日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

コーヒーの香りが好き。飲むのも好き。自分で豆を挽いてドリップする瞬間、たまらなく幸せを感じます。そんな無類のコーヒー好き、とっかり商店オススメの喫茶店をご紹介いたします。

ひっそりと佇む最強の喫茶店/岩手県一関市「珈琲 樂」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/52637419/26742

 

岩手県の県南に位置する一関市千厩町。古くから名馬の産地として知られるこの町に、どうしてもお邪魔したい喫茶店がありました。

「千厩酒のくら交流施設」の敷地内にひっそりと佇む「珈琲 樂」です。

 

「楽」の旧字体で、「うた」と読みます。

 

2017年7月にオープンしたこのお店は、カウンター席4席と2人掛け席2つの、小さな自家焙煎珈琲店。

2つある入口にはそれぞれ、味のある看板がかけられています。

 

 

1枚目の看板の文字は、谷川俊太郎さん。2枚目の文字は俳優の渡辺謙さんに書いていただいたそうです。

 

……え?どういうことデスカ?

そんなプレミアムな看板を2つも掲げた喫茶店がありますか!?(あるんです…!)

 

もともと音楽好きだというマスター。谷川俊太郎さんとは、とある音楽イベントで偶然お会いしたそうです。(この時点でミラクル)渡辺謙さんには喫茶店を開く前に、彼のプロデュース企画に応募して最終選考まで残ったことがあるそうで、そこで看板の文字をお願いしたそう。(もはや未知の領域)

「なんだか昔から運が良いんですよね」

驚愕している私をよそに、マスターはニコニコと笑いながら夏の新作ブレンドを出してくれました。

期間限定ブレンド「なつのほほえみ」

 

これがまた…美味い。最初に口に含むとコーヒーのしっかりとした香りが広がるのですが、喉を通る頃にはスッキリと爽やかな味わいに変化しています。まるで水を飲んだあとのようなサッパリ感で、コクコクと飲めてしまう不思議な一杯。まさに夏にピッタリのブレンドです。

 

さらにコチラもオススメ。

「琥珀の女王」

 

コーヒー専門店では珍しくないそうですが、私は今回が初めて。あまりに美しいので外の景色をバックに撮りたいと、こぼさないようにヒヤヒヤしながら窓辺に移動しました。

美しい…!

 

素敵すぎる…!

 

なんてはしゃぎつつ、一口飲んでみると…

「………!!」

もう、言葉を失うほどの芳醇な香りが広がります。コーヒーは深く、甘みがついていて最高にまろやか。アルコールは入っていませんが、リキュールが入っていると言われても頷いてしまうほど豊かで大人な味わいです。

「コーヒーはブラック以外、認めん!」という方じゃなければ、ぜひ味わってほしい一杯です。

 

そんな珈琲 樂で活躍中の焙煎機がコチラ。

 

コーヒー好きなら一度はその名を耳にしたことのある「コーノ式」の焙煎機。「コーノ」とは、世界で初めてサイフォンや円錐形ドリッパーを開発した「珈琲サイフォン株式會社」の河野社長の名前からとったものです。そしてこの焙煎機は、河野社長がご自身で使用していたもの。なんと、社長愛用の焙煎機を受け継いで使っているのです!さらに珈琲 樂は、「コーノ式」東北唯一のオフィシャルショップでもあるというから驚きが止まりません。世界中の人たちから愛されているコーノ式。珈琲 樂にも、はるばる台湾から来るお客様もいるそうで…あまりに特異なエピソードの数々に、私の脳内には「樂のマスター最強説」が誕生しました。

 

 

そしてこちらも最強の「ハニーチーズトースト」。カリッと焼き上がった厚切りのトーストに、ブルーチーズとハチミツのハーモニーがもう、たまりません!まさに飛び上がるほどの美味しさでした。(実際、ちょっと飛び上がりました)

 

聞けば聞くほど、味わえば味わうほど驚きの珈琲 樂。それでもお店そのものは、いたって静かに佇んでいます。晴れの日はもちろん、雨の日にも訪れてゆっくりとコーヒーを味わいたくなるような、そんな場所でした。

次のお休みの日にでも、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

◆珈琲 樂

029-0803

岩手県一関市千厩町千厩字北方134

営業時間:10時~17時30分

定休日:月曜日・土曜日の午前中(午後は営業)

 
 この記事を書いた「マイみちスト」
(とっかりしょうてん)
「岩手山が見える所で暮らしたい」と、2011年に横浜から岩手県盛岡市へUターン。現在はフリーライターとして県内外に出没中。コーヒーが好きで、自宅でも豆を挽いて淹れています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (4)
  1. アバター ちゅーた さん

    昔、3年ぐらい仕事で住んでいました。懐かしく久しぶり行ってみたいです。

  2. アバター 森のくまさん さん

    近くに行った際はぜひ寄ってみたいお店です。

  3. アバター がんち さん

    岩手、大好きです。
    次に行ったら是非訪れたいお店。

  4. アバター ひちこ さん

    千厩にこんなステキカフェがあったなんて知りませんでした。行ってみたいです。

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(前編)

東北の忘れられないトンネルたち

東北最古級のコンクリート道路トンネルを新発見! 今から10年前。こいつを見つけたときは夕暮れの山中にありったけの歓喜を叫…

平沼義之(ヨッキれん)

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(後編)

東北の忘れられないトンネルたち

  【前編のあらすじ】 岩手県北部、九戸村と軽米町が接する辺りに、存在をすっかり忘れ去られたようなトンネルがあ…

平沼義之(ヨッキれん)

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第9回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

路地裏酒場散歩

第7話 「みんなの“まま”!鍛冶町の“ママ”!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 みなさんは「あっつ〜 ままさ…○○!」といえば何が思い浮かび…

新橋

茂浦鉄道 【第6回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き Part.2

幻の大陸連絡港と運命を共にした、小さな未成線   所在地 青森県東津軽郡平内町 探索日 2010/6/6 &n…

平沼義之(ヨッキれん)

あなたにおすすめの記事
東北のイベント