日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

コーヒーの香りが好き。飲むのも好き。自分で豆を挽いてドリップする瞬間、たまらなく幸せを感じます。そんな無類のコーヒー好き、とっかり商店オススメの喫茶店をご紹介いたします。

夜明けとともに味わう、くつろぎの一杯/岩手県盛岡市「喫茶GEN・KI」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/52637419/29855

 

盛岡駅から車で15分ほどの場所にある岩山公園。展望台からは岩手県最高峰の岩手山や八幡平の奥羽山系、姫神山や早池峰山の北上山系などを見渡すことができます。

 

今回お邪魔したのは、その岩山公園内にある喫茶GEN・KIです。このお店の開店時間は、なんと日の出の1時間前。お客さんとともに夜明けを眺め、午前8時に一旦クローズ。昼の11時から再びオープンして、16時には1日の営業を終えるという一風変わったスタイルです。

 

店主の久保田さん曰く「さすがに夜明け前から大繁盛とはいきませんが、その時間帯しか見られない星空や太陽が昇る瞬間を楽しみにいらっしゃる方々がいます」とのこと。

毎週開催している「火曜日夜明けの音楽会」では、早朝から美しい音楽と景色、そしてコーヒーという贅沢なひとときを味わうことができます。

 

 

人気の黒千石大豆コーヒーは、目が覚めるような香ばしい匂いと軽い口当たりが特徴。アントシアニンやイソフラボンなど、ポリフェノールを豊富に含む黒千石大豆を100%使用した健康ドリンクです。

この大豆はかつて北海道で栽培されていましたが「手間がかかりすぎる」という理由から、1970年代に生産がストップし、絶滅した品種といわれていました。その後、50粒ほどの種が発見され、岩手県での栽培、研究を経て北海道で復活。今では特産品としてお菓子やお茶、納豆など、さまざまなものに姿を変えて販売されています。

 

 

そんな岩手ゆかりのコーヒーを淹れる久保田さんは、埼玉県のご出身。大好きなラーメンをきっかけに岩手に移住し、これまた大好きなお酒を扱う居酒屋に勤務。やがて店を任されるようになり夢中になって働いていたある日、この岩山公園の存在を知りました。

「初めてここを訪れた時は、岩手にこんな素晴らしい場所があったのかと感動しました」と語る久保田さん。その時に思い描いた「いつかここに自分の店を出したい」という夢を叶え、喫茶GEN・KIは今年で12年目を迎えました。

 

「岩山は車がないと来づらいし、お店をやるには難しいかもしれません。それでも自分にとって、ここはまさしく一等地。雄大な自然と盛岡の街を眺めながら、人と自然が心地よく調和する場所として続けていきたいと思っています」

 

一杯のコーヒーと、夜明けのひとときを楽しむ新しいライフスタイル。情報にあふれた忙しい毎日だからこそ、これからはこうした1日の始まりが大切になるのかもしれません。

頭を空っぽにして、ぼんやりしたい時にオススメのお店です。

 

 

◆喫茶GEN・KI

岩手県盛岡市新庄字岩山15-52(岩山展望台下)

TEL:090-6459-3018(久保田)

営業時間:日の出の1時間前~8時/11時~16時

定休日:月曜日

https://www.kissagenki.com/

 この記事を書いた「マイみちスト」
(とっかりしょうてん)
「岩手山が見える所で暮らしたい」と、2011年に横浜から岩手県盛岡市へUターン。現在はフリーライターとして県内外に出没中。コーヒーが好きで、自宅でも豆を挽いて淹れています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
あなたにおすすめの記事
東北のイベント