日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

『このレポートは、「日本の廃道」2011年12月号および2012年1月号に掲載された「特濃廃道歩き 第36回 深浦営林署 追良瀬川森林鉄道」を加筆修正したものです。当記事は廃線探索をテーマにしており、不用意に真似をした場合、あなたの生命に危険が及ぶ可能性があります。当記事を参考にあなたが廃道へ赴き、いかなる損害を受けた場合も、作者(マイみちスト)およびみちこ編集室・道の駅連絡会は責を負いません。』

追良瀬川森林鉄道 【本編第1回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/43279586/31388

未だ知られざる

白神山地の森林鉄道に挑む。

 

所在地 青森県西津軽郡深浦町

探索日 平成23年6月18日

 

◇第1ステージ 「追良瀬地区」 その1

 

■五能線追良瀬駅前 平成23年6月18日 5:33 

 

 

 コンコンとガラス窓を叩く音にハッと目を開けると、その窓越しにいつもの穏やかなスマイルを見せるHAMAMI氏がいた。私と細田氏は、集合場所と決めていたここ追良瀬駅前に、細田氏が運転する車で前夜遅くに到着し、待ち合わせの時間まで仮眠をとっていたが、静かな朝の空気があまりにも気持ちよくて、窓を叩かれるまで寝入ってしまった。ただいまの時刻は午前5時33分。朝日は既に今日の探索地である白神山地に昇っており、追良瀬川の河口にある平屋の小駅を照らしていた。

 

 

 HAMAMI氏とも事前に計画を打ち合わせ済みなので、すぐに探索を開始する。とはいえ、いきなり山の中の探索が始まるわけではない。まずはこの追良瀬駅に、林鉄時代の名残を見つけることからはじめよう。林鉄の起点は、ここにあった。

 五能線の始発は遅い。駅前には住宅地があるが、まだ人の動きは見えない。これより海側には一軒の家もないという、自然豊かな追良瀬駅の朝を、我々はしばし独占し得た。

 

 

 1面のみのホームからはレール越しに日本海が見えた。レールと海の間には一面緑の追良瀬川のデルタが横たわっていた。林鉄の起点があったのは海側ではないので、この眺めに癒された後、我々はすぐ駅前に戻った。

 

 

 今は一面一線のホームだけがある、これ以上は小さくしようがない追良瀬駅だが、昭和9年に開業した当時は一面二線の駅だった。昭和61年に縮小されて現在の状況になった。バラストが薄ら残る写真左側の道は、旧一番線の名残だ。

 

 

 その左はもう駅の外で、真新しい住宅分譲地が広がっていた。この手のことについては察しが良い我々は、昔からある駅の駅前一等地に、こんな新しい分譲地があることに、察することがあった。

……(この記事には続きがあります。会員登録で最後までお読みいただけます)

続きは「プレミアム会員登録」で読む事ができます

まいみちプレミアム会員になると、月額194円で全ての記事が読み放題となります。

まいみちプレミアム会員になると有料記事を含むすべての記事が読み放題!

まいみちプレミアム会員は月額194円(税込)です。
まいみちプレミアム会員登録(購読申し込み)方法

amazonpay
paypal
 この記事を書いた「マイみちスト」
ひらぬまよしゆき(よっきれん)
廃道探索とその情報発信を生業にする、日本初のプロ・オブローダー(オブローダーとは廃道探索者)を自称。幼少を過ごした秋田県で廃道探索の面白さに目覚め、東北地方の素朴な道をこよなく愛する。様々な道路の風景の中でも、人の英知と労働が大地を穿つ形となったトンネルが、特に大好き。東京都日野市在住だが、年の半分近くは秋田で生活する。1977年生まれ。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
あなたにおすすめの記事