日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

ドライブ好きなブロガー、柴Tが自由気ままに飛び回り、風景・グルメ等東北の魅力を紹介します。

第13回 下北半島の美味しい「食」はコミュニケーションの起爆剤。東通村「網もと」の美味しい魚達。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/47852639/21828

食って本当に素晴らしいものですね。

本質的には、生命を維持するためにエネルギーを摂取する作業なのでしょうが。

でも、本当にそれだけであれば、フランス料理やイタリア料理、メキシコ料理など、ここまで食文化って発展しないですよね。

みんな、美味しいものが食べたい。

「生きるために食べる」のではなく、「食べるために生きる」という逆転現象がもはや人類の歴史の中では起こっています。

そして、「食」はただ食べるだけでなく、もはや一つのコミュニケーション・ツールにもなっています。

どこに美味しい店があるか、みんな知りたがるし、僕は少し洋食屋で、料理をかじっていた経験から「料理教室」を開催し、友人と、親睦を図っています。

つい先日も僕が講師として料理教室を開催し、メキシコ版ラザニアの「エンチラーダ」、アボカドを使ったディップソース「ワカモレ」、メキシコの味噌汁のようなもの「トルティーヤスープ」のメキシコ料理を作りました。

もはや「食」は、人と仲良くなるのに一番有効なコミュニケーション・ツールなのです。

そんな料理教室で仲良くなった友人達とこの間、平日の夜にどっか出かけて飲みたいねと、下北半島の東側に位置する、東通村まで行ってきました。

東通村白糠地区は村内で最も人口の多い集落で、江戸時代から続く一大漁業基地となっています。

そこで獲れる魚はとても美味しくて、それまであまり食べなかった魚を、大好きにしてくれた、素晴らしいお店があるのです。

その名も「網もと」というお店。

国道からやや外れた、集落に潜む隠れ家的なお店です。

今回、僕の運転ではないので、お酒を飲みながら(笑)

そして、ここの「網もと定食」¥1500がとても美味しいのです。

刺身の盛り合わせ、ウニの卵とじ、煮魚、生ウニが乗った豆腐にご飯、味噌汁、小鉢がついてこの値段は素晴らしい。

とれたての魚を使った刺身は新鮮で甘味があり、美味い。

そして、ウニの卵とじをご飯にかけると、卵のコクにウニの旨味がたまらないですねー
食が進みます。

そして、昔食べて感動した煮魚も、旬のものを使っているのでしょうねー程よく甘みがありながらも、

魚の旨味が引き出されていて、バランスが良く本当に美味しい。

生ウニが乗った豆腐って初めて見ました(笑)

新鮮な生ウニは本当に甘く、豆腐とも合っていて美味しい組み合わせです♫

それだけで大変満足なのですが、ここの店主は東京の炉端焼きの居酒屋で修行してきたらしく、一番人気は実は鶏肉を照り焼きにした「網焼き」¥500。

これがまた、たまらない。

クセになる程、甘じょっぱい、照り焼きのタレが美味しくて、ご飯がさらに加速します。

最高に美味しいご飯を食べるとテンションが上がり、話が弾む。

酒も入っているせいもあるけれど、普段無口な僕も饒舌になり、友人と色んなことを話しました。

普段話さないようにしていた、自分の過去の話まで。

そうして、腹を割って話すことによって、さらに仲が深まる。

本当、下北半島の最高に美味しい「食」はコミュニケーションの起爆剤になります。

これからも、大事なツールとして、ブロガーとしての「食べる側」、そして料理教室の先生としての「作る側」の両面で、「食」を一層大切にしていきたいと、この飲み会を通して実感しました。

というか、俺の本業はサラリーマンなんだが(笑)

●網もと
場所:青森県下北郡東通村白糠字前田44-106 
営業時間:昼/11:00~14:00(13:30L.O)
     夕/17:00~21:00
定休日:日曜日

 この記事を書いた「マイみちスト」
(しばてぃー)
青森在住のブロガー。仕事のかたわら、自由気ままに飛び回り、勝手に東北の魅力をプロモーションしている変わり者です。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第7話 「みんなの“まま”!鍛冶町の“ママ”!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 みなさんは「あっつ〜 ままさ…○○!」といえば何が思い浮かび…

新橋

山の麓の赤い屋根「モカモアコーヒー」大和町【第1回】

ここでカフェを営む理由

七ツ森。 口に出すと語感も愛らしいネーミング。 ポコン、ポコンと7つ並んだ山の総称で、宮城県大和町にあります。 その麓、…

鶴岡彩

盛岡のディープゾーン「桜山」に現れる マニアックな〝アレ〟とは?【前編】

あの人に会いたい【桜山編】

いまや盛岡の風物詩 マニア受けの「あるもの」  岩手県庁の目の前に建つ鳥居をくぐった先にある桜山界隈。間口が狭い飲食店が…

みやけまゆみ

第1回「甲冑師・たちばな工房」さん

先人の生き様に学ぶ~ふくしまの手しごと~

甲冑師・橘斌(たちばなさとし)さん   勇壮な戦国絵巻が目の前で繰り広げられる「相馬野馬追」。福島県を代表する…

くつわたゆみえ

路地裏酒場散歩

第6話 「しみじみ飲みたい…演歌が歌いたくなる酒場」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 突然ですが、失ってから初めて気付くことってありますよね。 こ…

新橋

あなたにおすすめの記事
東北のイベント