日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

本記事では、東北各地で今もなお活躍し、或いは役目を終えて静かに眠る、そんな歴史深い隧道(=トンネル)たちを道路愛好家の目線で紹介する。土木技術が今日より遙かに貧弱だった時代から、交通という文明の根本を文字通り日陰に立って支え続けた偉大な功労者の活躍を伝えたい。

第14 回 橋坂(岪岩/ 比戸岩)隧道 福島県

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/43279586/29120
東北の忘れられないトンネルたち

季刊誌「おでかけ・みちこ」2020年03月25日号掲載

 

人が造り出した偉大な”へつり道”

 

 

 自然豊かな下郷町を流れ下る大川ラインのハイライトが、塔のへつりだ。川の侵食によって絶壁がコの字型に削り取られ、天然の片洞門を造形した奇景である。へつりとは、この地方の方言で危険な崖を指すが、登山用語でも垂壁の横断をへつると言う。
 大内宿を通っていた会津と関東を結ぶ幹線道路(下野街道)が、距離と高低差に勝る大川沿いに移ったのは、明治17年のことだった。この年、馬車という形で南山に初めて車両交通をもたらした会津三方(さんぽう)道路が、県令三島通庸(みちつね)の強力な指導の元、南会津郡民の血と汗と出税の結実として完成したのだ。現在の国道121号の原形である。
 谷を切り開いたこの新道には、へつりと呼ばれる難所がいくつもあった。塔のへつりは悠久の時が作り出した恐るべき天然の造形だったが、同じように崖をくり抜いた車道が、今度は人の力で生み出されたのだ。中でも弥五島と栄富の間の河岸にそびえる比戸岩の難所には、短い隧道(すいどう)を持つ〝へつり道〞が掘り抜かれた。この県内最古級の隧道が、現存する。
 当時、隧道はまだ珍しく、通庸の依頼によって菊池新学が写真を、高橋由一が絵画を残している。それらの記録を現状と見比べると、120年以上経過しているにもかかわらず、ほとんど形を変えていないことに驚かされる。昭和41年に対岸を迂回する現在の国道が開通するまで、この崖路をバスやトラックが行き交っていた。静かな廃隧道の隣で、ときおり思い出したようにけたたましい音を響かせるのは、昭和12年開業の会津鉄道だ。
 なお、この隧道の名はいくつかあって一定しない。「下郷町史」は通称比戸岩隧道、道路施設現況調査は橋坂隧道、古い記録では由一が岪(へつり)岩隧道と書いているほか、新学の記録には非道隧道とあって、これはなかなか強烈な字面だ。
 大川筋随一の難所だった比戸岩だが、実は通庸に先駆けて挑んだ勇者の記録がある。三方道路の事績を記した「南山新道之記」によると、明治13年に比戸坊なる旅の僧が、ほとんど独力で岩場を削り、最初の小径を通したという。これに触発された有志が集まり、同年内に、小径の上部にやや広い牛馬が通れる道を開通させたそうだ。しかし、三方道路着工のわずか2年前のことであり、これらは幻の新道となった。
 天衝く絶壁に累代の道が彩なすこの人間賛歌の絶景は、対岸の橋坂地区から安全に眺めることが出来る。

 

対岸より見る比戸岩の大絶壁。中央付近を横切る岩場の列が、橋坂隧道へ通じる三方道路(旧国道)。ずっと下の崖にもひっかき傷のような道形が見えるが、比戸坊の幻の新道跡の可能性あり

 

隧道内部から西口を見る。洞内は完全な素掘りだが、大きな崩れはない
静まりかえる隧道西口の景。三島通庸が東北各地に残した隧道の中では、最もよく原形を留めている
高橋由一が描いた開通直後の隧道西口。人物の大きさに多少の誇張は見られるが、明らかに同じ隧道と分かる風景だ。「東北の道路今昔」(社団法人東北建設協会発行)より

 この記事を書いた「マイみちスト」
ひらぬまよしゆき(よっきれん)
廃道探索とその情報発信を生業にする、日本初のプロ・オブローダー(オブローダーとは廃道探索者)を自称。幼少を過ごした秋田県で廃道探索の面白さに目覚め、東北地方の素朴な道をこよなく愛する。様々な道路の風景の中でも、人の英知と労働が大地を穿つ形となったトンネルが、特に大好き。東京都日野市在住だが、年の半分近くは秋田で生活する。1977年生まれ。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (3)
  1. アバター 谷元 博樹 さん

    見事な遺構ですよね。気軽に行ける場所てないからこそ、楽しく読める記事です。ありがとうございます。

  2. アバター Ya_ji310 さん

    なんとなくトンネルに興味があったので見てみました。最初はただただ読んでいるだけでしたが,読んでいくうちに奥が深いトンネルの魅力に引き込まれていきました。いつも何気なく通っている「トンネル」に,こんなにも奥深い歴史があるなんて,思いもしませんでした。
    私も,実際にいくつかのトンネルに出かけてみたいと思います。とても勉強になりました。

  3. アバター めたぼ さん

    へつり道についてはじめてしりました。今は使われてない道やトンネルにも歴史があることに驚きました。

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第2話「津軽の女はお酒が強いが、美味しい魚とそれに合う酒を知り尽くしているお男には弱い?」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 津軽の女はお酒が強いとよく言われますが、毎日晩酌をしたり、仕…

新橋

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第16回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第7回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

茂浦鉄道 【机上調査編 第4回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き Part.2

【机上調査編 第2回】より、前述の「日本の廃道」では未公開の、完全新規の執筆内容となります。   幻の大陸連絡…

平沼義之(ヨッキれん)

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第1回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

あなたにおすすめの記事
東北のイベント