日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

本記事では、東北各地で今もなお活躍し、或いは役目を終えて静かに眠る、そんな歴史深い隧道(=トンネル)たちを道路愛好家の目線で紹介する。土木技術が今日より遙かに貧弱だった時代から、交通という文明の根本を文字通り日陰に立って支え続けた偉大な功労者の活躍を伝えたい。

第11回 阿仁隧道(三枚通洞)秋田県

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/43279586/26898
東北の忘れられないトンネルたち

季刊誌「おでかけ・みちこ」2019年6月25日号連載記事

 

秋田県北秋田市に、明治時代にダントツ日本一の長さを誇ったトンネルがあった。

それはどんなトンネルだったのか?

 

 この記事を書いた「マイみちスト」
ひらぬまよしゆき(よっきれん)
廃道探索とその情報発信を生業にする、日本初のプロ・オブローダー(オブローダーとは廃道探索者)を自称。幼少を過ごした秋田県で廃道探索の面白さに目覚め、東北地方の素朴な道をこよなく愛する。様々な道路の風景の中でも、人の英知と労働が大地を穿つ形となったトンネルが、特に大好き。東京都日野市在住だが、年の半分近くは秋田で生活する。1977年生まれ。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (8)
  1. アバター かっぱ岩 さん

    6月まで、秋田県水産振興センター内水面試験池に勤めていたので、2年間、105号線を通っていました。かつて2742メートルのトンネルが阿仁にあったと知り、驚きました。
    鷹巣にあるトンネルが3333メートルを考えると、明治時代のこのトンネルは驚異です。

  2. アバター 自由人 さん

    毎回楽しみにしています。昔を偲ぶ。現在の道もまた、過去の物になる日が来るだろうと思わせる。歴史を感じる。

  3. アバター ようこっこ さん

    ほとんどの人が知らないかもしれない日本一が、身近にあるのは、自慢できそうでうれしいです(笑)

  4. アバター じゅんじゅん さん

    東北に住んでいて、知らなかったです!興味が湧きました

  5. アバター フジケン さん

    高速道路で移動していると簡単だが一般道での県境は大変だ一度仙台と山形を一般道笹谷峠で移動したが大変であった
    又防空壕を⛏️で掘った防空壕跡を見学すると苦労がわかる

  6. アバター JJー さん

    毎回この記事を読んでます。近いところだと実際に近くまで行ったりします。なかなか一人では中まで行けないのですが、記事を読んでから行くので、想像力が掻き立てられます。楽しいです。

  7. アバター コロボックル さん

    秋田にこんなに長いトンネルがあったとは驚きました。今も地下に存在しているんですね。

  8. アバター 柳田の滝 さん

    秋田に日本一長いトンネル(今は通ることはできませんが)があったことに驚き、またとても興味深く読み進みました。ロマンを感じました。

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第3話「ワクワクドキドキが止まらない!?思わず誰かに「しゃべりたくなる」酒場!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 青森県・津軽地方で使われている方言「津軽弁」。 県外の方にと…

新橋

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第6回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

焦らずマイペースで・・・【読者プレゼント付き】

そのだ節

こんにちわ~。暑かったり寒かったり雨降ったりなんだか空はご機嫌斜めでしょうか。 西日本の豪雨災害のニュースを何とも言えな…

そのだつくし

盛岡のディープゾーン「桜山」に現れる マニアックな〝アレ〟とは?【前編】

あの人に会いたい【桜山編】

いまや盛岡の風物詩 マニア受けの「あるもの」  岩手県庁の目の前に建つ鳥居をくぐった先にある桜山界隈。間口が狭い飲食店が…

みやけまゆみ

フリーランスになる準備【番外編】/タツノオトシゴハウス【鹿児島・頴娃(えい)町】

旅するデザイナー、北に行く理由。

本日のオフィスはここ。 鹿児島県南九州市の頴娃(えい)町にある、タツノオトシゴハウス。 海越しに見える、雄大な開聞岳。 …

ヨハクデザイン

あなたにおすすめの記事
東北のイベント