日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第7回】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/43279586/26933

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!

 このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃廃道歩き 第27回 浪江森林鉄道 真草沢線」を加筆修正したものです。当記事は廃道探索をテーマにしており、不用意に真似をした場合、あなたの生命に危険が及ぶ可能性があります。当記事を参考にあなたが廃道へ赴き、いかなる損害を受けた場合も、作者(マイみちスト)およびみちこ編集室・道の駅連絡会は責を負いません。

 

◆ 8:35 支流の渡河地点 

 

 

 

 起点からおおよそ800m。辺りは森閑とした空気に包まれており、集落や県道がある下界からは、早くも隔絶された雰囲気だ。しかし、かつてはこの足元にある森林鉄道を利用して大勢の作業者が入り、山に賑わいをもたらしていたはずである。

そしてこの直後、私はそんな昔人の息吹を感じる発見を得た。

 

軌道跡は沢の本流に沿って右へ大きく曲がっていた。そこで小さな支流を跨ぐのだが、ここに橋の跡は全く残っていなかった。

 

 

 進行方向が変わり、背中越しに朝日が射し込むようになった。この穏やかな路盤に沿って、僅かな段差を見せているのは、低い石垣だ。増水への備えといったところか。ささやかな発見だが、こういう作り手の道への愛情を感じられる構造物は、私を例外なく喜ばせる。

 

◆ 8:44 対岸に何か見つけたぞ

 

 

 

 路盤は右岸をひた進む。しばらく行くと、対岸に気になるものを見つけた。それは、人工的に均されたとしか思えない、平らな地形だった。いわゆる平場(ひらば)というやつである。画像の二つの赤矢印の位置にあった。

 

 気になったので、飛び石伝いに対岸へ渡ってみた。

 

……(この記事には続きがあります。会員登録で最後までお読みいただけます)

続きは「プレミアム会員登録」で読む事ができます

まいみちプレミアム会員になると、月額194円で全ての記事が読み放題となります。

まいみちプレミアム会員になると有料記事を含むすべての記事が読み放題!

まいみちプレミアム会員は月額194円(税込)です。
まいみちプレミアム会員登録(購読申し込み)方法

amazonpay
paypal
 この記事を書いた「マイみちスト」
ひらぬまよしゆき(よっきれん)
廃道探索とその情報発信を生業にする、日本初のプロ・オブローダー(オブローダーとは廃道探索者)を自称。幼少を過ごした秋田県で廃道探索の面白さに目覚め、東北地方の素朴な道をこよなく愛する。様々な道路の風景の中でも、人の英知と労働が大地を穿つ形となったトンネルが、特に大好き。東京都日野市在住だが、年の半分近くは秋田で生活する。1977年生まれ。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
あなたにおすすめの記事