東北をフカボリ!「道の駅」日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」

まいにちみちこ

まいみち編集室
(まいみちへんしゅうしつ)
日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」と季刊誌「michi-co」の運営と営業と取材と編集を行っています。

新そば・手打ちそば・ご当地そば「今こそ東北道の駅そば」

東北の玄そば産地には、打ち立てのそばを出す道の駅がある。そばの薬味やトッピングで、その地の名産を味わえる道の駅がある。秋は、各地で新そばまつりが開かれる絶好の機会。今こそ、そば巡りの旅に出かけよう!
「michi-co」2017年9月25日号特集記事
青森県の道の駅・はしかみには、そばの打ち手が3人いて、それぞれにファンがいるという。写真は若手の土橋さん

 

まるで“そば”のテーマパーク!?

 

「青森県」道の駅・はしかみ

 

“そばりえ”が守りつなぐ門外不出の階上早生

道の駅で旨いそばをいただけるとあっては、そば通でなくても出かけたくなるはず。実は青森県は、全国有数のそば産地。南部地方を中心に各地で味わい深い“地そば”が楽しめるのだが、ここ階上町はちょっと別格だ。階上在来種から生まれたそば「階上早生」は、青森県で唯一の奨励品種。地元有志で構成する階上そば振興委員会「階上そばりえ」のメンバーが、地産地消と石臼挽きの手打ちにこだわって、地域ブランドそばを我が子のように守り続けている。

「階上早生そば」の魅力は、そののど越しと風味。当駅では裏の畑で栽培から手掛け、駅内の工房で毎日そばを打つ。そば打ちの実演を間近に見ながら、自慢のそばがいただけるという趣向だ。隣接する直売所には、そばシフォンケーキや乾麺、そば焼酎などの加工品のほか、打ち立ての生そばも並ぶ。フランスのガレットをアレンジした「そばガレット」は、土・日・祝日限定で提供。500円でそばが振る舞われる人気の「階上早生新そばまつり」は10月21日・22日開催予定だ。

のど越しの良さを重視して、二八そばで提供。大盛りでも1,100円! 甘さを抑えたつゆがいい

 

飲食コーナーの神山さんも階上早生そばを愛する一人。階上早生についていろいろ教えてくれる

 

階上早生そば粉100%のそばガレット(600円)には地物野菜がたっぷり!

 

「お土産にどうぞ」「限定販売の階上早生そばプレミアムシフォン(540円)もどうぞ」とスタッフの軒さん

 

道の駅・はしかみ

  • 所在地:青森県三戸郡階上町大字道仏字耳ヶ吠3-3
  • 電話:0178-88-1800
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 定休日:12月31日〜1月1日
  • ●麺工房(そば打ち実演)/9:00~14:00頃まで
  • ●飲食コーナー(そば・ガレット)/11:00~15:00

※「michi-co」2017年9月25日号掲載時の情報です。ご利用にあたっては事前にお問い合わせ・ご確認をしてください。

 

香り、歯応え、のど越し良し
地元産そば粉使用の手打ちそば

 

「福島県」道の駅・ひらた

 

“ざる”から“種もの”まで 多彩なそばメニューを堪能

自然豊かな高原に広がる平田村では、阿武隈高原の寒暖差のある気候が香り高い玄そばを育んでいる。地元の契約農家が栽培した良質の玄そばは、収穫時の状態を保ちながら冷蔵庫で大切に保管。当駅自慢の手打ちそば処「たけやま」では、それを丁寧に石臼でひき、その日の朝に打ったそばを提供している。基本は、つなぎ粉とそば粉が2対8の割合の江戸流二八そばだが、プラス200円でそば粉だけの十割そばに変更できるので、食べ比べもおすすめ。

「季節によってそば粉の性質が変わるので、水加減が大事。できるだけ熱を加えずに丁寧に仕上げています」と話すのは、そば職人の関根昭一さん。打ちたてのそばはもっちりとした食感で、かむほどに豊かな香りが広がる。サバ節やカツオ節をブレンドしたつゆの香りはさわやかで、うまみがたっぷり。のど越しの良さを堪能できる。

たけやまでは、そば以外にもうどんや丼、カレーなど50種類以上の豊富なメニューを提供する。誕生日の方には天ぷら一品プレゼントなど、独自のサービスも好評だ。

ざるそばと地元産の野菜や山菜、エビなどの揚げたての天ぷらをセットにした店一番の人気メニュー、天ざるそば(870円)

 

毎朝手打ちする石臼挽き地粉100%の手打ちそば。そば職人の関根さんは、うまいそばの追及に余念がない

 

鴨南蛮そば(870円)。だしと鴨肉の豊かな香りが食欲をそそる一杯。鴨肉の濃厚な旨みに長ネギの食感と甘みのアクセント

 

そばの味を引き立てるだしや料理を作り、笑顔でお客様をもてなすのは、駒木根さんたち女性スタッフの皆さん

 

道の駅・ひらた

  • 所在地:福島県石川郡平田村大字上蓬田字横森後160
  • 電話:0247-55-3501
  • 営業時間:手打ちそば処たけやま 11:00~17:00(LO16:30)、直売所9:30~18:00 (土日祝・9:00~)
  • 定休日:1月1日

※「michi-co」2017年9月25日号掲載時の情報です。ご利用にあたっては事前にお問い合わせ・ご確認をしてください。

 

知ってる?知らない?ご当地の人気そば

 

「岩手県」道の駅・遠野風の丘

 

遠野の季節限定の味 幻の薬味・暮坪かぶのそば

柳田國男の『遠野物語』で知られる遠野市。その観光の拠点でもある道の駅・遠野風の丘のレストラン風車では、遠野の伝統野菜・暮坪かぶを薬味として添えた暮坪そばが味わえる。

暮坪かぶとは、遠野市暮坪地域で栽培される辛味のかぶだ。昔は多くの農家で育てていたが、栽培に手間がかかること、輪作ができないことなどから現在、栽培しているのは1軒のみ。その希少性から「幻の薬味」といわれる。

長さ20センチほどの暮坪かぶは、粗めにすりおろして食べると、口の中から鼻腔へとつんとした香りが抜け、舌に残るほどに辛味が強い。そばの甘い風味を際立たせることでは、わさびに引けを取らない。暮坪そばを味わえるのは、7月から11月までと限られているが、この時期の遠野は散策にちょうどよい季節でもある。風景と食を楽しみに出かけてみてはいかが。

暮坪かぶをすりおろした薬味で食べる、暮坪そば(850円)。7~11月の季節限定(要問い合わせ)

 

暮坪かぶは、7月から11月にかけて収穫される。刺身の薬味としても使われる

 

道の駅・遠野風の丘

  • 所在地:岩手県遠野市綾織町新里8-2-1
  • 電話:0198-62-0888
  • 営業時間:ファミリーレストラン風車 11:00〜17:00(LO16:00)
  • 定休日:12月31日~1月1日

※「michi-co」2017年9月25日号掲載時の情報です。ご利用にあたっては事前にお問い合わせ・ご確認をしてください。

 

知ってる?知らない?ご当地の人気そば

 

「山形県」道の駅・河北

 

河北町谷地発祥の名物肉そば

河北町は、世界チャンピオンを2名輩出した卓球の町として知られる。その河北町谷地発祥のご当地グルメといえば、冷たい肉そばだ。つゆは、歯ごたえのある親鶏からとっただしに、かえしを加えたしょうゆベースで、そこに山形産のそば、具材として親鶏とねぎをトッピングしたシンプルな一品。コシのあるそばは、コクがあるのにスッキリとしたつゆと抜群のコンビネーションで、コリコリとした親鶏の食感もたまらない。山形を代表するグルメに成長したのも、納得の味わいだ。

当駅には、この名物そばをアレンジしたメニューも多数。肉そばのたれと親鶏、そしてつなぎの小麦粉の代わりにそば粉を使用した「肉そばピンポンコロッケ」などもぜひお試しあれ!

今や山形を代表する名物グルメとなった、冷たい肉そば(700円)。温かい麺に変更することもできる

 

卓球のラージボールほどの大きさ! 肉そばピンポンコロッケ(1個70円)

 

道の駅・河北

  • 所在地:山形県西村山郡河北町谷地真木335-1
  • 電話:0237-72-2870
  • 営業時間:みはらし食堂 10:30~15:00(土日祝・10:30~18:00)
  • 定休日:無休

※「michi-co」2017年9月25日号掲載時の情報です。ご利用にあたっては事前にお問い合わせ・ご確認をしてください。

 

知ってる?知らない?ご当地の人気そば

 

「宮城県」道の駅・あ・ら・伊達な道の駅

 

「宮城県」道の駅・あ・ら・伊達な道の駅

今年4月に駐車場をリニューアルし収容力が大幅にアップ。ますます利用しやすくなった大人気の、あ・ら・伊達な道の駅。朝からひっきりなしの来客でにぎわう当駅の道の駅カフェは、「早くてうまくて、安い」と評判だ。名物は、地元名産・岩出山納豆を野菜かき揚げとともにトッピングした「かき揚げ納豆そば」(530円)。

「そばに納豆!?」と一瞬たじろぐが、恐れるなかれ。甘めのつゆとサクサクのかき揚げ、のど越しのいいそばとの相性は絶妙だ。かき混ぜると、放たれた納豆がつゆの風味に深みを与え、納豆そのものも大豆本来の味わいが際立つ。後味も心地よく、クセになりそう。

もっと食べたい人は、岩出山産ヒトメボレの手作りおにぎり各種(各100円)をあわせ大満足!

食べ進めるとかき揚げにつゆが浸み、かき揚げの食感やつゆの味わいが変化するのもお楽しみ

 

おにぎりはドライブのお供にも

 

道の駅・あ・ら・伊達な道の駅

  • 所在地:宮城県大崎市岩出山池月字下宮道下4-1
  • 電話:0229-73-2236
  • 営業時間:道の駅カフェ 8:45~18:00(LO17:30)
  • 定休日:無休

※「michi-co」2017年9月25日号掲載時の情報です。ご利用にあたっては事前にお問い合わせ・ご確認をしてください。

 

奥羽山脈が育んだそばづくしの里

 

「秋田県」道の駅・さんない

 

紅葉を愛でつつ食べたい手打ちそば・いものこ汁

横手市の山内地区は奥羽山脈の山麓に開けた集落だ。冷涼な気候を活かし古くからそばを育ててきた。道の駅・さんないでは、オープン当初から地そばメニューが名物で、今も人気を集めている。

当駅の「御食事処 農香庵」では、挽きたて打ちたて茹でたての手打ちそばが看板メニュー。階上早生という種類の山内産そばを使った十割そばは風味豊かで、自家製のそばつゆとの相性もばっちり。山内のもうひとつの名物・山内いものこ汁とセットになった「満足セット」はお客さんに特に人気だ。地そばと、朝晩の寒暖差が育てた滋味あふれるいものこの両方が味わえるとあって、遠方から食べに来る人も多い。

そばがきを揚げてつゆをはった「揚げ出しそばがき」、おしるこにそばがきが入った「そばがきしるこ」など、そばを使ったサイドメニューも豊富。また、家庭でもこのそばが食べられるようにと、3食分の十割そばとつゆがセットになった「お持ち帰り用」もある。

そばの里・山内で手打ちそばを楽しみ、奥羽山脈の紅葉を愛でながらのドライブも楽しみたい。

十割そばといものこ汁がセットになった「満足セット」(1,090円)。山内の恵みを堪能できる

 

農香庵では手打ちそばを揚げた素朴なおやつ、そばせんべい(100円)も販売している

 

そばがきを丸め、白玉に見立てた、そばがきしるこ(240円)。もっちりとした食感が楽しめる

 

道の駅の惣菜コーナーの冷蔵ケースには、地元の特産物を使用した手作りの惣菜が並ぶ。揚げ出しそばがき(1個190円)は、つゆも付いているから手軽に食べることができる

 

「山内のそばは香りもコシもあっておいしいです。多くの人に食べてもらいたい」と、毎日そばを打つ

 

道の駅・さんない

  • 所在地:秋田県横手市山内土渕字小目倉沢34
  • 電話:0182-56-1600
  • 営業時間:御食事処 農香庵 11:00~19:00(LO18:00)※4月~10月の土日祝は、20:00まで営業(LO19:00)
  • 定休日:不定休

※「michi-co」2017年9月25日号掲載時の情報です。ご利用にあたっては事前にお問い合わせ・ご確認をしてください。