日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

仙台市内から1日で行けるところを中心に、休日に訪れた遊べる場所、美味しいご飯、温泉などなど。ド定番からちょっと変わったところまで、ゆるーく紹介していく雑食系の連載です。「最近、出かける場所のネタないのよねー」という方のお役に立てればと思います(゚∀゚)

大人になった今こそ、行こう。リカちゃんキャッスル(福島)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/65914568/8333
リカちゃんキャッスル

何十年ぶりだろうか・・。子供が居ないのに大人だけでリカちゃんキャッスルに突撃してきました!かなり楽しめたレポートの様子をどうぞ御覧ください。

 


11月某日の金曜の夜。土曜の予定をルーレットの出たとこにしてみます。

↑自由に作れるルーレットのアプリ

それっ!ドゥルルルルル…

\福島/ジャーン

私「福島だってよー」
メガ「3回当たったとこにしよう」

私「(さては山形いきたいんだな…)」

それっ!ドゥルルルルル…

\福島/ジャーン

おお…連続…

それっ!ドゥルルルルル…

\福島/ジャーン

福島に決定!!(≧∇≦)/

 

という事で高速乗りながら検討した結果、行き先は「リカちゃんキャッスル」にしました。

私が小さい頃、毎年1、2回は父の友人家族と東北の山に登ったりスキーをするというイベントがあり、途中温泉や観光地に立ち寄ったものです。
その時にリカちゃんキャッスルにも寄った記憶があります。
当時、リカちゃんにはさほど興味がなく、笑点やお笑いマンガ道場が好きだった私にはあまり場所の印象はありませんでした。(そしてジェニーちゃん派)

そんな私が今、リカちゃんキャッスルを見に行って楽しめるのか。

久しぶりのキャッスルへ向かいます。


途中、冷鉱泉の素晴らしいお風呂に立ち寄りつつ…(ここでは紹介しませんがホントにいい湯すぎた)

はいっつきました!

商店街をちょっと曲がった先にどかんとキャッスルです( °_° )


連休中ということもあり、ご家族連れで賑わっていました。
ホームページにクーポンがあって、お得に入れました!

ゲートをくぐるとまずはワッフルも楽しめるカフェが。

 


リカちゃんもお好きなようですな。
(わたし“は”大好きとコメントしていて、押し付けっぽくないのが好印象)

そして英国感溢れるお庭。
あれ…昔こんなんあったっけ?なんだかおしゃれになった気がします。
※2017年5月に「アップルガーデン」としてお庭とカフェがオープンしたようです。

中入るとこんな感じ。
↑左側のやつ

リカちゃんになりきれる衣装も用意されています。
(後ろがマジックテープなので着弾しやすい)

もちろん、私は着ません(^ν^)

左がお土産コーナー。右が遊べるところみたいです。
※トミカはやってないみたい

↑入口から左にあるリカちゃんショップ
↑まさかのラーメン(かわいい)
↑リカちゃん家 家族構成図


ピンクの可愛らしい内装。前からこんなんだっけ?(昔、水色だったような気がするのは私だけ?)
と思いつつ上の展示スペースへ

あー可愛いわ。。初期のリカちゃんっつーか、この時代のファッションってほんと、可愛いよね。
時代をそのまま反映したようなリカちゃん達。

懐かしいものも沢山あり、大人の方が楽しめるような場所です。

ティモテー!学校でCMが大流行しました(年齢バレそう)

スワロフスキーのリカちゃんもあったり。(うろおぼえなので間違っていたらごめんなさい)そして、ジェニーちゃん派の皆さん!ありましたよ!

ジェニーちゃん!
リカちゃんwith C(CA)
気安く「ジェニーちゃん」って呼んじゃいけない気がする…
もうこの大出世具合見るとリカちゃんじゃなくて、りか嬢とおよびしたくなる雰囲気。 どの衣装もお似合いになりますわ。
もうこの大出世具合見るとリカちゃんじゃなくて、りか嬢とおよびしたくなる雰囲気。
どの衣装もお似合いになりますわ。
そして、ここを抜けるとリカちゃんを作っている工場を上から見学できます(ここは撮影禁止)

そのあとは、世界のリカちゃん的なコーナー。
写真とってくださいね。言わんばかりの場所。
インスタにいいのかね。

(スマホカメラが苦手なので上手く撮れない人)

リカさんの部屋
あとはリカさんの部屋。ピンク好きなんかね。
ランドセルあるから小学生なのか。オシャレに気を使ってえらいな。
こちらも写真とるのによさげ。
そして最後!ここから先は、大人ホイホイです!
すんげーいい服きてるリカ氏。美しい・・・( ;∀;)
すんげーいい服きてるジェニー氏。美しい・・・( ;∀;)

ほんと可愛い。
こんな感じで衣装がすんげーオシャレなリカちゃん(and more…)がたくさん!

照明も暗めでシックなので、大人しかいませんでした。そして、最後におすすめしたいやつ!ひたすらCMを流しつづける映像コーナー。
何がいいって、昔のCMも流してくれるもんだから、うわー懐かしい!の嵐。
何がいいって、昔のCMも流してくれるもんだから、うわー懐かしい!の嵐。

↑4LDKのお家
このシリーズは2LDKから始まり、3LDK、最終形態は4LDKまでありました。CMで4LDKが流れた時は、ここでみてた人ほぼ全員ざわついてた(゚A゚;「よ、4LDKだって・・・(ざわざわ)」こんな感じで次々懐かしいアイテムが登場するから離れられない。
80年代後半~90年代前半ってこんなに面白い商品出てたんだね。
懐かしすぎて、頭の中で小田○正が流れまくった。
リカちゃんキャッスルってキッズが楽しむものとばかり思ってたけど、大人の方がたのしんじゃないのこれ?リカちゃん知らない男性でも、昔を懐かしんだりできて楽しいと思う。
メガネ(一人っ子)もまぁまぁ楽しかったらしい。
たしかにキッズは多いけど、一人で来てた大人の方もいたし、彼女にむりやり連れてこられて来た感のある男性の方もいたけど楽しそうだった。
子供の時はそんなにリカちゃん好きじゃなかったから楽しめなかったけど、今は別の角度から楽しむ事ができました。みなさーん!大人になった今こそ、リカちゃんですよー!
そしてその後は釜めしをお昼に食べ、
そしてその後は釜めしをお昼に食べ、

ひばり温泉でまったりして帰りました。
ひばり温泉でまったりして帰りました。

ルーレットで福島当てたのは正解だったようです( ´―`)

 

■お邪魔した施設(2017年11月5日)
奥州福島 聖石温泉

  • 住所:福島県田村市船引町大倉字聖石215

リカちゃんキャッスル

釜めし かめや食堂

  • 住所:福島県郡山市田村町田母神新屋敷2
  • 電話:024-975-2176

ひばり温泉

 この記事を書いた「マイみちスト」
宮城県仙台市出身・在住のWEBディレクター&温泉ソムリエ。 野生動物と渋めの温泉とちょっと変わった場所が大好物。 休日は、巨大仏好きの旦那(以下、メガネ)とカメラ片手に1日で周れる東北地方の温泉や面白そうな所に出没。言葉を噛みがちなので、メガネからよくツッコまれる。最近のブームは山形芋煮。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

盛岡のディープゾーン「桜山」に現れる マニアックな〝アレ〟とは?【前編】

あの人に会いたい【桜山編】

いまや盛岡の風物詩 マニア受けの「あるもの」  岩手県庁の目の前に建つ鳥居をくぐった先にある桜山界隈。間口が狭い飲食店が…

みやけまゆみ

パワースポットでホッと一息 「お寺café 夢想庵」宮城県・登米市【第2回】

ここでカフェを営む理由

今回紹介するカフェは、この奥にあります。   神社? いいえ、お寺です。 登米市津山にある「柳津虚空蔵尊(やな…

鶴岡彩

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第19回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

茂浦鉄道 【第1回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き Part.2

幻の大陸連絡港と運命を共にした、小さな未成線 『このレポートは、「日本の廃道」2013年7月号に掲載された「特濃廃道歩き…

平沼義之(ヨッキれん)

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【最終回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

あなたにおすすめの記事
東北のイベント