東北をフカボリ!「道の駅」日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」

まいにちみちこ

まいみち編集室
(まいみちへんしゅうしつ)
日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」と季刊誌「michi-co」の運営と営業と取材と編集を行っています。

高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」を実施

道路を利用する皆さまへ、まいみち編集室からさまざまな情報をお届けする「まいみち編集室だより」。道路に関するお知らせや地域情報など編集室スタッフが厳選した内容をお届けいたします。
連載:まいみち編集室だより

国土交通省の2017年9月26日の発表です。

「高速道路外の休憩施設等への一時退出を可能とする実験を、前後の休憩施設間が概ね25km以上、かつICからの距離が概ね1.0km以内の道の駅17箇所について、高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」を実施する」とのことです。

<実験概要>

ETC2.0搭載車を対象に、高速道路を降りて道の駅に立ち寄り後、1時間以内に再進入した場合※1には、降りずに利用した料金のままとする(ターミナルチャージ※2の再徴収をせず、長距離逓減※3等も継続)(※1順方向に向かう場合のみ ※2利用1回あたりの料金(高速自動車国道のみ) ※3一定距離を連続して利用した場合の料金割引措置)
※詳しくは下の「国土交通省 ニュースリリース」をご覧ください。

国土交通省 ニュースリリース

東北の道の駅では、

  • おりつめ(岩手県九戸郡九戸村 八戸線「九戸IC」から)
  • 村田(宮城県柴田郡村田町 東北道「村田IC」から)
  • 猪苗代(福島県耶麻郡猪苗代町 磐越道「猪苗代磐梯高原IC」から)

の3箇所が対象となっています。実施の開始時期はまた別にお知らせがあるようです。

この機能を使用するためには、ETCが「ETC2.0」になっている必要があります。
従来のETCではこのサービスを受けることはできませんので注意が必要です。

この情報で初めてETC2.0を知った私ですが、情報提供サービスや渋滞回避支援など従来のETCより便利な機能が増えています。これを機会にETC2.0へグレードアップするのもいいですね!
※ETC2.0の詳しい情報は、「ETC総合情報ポータルサイト Go!ETC」をご覧ください。

関連する記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事