日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

『このレポートは、「日本の廃道」2011年12月号および2012年1月号に掲載された「特濃廃道歩き 第36回 深浦営林署 追良瀬川森林鉄道」を加筆修正したものです。当記事は廃線探索をテーマにしており、不用意に真似をした場合、あなたの生命に危険が及ぶ可能性があります。当記事を参考にあなたが廃道へ赴き、いかなる損害を受けた場合も、作者(マイみちスト)およびみちこ編集室・道の駅連絡会は責を負いません。』

追良瀬川森林鉄道 【本編第7回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/43279586/31555

未だ知られざる

白神山地の森林鉄道に挑む。

 

所在地 青森県西津軽郡深浦町

探索日 平成23年6月18日

 

 

◇第3ステージ 奥地軌道跡探索 その1

■レール発見地点 8:27

 

 

 現在地は、追良瀬駅前の貯木場から約12km地点で、全長17kmの中では終盤に差し掛かりつつあるが、ここまでの大半が林道化されており、その終点から廃線跡を歩き始めてまだ300mだ。

 廃線跡は最初から緑に覆われて不鮮明で、踏み跡も薄く、そのうえ早くも隣り合う追良瀬川の激流に進路を奪われてしまった。意気揚々と歩き出した我々にしてみれば、前途多難を感じさせる苦しい立ち上がりであった。 

 だが、その川に削られて露出した路盤の断面を目撃した瞬間、衝撃と歓喜に震えた。

 

 

 路盤の断面からにょっきり突きだした1本のレールと、その下に敷かれた枕木を発見!

 

 この状況は、レールと枕木が、敷かれたままの状態で、地面の下に埋没している状況を示唆している。いま歩いてきた地面の60cmほど下に埋れていた。全然気付かなかったが、こんなに深くちゃ気付けるはずもない。川が路盤の断面を露出させてくれたために気付けた。禍転じて福と成すだ。

 

 林鉄跡でレールを目にする機会自体は、さほど珍しいことではない。だが、大半は川に落ちた状態で見つかるもので、本来あった路盤上に敷かれた形で残っていることは、本当に滅多にない。なぜかといえば、廃止の直後に撤去が行われるからだ。上質な鋼鉄の塊であるレールには資産価値があり、基本的に放置ということはあり得ない。撤去されたレールは、新設される他の路線に転用されたり、屑鉄として売却されたりした。このことは、今回探索しているような国有林森林鉄道でも、或いは民間の森林鉄道でも同様である。それでも、ごくごく稀に、レールの撤去が行われないケースがある。理由がはっきり分からないケースもあるが、撤去列車(レールを撤去して運び出すために最後に走行する列車のこと)が入れないほどの崩壊が途中にある、他者に払い下げするためにレールを存置した、などのケースが過去に確認されている。

 

……(この記事には続きがあります。会員登録で最後までお読みいただけます)

続きは「プレミアム会員登録」で読む事ができます

まいみちプレミアム会員になると、月額194円で全ての記事が読み放題となります。

まいみちプレミアム会員になると有料記事を含むすべての記事が読み放題!

まいみちプレミアム会員は月額194円(税込)です。
まいみちプレミアム会員登録(購読申し込み)方法

amazonpay
paypal
 この記事を書いた「マイみちスト」
ひらぬまよしゆき(よっきれん)
廃道探索とその情報発信を生業にする、日本初のプロ・オブローダー(オブローダーとは廃道探索者)を自称。幼少を過ごした秋田県で廃道探索の面白さに目覚め、東北地方の素朴な道をこよなく愛する。様々な道路の風景の中でも、人の英知と労働が大地を穿つ形となったトンネルが、特に大好き。東京都日野市在住だが、年の半分近くは秋田で生活する。1977年生まれ。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
あなたにおすすめの記事