日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

コーヒーの香りが好き。飲むのも好き。自分で豆を挽いてドリップする瞬間、たまらなく幸せを感じます。そんな無類のコーヒー好き、とっかり商店オススメの喫茶店をご紹介いたします。

旅の途中で味わう“いつもの珈琲”/岩手県雫石町「風光舎」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/52637419/25537

岩手県雫石町にあるコーヒー焙煎「風光舎」のドアを開けたのは、かれこれ5年ほど前のこと。

まだ私が会社員をしていた頃、知人に「落ち着いた雰囲気の喫茶店があるよ」と聞きお邪魔しました。

当時は仕事に疲れてグッタリした毎日を過ごしていたのですが、風光舎のコーヒーと窓から見える景色に、ようやく一息つけたことを覚えています。

 

中に入るとふわりと漂うコーヒーの香りと温かい空気。

落ち着くお店、静かなお店、楽しいお店…いろいろな喫茶店がありますが、私にとってここは“安心できるお店”。

初めて訪れた時から「ほっ」とする、そんな優しい雰囲気が漂っています。

店内の窓からは、晴れていると岩手山を眺めることができます。

これがまた良い景色。

ぼーっと景色を眺めてコーヒーを飲んで、たまに本を開いて読書して…。

しみじみと「幸せだなぁ…」と思える時間が過ぎていきます。

 

オーナーの箱崎ご夫妻もまた素敵。

いつも穏やかな笑顔で迎えてくれて、その変わらぬ佇まいにまた安心してしまうのです。

朝でも夜でも、少し元気がない時でも愉しめる「風光舎ブレンド」。

一番人気のコーヒーとのことで、私も必ず頼んでしまいます。

たまには違うものにしようかな、と思うのですが「…でもやっぱりあの味が飲みたい!」とオーダーしてしまうのです。

優しくふんわりと香りつつ、キリリとした苦みも味わえる一杯です。

 

とはいえ、コーヒー豆の販売が本業の風光舎には常時16種類もの豆が揃っています。オープンにしていないメニューもあるそうで、「こんなコーヒーが飲みたい」と伝えると選んでくれるそうです。

お店のコーヒーは全て自家焙煎。

焙煎前の豆をチェックして、大きすぎるものや小さすぎるもの、欠けたものなどを30~40分かけて取り除きます。(写真は取り除いたお豆さんたち)

その後、焙煎。

お店の一角にある焙煎機を使って丁寧にローストしていきます。

そして焙煎後の豆も再びチェック。

こうして手間暇かけることで、安全で雑味のないクリアな味わいになります。

 

人生を旅ととらえ、旅のお供になるようなコーヒーを届けたいとおっしゃる箱崎ご夫妻。

そんなお二人の想いがつまったコーヒーだから、ゆっくり時間をかけて味わいたい。

 

忙しい毎日をお過ごしの方ほど、オススメのお店です。

 

コーヒー焙煎 風光舎

020-0585
岩手県岩手郡雫石町長山堀切野8-7
TEL&FAX:019-693-4151
営業時間:10:00〜17:00
定休日:毎週木曜日と、奇数週の金曜日 (祝祭日の場合は営業)
※冬季は変則営業になる場合あり。
https://fukosha.jp

 

今後はコーヒー豆の販売にさらに力を入れていくそうで、それに伴って喫茶の営業時間を変更するかもしれないとのことでした。いらっしゃる際には念のため、風光舎ホームページをご覧になってみてください。

冬場に大活躍の、暖炉さん。素敵すぎる。

 

 

というわけで、スタートさせていただきました「とっかり珈琲物語」。

無類のコーヒー好きのとっかり商店が、とっておきのお店を紹介していきます。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 この記事を書いた「マイみちスト」
(とっかりしょうてん)
「岩手山が見える所で暮らしたい」と、2011年に横浜から岩手県盛岡市へUターン。現在はフリーライターとして県内外に出没中。コーヒーが好きで、自宅でも豆を挽いて淹れています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment (1)
  1. アバター かじりん さん

    コーヒーが大好き 行ってみたいです

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
あなたにおすすめの記事
東北のイベント