東北をフカボリ!「道の駅」日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

(ちさ)
漢方カウンセラー&薬膳アドバイザーの「chiSa」です。薬膳養生はカラダに備わっている機能を、自然の力を借りて発揮していくための教え。どんなことも笑いに変えて楽しく過ごせるアドバイスをしますね。大阪生まれ大阪育ち。

美人はクロだ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「養生」とは自分を慈しみ、たまにはギュッと自分を抱きしめてあげること。今の季節の養生や食事が次の季節のココロとカラダを育みます。毎日のご飯も食材の組み合わせで立派な薬膳になります。健康だけでなく、美容(アンチエイジング)に関するお話もしていこうとおもっています。どうぞお楽しみに
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/54831296/16350

みなさん、こんにちは。
漢方カウンセラー&薬膳アドバイザーのchiSaです。
今回もヨロシクお願いします。

いきなり「美人はクロだ??なんのこっちゃ?」ですが、
本日のテーマは「美人」なのです。

人それぞれ、美人だと思う基準ってあると思いますが、
私が思い起こすのはこんなところなのですが、どうでしょうか?

●艶のあるたっぷりの黒髪
●艶のある健康的なぷっくりとした白い肌
●美しい指先(ささくれがない、爪の色が綺麗)

これら3つは漢方でいうところの「血(けつ)」に関係します。
血(けつ)の量が多く温かくその流れに滞りがない、など。

まず、一つ目の「艶のあるたっぷりの黒髪」ですが、
漢方では髪の毛は血から作られると考えています。
そしてその血は身体の中を充分に満たした後の余りが髪の毛を作ると考えられています。
これを「血余(けつよ)」と言います。
血が少ないと身体を巡る分だけで精一杯になるので、たっぷりと髪を作ることが出来ず、
出来ても傷みやすい髪だったり、若いのに白髪だったり。
もちろん艶までは無理ですね。

二つ目の「艶のある健康的なぷっくりとした白い肌」
血はとにかく艶を握る鍵です。
温かく充分な血が身体を巡ることで私たちは元気に活動できますし、
温かい血が巡るということはお肌にパンっとしたハリを与える「気」もたっぷりある、
ということなのです。
血が巡る=滞りがない。
例えば血が滞る(悪くなる)と肌がくすんだり、シミや目の下のクマの原因となります。
白い肌から遠ざかってしまいますね。

三つ目の「美しい指先」。
思いの外、見られているのが指先です。
ささくれがあったり、爪が割れてる、色が悪い、など。
あ!あと幸せの「気」は指先から入ってくるそうですので、爪が汚れていると
幸せが逃げていくので清潔に保ちましょう!
そして爪と関係のある五臓は肝なのですが
(東洋医学では肝、肝臓の働きの解釈西洋医学とは少し違います)
「肝は血の海」と漢方ではいい、肝は常に温かい血で満たされていないと
ストレスを感じやすくなったり、情緒不安定、不眠の原因など様々な不調になると考えます。
肝に貯蔵されている血が少ないと末端の指先の状態が悪くなってしまうのです。

「で、クロはなんやねん?」ですね(笑)

〜 中国では美人は黒い色の食べ物をたくさん食べている。〜

だそうです。
これは私が漢方薬膳を学んだ学校の中国人の中医師(女性)の先生がおっしゃってました。
(この先生は当時60歳前後でいらっしゃいましたが、色が白くハツラツとされてて
スタイル良くて、チャイナドレスを素敵に着こなされてました♪)
漢方では黒い色の食べ物は血を増やすと考えています。

★黒い食べ物★
黒豆、黒キクラゲ、黒酢、黒砂糖
黒ごま、昆布など

☆カンタン補血(血を補う)薬膳メニュー☆

ほうれん草と黒キクラゲ、たまごをごま油で炒めて
お塩をパラっと。
ほうれん草はみんなが認める貧血に良い野菜ですね。
卵は優秀食材、滋養強壮、血も増やしてくれます。

女性は生理で貧血になりがち。
意識して血を増やすようにしたいですね。

ココロとカラダを大切にしてくださいね。
ではでは。

皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (2)
  1. トモティ さん

    いつも拝見しております〜〜(o^^o)いちご食べてる食べてる!うん。新玉ねぎ、簡単でおいしそ♡
    今回のもぜひとも試したいです〜

  2. chiSa さん

    トモティ、いつもありがとう!
    今回のは簡単だけど、とっても有能なメニューなので、ぜひお試し下さいませ(^ ^)

感想をお待ちしております

*

CAPTCHA


この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連する記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事