日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

第19回 ジャム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/35769824/8269
地場産の果実や野菜などを長く楽しんでほしいから、おいしいジャムに仕立てました。あなたの食卓に、いかがですか?(2017年3月25日号バックナンバー)

「michi-co」2017年3月25日号連載記事

岩手
道の駅とうわ
岩手生まれの東和育ち いま話題の「目の恋人」

アロニアジャム……1,080円

アロニアは、ブルーベリーに似た北米原産の小果樹。ブルーベリーと比べ、アントシアニンやポリフェノールを多く含み、健康にいいとして注目を集めている。特に眼精疲労に効果があるとか。このアロニアジャムは、花巻市東和地区で栽培されたアロニアを使用。パンはもちろん、ヨーグルトにもぴったり。ほどよい甘さなので、毎日でも味わいたいジャムである。

(TEL 0198-42-3006 道の駅とうわ)

 

山形
道の駅尾花沢
夏じゃなくても味わえる 尾花沢産スイカのうまみを凝縮

すいかジャム……540円

山形県の尾花沢といえば……そう、スイカの名産地である。この「すいかジャム」は、地元の加工業者が尾花沢産スイカを使用して作っているもので、スイカの旨味をギュギュッと凝縮した一品。スコーンやトーストにのせてもよし、紅茶に入れてロシアンティーにするもよし。スイカの季節が待ち遠しくなる味わいだ。

(TEL 0237-24-3535 道の駅尾花沢)

 

秋田
道の駅五城目
キイチゴの甘酸っぱさ 華やかな香りが広がります

キイチゴジャム……750円
恋地ベリージャム……1,200円

キイチゴの栽培が盛んな五城目町。甘酸っぱく華やかな香りを活かした、ジャムも多く作られている。季節ごとの旬のキイチゴを使用したジャムのほか、山間の恋地集落で栽培される、紫黒色の夏採りハノーバー種だけを使用した「恋地ベリージャム」も。こちらは、味わいにまろやかな深みがあるプレミアムジャムだ。

(TEL 018-879-8411 道の駅五城目)

 

宮城
道の駅七ヶ宿
七ヶ宿の美しい自然をギュッ! 甘酸っぱい夢、詰めました

つばきジャム……800円
クローバー&かぼちゃジャム……450円
いちご&ブルーベリージャム……450円

地元のお母さんが作る、七ヶ宿の自然をギュッと詰め込んだ味も抜群の美しいジャム。商品は季節によって入れ替わり、春にはヤブツバキの花びらをそのまま生かしたジャム「つばき」や「クローバー」など珍しいものも登場する。屋号「tonttu(トントゥ)」は、クリスマスに活躍すると伝わるフィンランドの妖精のことだそう。夢を運ぶジャム、ぜひお土産に。

(TEL 0224-37-2721 道の駅七ヶ宿)

 

福島
道の駅はなわ
さわやかで甘酸っぱい! 食物繊維が豊富で美肌に!?

ルバーブジャム……450円

見た目がフキに似ているルバーブは、リンゴに似た爽快な酸味と独特の風味が特徴。塙(はなわ)町で栽培したルバーブの茎を材料に、道の駅の加工室で手作りする限定品。砂糖などを加え丁寧に煮詰めたジャムは、甘酸っぱくてジューシー。栄養面でもビタミンC、カルシウム、繊維が豊富で、美肌効果や生活習慣病の予防も期待できる。

(TEL 0247-44-0123 道の駅はなわ)

 

青森
道の駅さんのへ
美しい光沢に思わず見とれる これはまさに食べるジュエリー

神ツ実(ガマズミ)ジャム……510円

深いルビー色に輝くガマズミジャム。“ジョミ”とも呼ばれる三戸町産のガマズミの果汁と砂糖だけを火にかけ、ジャム作りの名人「みらくる本舗」の下遠さんがじっくり煮込んで手作りする。ジョミの実はポリフェノール、ビタミンC、クエン酸などを多く含む注目の果実。爽やかな酸味にプルーンや黒糖を思わせるコク、大人のためのジャムと言いたい。

(TEL 0179-22-0600 道の駅さんのへ)
 この記事を書いた「マイみちスト」
(みちこへんしゅうしつ)
日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」と季刊誌「おでかけ・みちこ」の運営と営業と取材と編集を行っています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第2話「津軽の女はお酒が強いが、美味しい魚とそれに合う酒を知り尽くしているお男には弱い?」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 津軽の女はお酒が強いとよく言われますが、毎日晩酌をしたり、仕…

新橋

盛岡のディープゾーン「桜山」に現れる マニアックな〝アレ〟とは?【前編】

あの人に会いたい【桜山編】

いまや盛岡の風物詩 マニア受けの「あるもの」  岩手県庁の目の前に建つ鳥居をくぐった先にある桜山界隈。間口が狭い飲食店が…

みやけまゆみ

路地裏酒場散歩

第6話 「しみじみ飲みたい…演歌が歌いたくなる酒場」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 突然ですが、失ってから初めて気付くことってありますよね。 こ…

新橋

素のじぶんと漫画家の自分

そのだ節

はいこんにちは!そのだです。 最初に言いますが今回はプレゼントがあります! 後半(有料ゾーンですいません)をご覧ください…

そのだつくし

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(前編)

東北の忘れられないトンネルたち

東北最古級のコンクリート道路トンネルを新発見! 今から10年前。こいつを見つけたときは夕暮れの山中にありったけの歓喜を叫…

平沼義之(ヨッキれん)

あなたにおすすめの記事
東北のイベント