東北をフカボリ!「道の駅」日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」

まいにち・みちこ

(まろちゃんせんせい)
「いたきも」で有名な八重樫整体院を営む。盛岡生まれ盛岡育ち。十数年前、印相の先生に出会い「気学」を学び免許皆伝、整体のお客さまとのコミュニケーションを育む。趣味は御朱印巡り。

気学のはなし【2】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人は生ぎている限り、幸せになりてぇし、お金に苦労はしたくねぇし、人間関係で苦労はしたぐねぇ。病気になりたぐねぇどが、良い人にめぐり逢いてぇどが、子供や孫に幸せになって欲しい等など日々思い暮らしている生き物。そんな当たり前の欲を少しでも助けたいのが気学の教えなんだど。
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/82594367/12643

気学とは、前回も書いだっけどもぉ、どうしたら幸せに暮らせるがを、具体的に学べる「開運の学問」なんだよね。

んだばぁ、気学によって、どんたなぁごどを占えるってがぁ?

  1. 個々のぉ、毎年・毎月・毎日の運勢が占えるべぇ。
  2. 個々のぉ、生涯を通じての運命が占えるのさぁ。
  3. 個々のぉ、相生相剋(そうしょうそうこく)・人の縁が判断出来るのさぁ。
  4. 移転や、旅行の方位の吉凶がわがるのよぉ。
  5. 天災等の、予測どがも、出来るんだよねぇ。
  6. 家相や方位の吉凶を判断出来るのよぉ。
  7. 目的を持った人への、助言なんかも出来るしぃ。

色々ど、多岐にわだってるえん。

人ってさぁ、生ぎでる限り、やんたぐなるぐれぇの、問題にぶつかるえん、避げてくてもさぁ、心配事や気苦労ばっかりぃ、いい加減にしてけろじゃぁって思うっちゃぁ。
自分の九星が、年盤のどの位置に入ってるかで(同会と言うよぉ)、年盤の影響を受げるだよぉん。
何だが何やっても上手ぐ、思うように行がねぇって時は、案外と大きぐ作用されてだり、するもんだっげぇ。
そういう時期は焦っても無駄よぉん。

気学はさぁ、物事の吉凶を占ったり、良し悪しの状況判断だげだねくてぇ、もう一づぅ「宿命」を「運命」に変えでさぁ、人生の浮き沈みを、いかに少なぐして、平たんに近づけるがっていう、開運方法があるのよぉ。
一つの願望をぉ、成就するにはなんちょにしたら良いがを導き出す学問なんだよねぇ。

開運の方法に「祐気取り」「お水取り」ってへうんだども、自然界の恩恵を取り入れに行ぐ、ひとつの開運方法があるんだよぉ。
年、月、日、時間を決められだ吉方位に行ってさぁ、気を浴びでぇ、湧水を汲んでくる方法なのよぉ。
十干の天の気の作用と十二支の地の気の作用に、九星の九つの気質をさぁ、応用して行く方法なんだよねぇ。
だがら、ひとりひとり吉方位が違うのねぇ。
その年によっては、吉方位がねぇ人もいるがらぁさぁ、
8年で八方位の祐気取りが終了するわげではねぇんだなはぁん。
九星別にどっちの方角が吉方位がぁ、詳しぐぅ書げねくてぇおもしゃげねぇ。
とりあえず、平成30年は北と南と南東は何人も凶方位なんだよぉねぇ。
この方位への転勤や転居は、ちょっと方法を考えねばならねぇっすなぁ。
 
昨年の話なんだけんど、気の毒にも的中した話っこを書ぐねぇ。
一度は車の運転中、横断歩道を渡っていだ歩行者を待ってだっけぇ、後ろから追突されだどさぁ、幸いにも誰さも、けがはねがったんだどぉ。
二度目は前方をトラックが走っていで、バーンと音がしたがら、路側帯に車を止めでみだっけぇ、サイドミラーが取れでだどぉよぉ。
何がぶつかっだがは確認出来ながっだんだど。
フロントガラスに飛んでこなくて、良かったと言ってだっけぇ。
この方には車の事故、特にもらい事故には気ぃ付げでねぇってしゃべってだのぉ。
気学の運勢に出てだのよぉ。
その後、何も起ぎでないがらぁ、良がったぁ。

別なお客様で29年は環境が変わる年だよって、へってだっけぇ、4月に転勤があったのよぉ。
その方にはプラスの作用だったみたいだがらぁ、えがったぁ。
(お客様どの会話の掲載は、許可を得でますよぉ)

まだ、お会いしましょうよ。んだばねぇ~。

感想をお待ちしております

*

CAPTCHA


この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連する記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事