日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

『このレポートは、「日本の廃道」2011年12月号および2012年1月号に掲載された「特濃廃道歩き 第36回 深浦営林署 追良瀬川森林鉄道」を加筆修正したものです。当記事は廃線探索をテーマにしており、不用意に真似をした場合、あなたの生命に危険が及ぶ可能性があります。当記事を参考にあなたが廃道へ赴き、いかなる損害を受けた場合も、作者(マイみちスト)およびみちこ編集室・道の駅連絡会は責を負いません。』

追良瀬川森林鉄道 【本編第3回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/43279586/31452

未だ知られざる

白神山地の森林鉄道に挑む。

 

所在地 青森県西津軽郡深浦町

探索日 平成23年6月18日

 

 

◇第2ステージ 奥地へ導く長い道 その1

 

 

 起点追良瀬駅周辺の探索を終えた我々は、軌道跡をなぞる追良瀬川沿いの町道を、2台の自動車で現在移動中。追良瀬川林鉄は全長17kmに及ぶ長い路線だったが、起点側の10km以上は道路に生まれ変わって現在も使われている。我々の探索のメインは道路化されずに廃止された奥地にある。しばらくは車に揺られることになる。

 

 

 奥地へと我々を導く唯一のルートである深浦町道は、予想以上に素晴らしかった。

ただ「走り良い」道というのではなく、ゆったりした線形に、どことなく林鉄の気配があった。かつて、機関車が小さな窓越しに眺めた風景を想像しながら、同じところを走る自動車の車窓を眺めるのは、私にとってある種のノスタルジーに属する行為だった。

それに、景色そのものも好ましかった。雪国の6月中旬は、一年で最も生命が躍動していて、とても美しい。特に田んぼのある風景がいい。そういう意味でも、これは恵まれた旅路となった。

 

■オサナメ沢分岐 6:26 

 

 

 

 国道から約3km(追良瀬駅から3.5km)の地点で、左に分かれる砂利道があった。ここは追良瀬川とその支流オサナメ沢の出合であり、砂利道はオサナメ沢を遡る林道だ。そしてこの林道は、追良瀬川林鉄に2本あった支線のひとつ、オサナメ沢支線の廃線跡でもあった。オサナメ沢支線は、記録によると全長2310m、昭和22年に開設され、36年に廃止されたらしい。地図を見る限り、全線が車道化されていると判断し、今回は時間の都合もあって探索しなかった。

 

 

 明治初年の「新撰陸奥国誌」には、「土地悪く且田畑少けれは山海の業を専とす」と書かれていた追良瀬村だが、現在では川に沿って美しい水田が広々と続いている。林鉄跡の町道はそのただ中を一直線に貫いていて、爽快だった。

 

……(この記事には続きがあります。会員登録で最後までお読みいただけます)

続きは「プレミアム会員登録」で読む事ができます

まいみちプレミアム会員になると、月額194円で全ての記事が読み放題となります。

まいみちプレミアム会員になると有料記事を含むすべての記事が読み放題!

まいみちプレミアム会員は月額194円(税込)です。
まいみちプレミアム会員登録(購読申し込み)方法

amazonpay
paypal
 この記事を書いた「マイみちスト」
ひらぬまよしゆき(よっきれん)
廃道探索とその情報発信を生業にする、日本初のプロ・オブローダー(オブローダーとは廃道探索者)を自称。幼少を過ごした秋田県で廃道探索の面白さに目覚め、東北地方の素朴な道をこよなく愛する。様々な道路の風景の中でも、人の英知と労働が大地を穿つ形となったトンネルが、特に大好き。東京都日野市在住だが、年の半分近くは秋田で生活する。1977年生まれ。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
あなたにおすすめの記事