まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

ほぼ日5年手帳は、ジグザグが見える魔法の手帳。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
人生は当たり前の毎日が重なる一冊の本。読んだあなたのその本に挟んでいく栞になるように、日々が少し彩るようにと思いながら書いていきます。満月と新月の頃に更新。
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/56479328/12097

ほぼ日刊イトイ新聞、というウェブサイトをご存知だろうか?

「ほぼ日」という愛称で聞いたことがあるかたも多いと思う。糸井重里さんが書くコラムが毎日更新されていて、丁寧に作られたコンテンツが多くの人に親しまれている、わたしが広いインターネットの中で、一番最初に好きになった場所だ。

商品のプロデュースと販売もおこなっており、その商品の中でもほぼ日の代名詞とも言えるのが「ほぼ日手帳」だ。1日1ページ、24時間の時間軸があり、毎日1つ、数行のコラムがページ下にある仕様で、手帳ランキングでは毎年上位にランクインしている。

このコラムが、ちょっと笑えたり、じんわり考えさせてくれたり、数行で泣けちゃうものだったり。パラパラとめくるたびに新しい発見があって、原っぱのなかで四つ葉のクローバーをさがすような嬉しさがある手帳なのだ。

そのほぼ日から、今年初めて、「ほぼ日5年手帳」が発売された。

11月に注文し、12月に手元に届いたが、書けるのは1月1日から。

むすめの、

という、名言(迷言?)を笑いながら、みんなで2018年を心待ちにしていた。

いよいよ元旦の夜。

黄色い箱に印字された2018・2019・2020・2021・2022の文字に、「5年間」という時間の質量を感じ、改めてずっしりとワクワクを感じる。

箱を開け、手帳を取り出す。しっとりと手になじむ革の質感。

新しい本独特のくすぐったい香りをページをめくりながら堪能。うん、とってもいい。

手帳をいじる私の視線の先に、黄色い箱の中がきらりと光った。手帳がおさまっていたその部分には、何度も読み返し声に出したくなる、4行の言葉。こどもたちと一緒に何度も読み上げる。

「5年たったら何歳になる?」

「11歳だから、あたしはおねえさん!ママはおばあさんになっちゃう?!」

「ぼくは13歳!もう大人かもしれない」

そんな会話をしながら、わいわいと5年手帳デビューの日を迎えた。

あっという間に半月が過ぎたが、5年手帳は楽しく更新されている様子。なによりだ。

SNSに溢れたいい写真、いい文章。

私たち大人が子供だったときと比べたら、桁外れな情報に囲まれている子どもたち。そんな彼らが生きて行く世の中は、ますます「隣のあの人」が良く見える、いや、見えすぎる世界なのだろう。

わたしは10代20代、「隣のあの人」の目や言葉に強く影響された。自分以外の人と比べて、せわしなく喜んだり、落ち込んだり。30代になった今、やっとそれから解放されて、生きやすくなったと感じている。年齢を重ねたからといえばそれまでだが、日記を書き始めたこともよかったんじゃないかと思っている。

「隣のあの人」を基準にすることなく自分を測るには、自分の書いた言葉や、過ごした時間を見るのが一番確かだった。

親は、子どもの全てを知ることはできない。「隣のあの人」と比べる劣等感や悔しさや、不甲斐なさ、そういう気持ちの乗りこなし方を覚えていくのは子ども本人なのだ。

 

わたしはほぼ日手帳に、よくない文字もたくさん書き留めた。迷いも、失敗も、悪態も、嫉妬も。それを書いている日はどん底の気分だから、字もすごく汚い。でも毎日どん底の日記が続くことはなくて、笑ったこと、喜んだこと、少しずついいことも書けるようになって、気づけばどん底の自分を、懐かしがれている。

なにか新しいことができるようになるまでの過程もそれと同じだ。

「はじめる」から「できた」まで直線を少しずつ進むのだと思っていたけど、そうじゃない。できたり、失敗して後戻りしたりを繰り返して、ジグザグに少しずつ進んで。ふとしたとき、「できた」にもう届いていたのだ、と知る。まさに「三歩進んで二歩下がる」なのだ。

5年間の日々を、積んで、重ねて、記して。

その自分だけの「三歩進んで二歩下がった」足跡を、いつかみつけられたら嬉しい。

こどもたちのジグザグも、わたしのジグザグも本当に楽しみで。

そんな、2018年1月だ。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。ここからは編集後記です。

お付き合いいただけたら、とても嬉しいです。

「ヨガ」のおはなしと、お気に入りの冬写真をどうぞ。

……(この記事には続きがあります。会員登録で最後までお読みいただけます)

続きは「プレミアム会員登録」で読む事ができます

まいみちプレミアム会員になると、有料記事を含む全ての記事が読み放題となります。

・会員向けプレゼントの応募
・頒布会などのお知らせ
・会員参加イベント企画
・メールマガジン
などお得な情報を受け取ることができます。

まいみちプレミアム会員は月額194円(税込)です。
まいみちプレミアム会員登録(購読申し込み)方法

ペイパル - あなたのカード情報、守ります。|Mastercard,VISA,American Express,JCB

会員登録されている方はこちら

 この記事を書いた「マイみちスト」
(すがわらまり)
盛岡市在住。聴くこと、撮ること、書くことを通して、「伝わる」ためのお手伝いを仕事にしています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感想をお待ちしております

*

CAPTCHA


この「マイみちスト」の記事を読む