日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

人は生ぎている限り、幸せになりてぇし、お金に苦労はしたくねぇし、人間関係で苦労はしたぐねぇ。病気になりたぐねぇどが、良い人にめぐり逢いてぇどが、子供や孫に幸せになって欲しい等など日々思い暮らしている生き物。そんな当たり前の欲を少しでも助けたいのが気学の教えなんだど。

平成30年12月はどんな月?のはなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/82594367/24316
12月は内政、外交などの諸問題に国民も巻ぎ込まれそうな気配なんだよね。年の瀬に世の中を騒がせるような重大事件が起きそうだがらねぇ。暴風雪、土砂災害、大火事、デモとの衝突事件に巻き込まれねぇよう注意が必要なんだでば。寒暖の差が激しぐ、インフルエンザや風邪には要注意で体力の弱い子供・老人は特に健康管理に気を配ってけでねぇ。。
 
今月、気になる九星の話っこを書いでおぐねぇ。
 
一白の人は気持ちが大ぎぐなってよぉ、投資などに関心を持づんだけんど、欲を出し過ぎねぇよう、引ぎ上げのタイミングを誤らないようにしてけでぇ。目上の人や主人とのいざこざに要注意。健康面では循環器、呼吸器疾患に要注意の月だがらねぇ。
 
三碧の人は対人関係に要注意の月なのよ。口論や、相手に振り回されだり、裏切り、決裂といった事が起ごりやすい月なんだよね。交渉事は先延ばし覚悟でゆっくり進める事、焦ってもダメ。男女共に年上の異性とのトラブルに充分な注意が必要だがらねぇ。健康面では関節炎、腹膜炎、顔面神経痛、食中毒に気をつけでけでね。
 
八白の人は新規の事に手をつけだり、現状打破をこころみだりしても思い描いだようにはいがねぇのよぉ。だがらぁ、かんしゃくをおごしたり、余計な一言で窮地にただされそうなんだでばぁ。感情的になったら負げだがらねぇ。協調性を第一に受け身に徹した方が良いてっば。健康面では情緒不安定、のぼせ、血圧、神経性胃炎に注意してけでぇ。
 
九紫の人は今年一番の「凶運」ですぅ。子供や部下の事で裁判沙汰にまで発展しそうな争いに巻ぎ込まれそうなのよぉ。相続、不動産の問題は将来に大きなしこりを残しそうだがら、万全を期して対処してけでねぇ。マッサージなどでリフレッシュするべぇよ。健康面では肝臓、精神的疲労に要注意なんだでばぁ。 
 
毎月のどんな月?に合わせで「平成30年、九星別の運勢のはなし」「平成30年はどんな年?のはなし」も読んでければ、良がんすなぁ。
 
まだ、お会いしましょうよ。んだばねぇ~。
 この記事を書いた「マイみちスト」
(まろちゃんせんせい)
「いたきも」で有名な八重樫整体院を営む。盛岡生まれ盛岡育ち。十数年前、印相の先生に出会い「気学」を学び免許皆伝、整体のお客さまとのコミュニケーションを育む。趣味は御朱印巡り。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
プレミアム記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事
東北のイベント