日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

秋田「道の駅」連絡会プレゼンツ!旬の道の駅情報を手に入れよう!(本企画は、秋田県内33カ所の道の駅から構成される【秋田「道の駅」連絡会】の企画・制作により掲載しております)

第3回 春編(2020年)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/35769824/29226

「おでかけ・みちこ」2020年3月25日掲載記事

春爛漫の気分に誘われて
芽吹きを感じるドライブに出かけよう

北国の春は雪解け、そして桜を皮切りに始まります。芽吹き、新緑へつながるダイナミックな季節は、北国ならではの楽しみです。
 秋田県の観桜会は、にかほ市の勢至(せいし)公園から、本州で最も遅い由利本荘市の黄桜までの約1ヵ月半ほど続きます。有名な仙北市角館の武家屋敷通りと桧木内川の桜や、菜の花と桜が共演する大潟村の菜の花ロードなど見所たっぷり。
 ゴールデンウィーク以降には、山の恵み・山菜も充実します。ドライブ先で舌鼓を打つもよし、購入して食卓に乗せるもよし。五感を使って、春を満喫できる、またとない季節です。

秋田県内の観桜会は、にかほ市の勢至公園から始まる。残雪の鳥海山との景色の調和が見事。
「道の駅」の産直でも人気が高い山菜もドライブの楽しみの一つ。


秋田犬に会える場所

かわいい秋田犬に会いに行こう!

 秋田県内には秋田犬と触れ合える場所があります。ドライブの途中に立ち寄り、癒されましょう。[秋田市]秋田犬ステーション、秋田犬ふれあい処in千秋公園 [大館市]秋田犬会館 [横手市]秋田ふるさと村 [仙北市]角館さとくガーデン、ほか

 おすすめの温泉郷は乳頭や田沢湖、八幡平、秋ノ宮、皆瀬など。一泊して雪見温泉を満喫して、身も心もほっこりと温まるのも冬ならではの醍醐味。


「道の駅」スタッフがナビゲート

01

道の駅 やたて峠

地元の人も通う名湯と大館名物満載

青森県との県境の矢立峠にある「道の駅」は、源泉掛け流しの天然温泉で人気。天然秋田杉使用の樽風呂を2018年に増設しました。露天風呂からの景色は最高です。ドライブ途中のひと休みには、濃厚な風味がクセになるソフトクリームもおすすめ。ハマる人続出の人気の商品です。

枝豆塩あめ 330円。
当駅限定の新商品。昔ながらの真空直火炊き上げ加工で、枝豆の風味が広がります。
わっぱ飯定食 1,100円。
比内地鶏の炊き込みご飯と季節の山菜、稲庭うどんが楽しめます。

 

 

02

道の駅 ひない

のどかな雰囲気の比内地鶏の里

のどかな田園風景の中にある「道の駅」は、春先は田植えの光景が楽しめ、レストランでは特産の比内地鶏を使った料理が人気を集めています。注目はリニューアルした鶏チャーシュー使用の比内地鶏ラーメン屋比内地鶏チャーシュー麺など。秘伝の味を楽しんでください。

比内地鶏親子丼 890円。
比内地鶏のもも肉、胸肉、卵を使用。レストラン人気ナンバーワン。
真空とんぶり(70g) 180円。
比内地区特産の「とんぶり(=箒の実)」を手軽に食卓へ

 

 

03

道の駅 みねはま

メイドイン八峰町の特産品に注目

産直施設「おらほの館」では、地元で収穫した新鮮で安い野菜、果物、花などが充実しています。健康志向の高い人が注目するのは、八峰町で栽培されている生薬、キキョウやカミツレなどを使った商品。ノンカフェインの「桔梗と玄米のコーヒー」はお土産にもおすすめです。

はっぽう美人オイル 2,200円。
話題のオメガ3脂肪酸そのもののエゴマ油。八峰町産100%です。
桔梗と玄米のコーヒー 250円(1個)。
八峰町特産のあきたこまち玄米と生薬のキキョウ根を使用。

 

 

04

道の駅 おおがた

菜の花と桜を見に来てください

春の大潟村の人気スポットは桜と菜の花ロード。菜の花の黄色、桜のピンクと真っ青な空の三色のコントラストが最高です。「道の駅」では地場産の野菜や手づくり加工品を主に、県内の銘菓など土産品が充実。独自製法で炒った地場産有機米の米ぬかと生乳使用の米ぬかソフトもぜひ。

黄大豆みそラーメン 650円。
大潟村産黄大豆味噌を使用した一品。レストランで一番人気のメニューです。
米ぬかソフト 350円
独特の香ばしさがいいご当地ソフト。栄養価にも非常に優れています。

 

 

05

道の駅 あきた港

秋田港にそびえ立つ展望台が見事!

屋内公園セリオンリスタでは、梅・桜・桃などの花々が見頃を迎えます。また、冬季休業中だったババヘラソフトが4月中旬より営業再開予定。秋田名物ババヘラアイスをソフトクリームにした、ここでしか食べられない一品をぜひお召し上がりください。

セリオン飯 1,080円。
カキフライと特製香草パン粉をまとったエビフライがそびえ立つ贅沢ご飯。
ババヘラソフト 300円
名物のババヘラがソフトクリームに!季節限定販売です。

 

 

06

道の駅 美郷

美郷の特産品満載の「道の駅」

季節感たっぷりの切花や地元産イチゴをはじめとした新鮮食材が豊富に揃っています。レストランでは、美味しい美郷米を使った「美郷まんま」が人気です。地サイダーとして人気のニテコサイダーに「はちみつ」が新登場。数量限定の「巨峰」とともに注目を集めています。

ニテコサイダー 155円~
美郷町六郷の湧水で作られた地サイダー。ラベル一新で5種類登場。
美郷セット 880円
美郷町のB級グルメの「美郷たぬ中」と「美郷まんま(ハーフ丼)」がセットで登場

 

 

07

道の駅 おがち

お腹を満たす、グルメなスポット

秋田県最南端に位置する「道の駅」。平安の女流歌人・小野小町の生誕の地であることから、小町の郷と名付けられました。2Fの「レストラン二ツ森」は地元食材を使った和洋食や麺類、丼物などが充実。休憩時には、軽食やジェラートが楽しめる「こまちカフェ ボスコ」で。

三梨牛焼肉定食 1,500円
湯沢市三梨町で育てられた最高級黒毛和牛・三梨牛がお手ごろ価格で食べられます。
比内地鶏塩ラーメン 750円
比内地鶏の鶏ガラから丁寧にとったスープが自慢。大人気です。

 

 

08

道の駅 清水の里・鳥海郷

鳥海山の豊かな山の幸が満載

秋田土産のほか、地元産の農産物や漬物・米加工品・松皮餅・山菜などが充実した「道の駅」。山菜を買い求めるなら是非、直売所ほっとらいん鳥海へ。4月中旬から「ふきのとう」「こごみ」「さしぼ(イタドリの芽)」をはじめ良質でレアな山菜が盛りだくさんです。

鳥海ダムカレー 820円
建設予定の鳥海ダムにちなんだ「ダムカレー」。マニアにおすすめです。
山菜各種
鳥海山の恵みが充実。この季節を待ちわびて来店する常連さん多数。

 

※表記価格は税込み。

 この記事を書いた「マイみちスト」
(みちこへんしゅうしつ)
日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」と季刊誌「おでかけ・みちこ」の運営と営業と取材と編集を行っています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (5)
  1. アバター ぱんだ さん

    魅力いっぱいの秋田県、以前旅行した時に購入した曲げわっぱをランチで見るたびにまた行きたいなあ〜と思います。大曲の花火大会、綺麗だったなあ。

  2. アバター とらちゃん さん

    東北が大好き!夏に秋田に行こうと思ってるので、とっても参考になりました
    秋田犬に会いたい!おいしい食べ物いろいろ食べたいです!

  3. アバター 伊達くん さん

    毎年、春になると田沢湖のハーブガーデンで山菜のてんぷらを食べるのが楽しみでした。
    今年はこういう状況なので、行けませんでしたが、早く例年通りの秋田に戻って欲しいと思っています。。

  4. アバター ゆかゆか さん

    まだまだ行ったことない道の駅がたくさんあり、食べ物も美味しそうなので是非ドライブがてらに行きたくなりました!

  5. アバター tono さん

    山菜も食事も美味しくて、楽しいドライブになりました。

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

盛岡のディープゾーン「桜山」に現れる マニアックな〝アレ〟とは?【前編】

あの人に会いたい【桜山編】

いまや盛岡の風物詩 マニア受けの「あるもの」  岩手県庁の目の前に建つ鳥居をくぐった先にある桜山界隈。間口が狭い飲食店が…

みやけまゆみ

岩手美少女戦士イワティ5【第一話 滴の巻】

岩手美少女戦士 イワテイ5

ごめん!忙しかった!   みなさんこんにちは!そのだつくしです 先月に挙げたプロローグはいかがでしたでしょうか…

そのだつくし

茂浦鉄道 【第8回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き Part.2

幻の大陸連絡港と運命を共にした、小さな未成線   所在地 青森県東津軽郡平内町 探索日 2010/6/6 &n…

平沼義之(ヨッキれん)

山の麓の赤い屋根「モカモアコーヒー」大和町【第1回】

ここでカフェを営む理由

七ツ森。 口に出すと語感も愛らしいネーミング。 ポコン、ポコンと7つ並んだ山の総称で、宮城県大和町にあります。 その麓、…

鶴岡彩

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第7回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

あなたにおすすめの記事
東北のイベント