日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

ドライブ好きなブロガー、柴Tが自由気ままに飛び回り、風景・グルメ等東北の魅力を紹介します。

第36回 とうてつ駅そばを食べながら、幼き日に思いを馳せる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/47852639/26567

街を歩けば思い出に当たる。

青森市育ち下北半島ナウの私柴Tですが、実は生まれは青森県十和田市。

久々に一人、十和田の街並みを歩く。

十和田の官庁街通りは、「日本の道百選」に選ばれる美しい通りで、156本の桜の並木道が続き、春は桜によって彩られる。

2008年に十和田市現代美術館ができてからは、さまざまな現代アート作品が立ち並び、歩いていてとても楽しい(笑)。

かつて十和田には母方の祖父母が住んでいて、幼い頃はよく遊びに行っていた。

雨上がりの湿った風の匂いと共に、ふと、祖母の三輪車に乗せられて、官庁街通りの桜を眺めた、幼い記憶を思い出す。

そして、祖母やいとこ達と畑へ行き二十日大根を収穫したり、親戚一同で十和田に集まり宴会をした、もう30年も昔になる遠い記憶。

優しい日々が僕の脳内で蘇る。

でも、一昨年祖父母が立て続けに亡くなり、家が売り払われ、僕が十和田に帰るところはもうない。

 

かつて、三沢市から十和田市まで十和田観光電鉄線の電車が運行していて、よく電車で十和田駅に着くと、駅で祖母が迎えに来てくれた。

その時十和田駅でよく食べていたのが、「とうてつ駅そば」

昔から有名で、ひっきりなしにお客さんが並んでいた立ち食いそばの人気店。

2012年に電車が廃線になってからは、駅の解体に伴い、十和田市中央バス停前に移転。

久々に食べてきました。

僕が頼んだのは天ぷら玉子そば¥450とミニカレー¥250

そばの天ぷらはしっとりとして、カレーはルックスがレトロでそそりますな。

まずおそばを食べると、出汁がきいたおつゆが美味い。

青森の駅そばって醤油がキリッと効いていることが多いのですが、ここのおそばは優しい味わい。

そして、しっとりした天ぷらと崩した黄身をそばに絡めて食べると最高に美味い。

そして、ココのカレー本当美味いのです。

ミニカレーなのにレギュラーサイズのようなボリュームでやって来る(笑)。

カレーは甘めで、そばの出汁が効いた蕎麦屋のカレーという感じのレトロな味わい。

口に含んだ途端幸せになりますね。

もう何十年と変わらない味。

そんな、今は亡き祖母との思い出の駅そば。

幼い頃は頻繁に十和田に行っていたけれど、僕が人見知りをするようになってからは、正直何を話したらいいかわからないし、しばらく行かない日々が続いていた。

僕が車を持つようになって、祖父母ともに弱ってきてからは2週間に一回、母と世話をしに十和田に向かい、そこで再び仲良くなりました。

それから10年間一緒にドライブしたり、ご飯を食べに行ったり、最後は僕や母のことを忘れてしまっていたけれど、亡くなった時、僕も母もやることはやり尽くしたし、不思議と悲しくなかった。

どうせ忘れられてしまうなら、今までしてきたことに意味はあるのかなって、おふくろが言っていたけれど、遺された人たちが後悔しないよう、親孝行・祖父母孝行はしたほうがいいと思う。

そして、祖母との思い出を僕や母が老いて、忘れてしまっていたとしても、僕と母が祖母と過ごした日々という「事実」は例え文明が滅んだとしても決して消えない。

祖母の三輪車に乗った官庁街通りの桜並木の思い出は永遠だ。

無かったことに出来ない人生。

一人とうてつ駅そばを食べながら僕はそう思う。

●とうてつ駅そば

住所:青森県十和田市稲生町17-3

営業時間:7:00~18:00(L.O.17:50)

定休日:年中無休

 この記事を書いた「マイみちスト」
(しばてぃー)
青森在住のブロガー。仕事のかたわら、自由気ままに飛び回り、勝手に東北の魅力をプロモーションしている変わり者です。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (4)
  1. アバター アードベッグ さん

    「とうてつ駅そば」私も大好きです。秋田市に住んでいますが、十和田市現代美術館に行ったときなど、まだ店があるかなと、ちょっと不安を感じながらお店に行き、優しいそばを味わっています。店じまいしないで、いつまでも残って欲しいものです。

    • アバター 柴T さん

      コメントありがとうございます。
      そうですね、十和田市によるとこの駅そばついつい寄ってしまいます。
      三沢駅にも同様の駅そばがあって、味が微妙に違っていて食べ比べてみても面白いですよ。 いつまでも残ってほしいお店です。

  2. アバター Janne さん

    初めて来た『まいにちみちこ』 
    ふと目に留まった、こちらの記事。
    お目当ての柴Tさんじゃないですか!
    そして、十和田出身だったとは!
    駅そば!ウンウン!ウンウン!最高です!

    • アバター 柴T さん

      コメントいただきありがとうございます。
      私をお目当てとはお目が高い?w
      そうです、僕は十和田生まれなのです。
      本当、ココの駅そば美味しいですよねー

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

焦らずマイペースで・・・【読者プレゼント付き】

そのだ節

こんにちわ~。暑かったり寒かったり雨降ったりなんだか空はご機嫌斜めでしょうか。 西日本の豪雨災害のニュースを何とも言えな…

そのだつくし

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第5回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

パワースポットでホッと一息 「お寺café 夢想庵」宮城県・登米市【第2回】

ここでカフェを営む理由

今回紹介するカフェは、この奥にあります。   神社? いいえ、お寺です。 登米市津山にある「柳津虚空蔵尊(やな…

鶴岡彩

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(前編)

東北の忘れられないトンネルたち

東北最古級のコンクリート道路トンネルを新発見! 今から10年前。こいつを見つけたときは夕暮れの山中にありったけの歓喜を叫…

平沼義之(ヨッキれん)

路地裏酒場散歩

第3話「ワクワクドキドキが止まらない!?思わず誰かに「しゃべりたくなる」酒場!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 青森県・津軽地方で使われている方言「津軽弁」。 県外の方にと…

新橋

あなたにおすすめの記事
東北のイベント