回紹介するカフェは、この奥にあります。   神社? いいえ、お寺です。 登米市津山にある「柳津虚空蔵尊(やな…

鶴岡彩

あなたにおすすめの記事