日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

服を来たまま温泉を全身に!ちょっぴりスリルな温泉地?(鬼首 地獄谷)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仙台市内から1日で行けるところを中心に、休日に訪れた遊べる場所、美味しいご飯、温泉などなど。ド定番からちょっと変わったところまで、ゆるーく紹介していく雑食系の連載です。「最近、出かける場所のネタないのよねー」という方のお役に立てればと思います(゚∀゚)
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/65914568/22791

鳴子といえば、いろんな泉質を楽しめる!温泉好きにはたまらない宮城の名湯エリア。

今回は、アクティブに楽しめる鬼首(おにこうべ)へ遊びにいきました。

鳴子温泉の中心部よりさらに車で30分ほど。

間欠泉が楽しめる「鬼首かんけつ泉」にもめちゃめちゃ近い場所に、お目当てのスポットがあります。

それが、こちら。「地獄谷遊歩道」

駐車場もしっかりあります。

初っ端から、危険な香りがします・・・

写真は撮り忘れたけど、入り口にも「自己責任で安全に注意して御覧ください」という注意書きもありました。
熱湯が吹き出し、その温度は90度前後もある超高温らしいのです。

やけどに注意しながら鑑賞します~。

いやー、どんなもんだろう(わくわく)

この時点では、特に変わった様子もなく平和です。

この橋を渡ると、硫黄の香りがしてきました。

わー!温泉の匂いだー!

ちょっと細めの道の脇を見ると、ポコポコと音がしてきます。そして湯気!

(写真だとわかりずらいけど)

どんどん進んでいくと、湯気があたりを立ち込めてきます。

こんな感じでいたるところから温泉がぽこぽこ。ぽこぽこ。

90度前後の熱湯という事で結構危険ですが、湯気がめちゃめちゃ温かい・・(*´ェ`*)

↑動画で撮ってみました。

すごいポコポコ具合で、よく煮えていそうです。

そして、そこから更に奥に進むと…

湯が吹き上がってるーー!!

ここは、「紫地獄」というポイント。近くにある「鬼首かんけつ泉」のように高く吹き上げるものではないけど、常に湯が吹き上がっていました。

そして、その近くには温泉卵が作れるスポットがあります。
なので、ここに来る時は卵持ってくるといいって事ですな。

↑紫地獄も動画を撮ってみた。

ゴゴゴって音がすごい・・・(゚A゚;)

やー。見事な沸きっぷり。

いたるところに湧く湯を愛でながら、20分ほどで奥まできました。

残念ながら、この先は本当に危険なようで進むことはできませんでした。

道もしっかりしてるわけじゃないし、完全自己責任になるけど全身で温泉を感じられるスポットなのでとっても楽しかったヽ(`▽´)/

鳴子へお越しの際は、是非行ってみてはいかがでしょうか?(ちょっと危ないけど)

ちょっぴりスリルシリーズでおすすめな記事
松島を独り占めできる場所をこっそり紹介してみた(松島 馬の背)

 

■お邪魔した施設(2018年6月)

地獄谷遊歩道

  • 住所:宮城県大崎市 鳴子温泉鬼首吹上16

 

12回にわたってお送りしてきました私、えびえびの「宮城発着、休日・ふらりプチレジャー 」ですが、この回で最終回となります。

少しでもレジャーの参考になれば嬉しいです~(*´ェ`*)
(行きづらいところもありますが・・笑)

それではありがとうございました~★

 この記事を書いた「マイみちスト」
宮城県仙台市出身・在住のWEBディレクター&温泉ソムリエ。 野生動物と渋めの温泉とちょっと変わった場所が大好物。 休日は、巨大仏好きの旦那(以下、メガネ)とカメラ片手に1日で周れる東北地方の温泉や面白そうな所に出没。言葉を噛みがちなので、メガネからよくツッコまれる。最近のブームは山形芋煮。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
プレミアム記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事
東北のイベント