日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

第4回 本州最北端大間町で、まぐろラーメンを食べる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドライブ好きなブロガー、柴Tが自由気ままに飛び回り、風景・グルメ等東北の魅力を紹介します。
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/47852639/14181

確かに、俺はそこにいたのだ。

マグロで有名な、青森県大間町に位置する本州最北の地、大間崎。

津軽海峡を挟み、北海道函館市まで最短距離で17.5km程しか離れていません。

そのため、晴れた日には眼前に函館山や函館の街並みが広がり、目を凝らすと、五稜郭タワーまで見渡せる程、北海道に極めて近い位置にあります。

県庁所在地である青森市から、車で3時間程かかることから、主な生活圏は函館。

大間から函館へ行くフェリーがあり、病院や学校は函館へ行く人も多い。

僕は中学を卒業して函館の学校へ行ったけれど、当時女子校に友人がいて、その人の同級生が大間出身だった記憶がある。

学生時代の僕の同級生のほとんどは、函館を出て札幌や道外で働き、函館の街並みも少しずつ変わる中、街へ繰り出しても、取り残されたような、少し寂しい気持ちになる。

こうして、遠方から眺める函館の街は、海峡を隔て、まるで幻のようで、幻の中、夢を見るように、いろいろなことを思い出す。

なぜ、戻らない時だけがなぜ輝き出すのだろう。

さてこの間、吹きすさぶ猛吹雪の中、車を走らせ大間町へ行ってきました。

下北半島の冬は厳しく、空気は鋭い夜気をまとっている。

そんな寒い中、温まろうと、僕の行きつけのお店「すみよし食堂」さんへ行ってきました。

大間は函館の影響か、塩ラーメンが美味しいお店が多いのですが、大間はマグロが有名だけに、もう一つのお気に入り「まぐろラーメン」¥930を今回紹介したいと思います。

チャーシューはもちろんマグロ。

マグロの焼き身が香ばしく、食べ応えがあります。

スープは醤油ベースで、昆布とマグロの出汁が効いていて、とっても美味しいです。

アッサリというか、味の輪郭がしっかりしてますね。

麺との相性もバッチリ。

このまぐろラーメン、2~3ヶ月程試行錯誤をしながらできたものだそうで、大間だからとか抜きにしても高い完成度。

非常に美味しい一杯でした。

気がつけば冷えた体が温まり、美味しいラーメンでお腹が満たされると、改めて下北半島に住んでいて良かったな、と思えます。

人も暖かく、とても居心地が良い。

そうだ、俺はここにいるのだ。

すみよし食堂

場所:青森県下北郡大間町上野20-1 

営業時間:11:00~21:00

定休日:不定休

 この記事を書いた「マイみちスト」
(しばてぃー)
青森在住のブロガー。仕事のかたわら、自由気ままに飛び回り、勝手に東北の魅力をプロモーションしている変わり者です。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

感想をお待ちしております

*

CAPTCHA


プレミアム記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事
東北のイベント