日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

特定非営利活動法人「東北みち会議」執筆による。東北各地の街道団体との連携や、地域づくりグループとの交流を強めるとともに、東北150ヵ所を越える道の駅の発展に貢献できる、「みち」のパートナーシップ形成を目指す。

第27回奥州街道(松前道)青森から三厩まで 青森県

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/35769824/24793

「おでかけ・みちこ」2018年12月25日掲載記事

蝦夷地へ続く最果ての道

三厩の義経寺から見た三厩漁港(外ヶ浜町三厩)

北海道の命名者

明治になるまで、「蝦夷(えぞ)島」や「蝦夷地」と呼ばれていた津軽海峡より北の地域が、「北海道」と命名されてから今年(平成30年)で150年になる。その命名者が北方探検家の松浦武四郎だ。

武四郎は文化15年(1818)、伊勢国一志郡須川村(現三重県松阪市)に生まれた。江戸に出て篆刻(てんこく)を習い、その稼ぎをもとにして各地を旅する生涯だった。西日本にも足を延ばしたが、多くは蝦夷地で過ごすことになる。

初めて蝦夷地に向かったのは弘化元年(1844)のこと。当時の蝦夷地にはロシアをはじめとした外国船が出没し、武四郎はそのような土地に関心を抱き、自分の目と足で確かめたいと考えた。健脚だったため何度も蝦夷地を探検し、北方四島や樺太まで足を延ばしている。

その後、幕府の「東西蝦夷山川地理取調御用」に任じられ、その業務は「取調日誌」と「取調地図」という膨大な成果につながった。その一方で、松前藩のアイヌ政策に対して批判的で、安政6年(1859)に病気を理由に職を辞している。

慶応4年(明治元年・1868)に箱館府権判事(ごんはんじ)となり、明治2年、開拓使の判官となった。その年に開拓使から蝦夷地の新名称を託され、六つの候補から「北加伊道」が選ばれ、のちに「北海道」と決められた。

羽州街道・松前街道合流之地碑
「田酒」醸造元の西田酒蔵店前に立つ(青森市油川)
平舘の松並木
街道跡の両側に、樹齢約300年の黒松が400本以上残されている(外ヶ浜町平舘)
平舘台場跡
松並木に隣接し、北方警備のために築かれた台場の跡が残っている(外ヶ浜町平舘)
赤根沢の赤岩
ベンガラが取れる第二酸化鉄の岩。
かつて日光東照宮の塗料として使われた(外ヶ浜町平舘)

奥州街道最北の地

江戸の日本橋から北に向かう奥州街道。宇都宮までは日光街道とルートが重なっていて、その先からが奥州街道となる。幕府が直接管理する奥州街道は今の福島県白河市まで。その先は、各藩が管理する街道で、「仙台道」「南部道」「松前道」などさまざまな名前で呼ばれていたが、今では青森県外ヶ浜町の三厩(みんまや)までの道を通して奥州街道としている。

蝦夷地を目指す旅人には欠かせない街道だったため、多くの文人墨客の記録に登場するが、街道沿いの寂しい村々の様子や飢饉の話が多い。現在の青森市油川で羽州街道が合流するが、その後は大きな脇街道や宿場もなく、ひたすら陸奥湾西岸の波打ち際を進むルートだった。義経の渡海伝説がある三厩で街道は終わりをつげ、その先は船で津軽海峡を渡って松前城下に向かうことになる。

 

松前藩の参勤交代路

この道を使って松前藩は参勤交代を行ったが、江戸からはるか遠方のうえ、船で津軽海峡を渡らなければならず、さらに北方警備の重要性から三年一勤という特別扱いを得ていた。三厩、平舘(たいらだて)、油川、その先に本陣を置き、松前公一行の便に供していた。

青森から先の陸奥湾西岸は外ヶ浜と呼ばれ、この地域に住む村人は少なかったが、海産物の収穫と加工は盛んだった。ナマコを干した煎海鼠(いりこ)、干しアワビ、昆布、カタクチイワシの焼き干し、干した貝柱、マダラなどが弘前藩や幕府に献上され、その一部は長崎まで運ばれて中国に輸出された。その伝統は今も生きていて、地域は海産物の宝庫となっている。

いんくぐり
「戌(いぬ)くぐり」から転じた。一説には吉田松陰が通ったので「松陰くぐり」ともされている(今別町大泊)
貞伝上人の青銅塔
婆貞伝上人は、昆布胞子を付着させた石を海中に投じる昆布養殖の先覚者。本覚寺に立つ
(今別町今別)
義経寺の三十三観音像
義経寺(ぎけいじ)は船乗りの信仰を集め、この石像は北前船関連の豪商に寄贈されたもの
(外ヶ浜町三厩)

【街道周辺の道の駅】
道の駅みんまや(青森県外ヶ浜町)、道の駅いまべつ(青森県今別町)、道の駅たいらだて(青森県外ヶ浜町)、道の駅浅虫温泉(青森県青森市)、道の駅こどまり(青森県中泊町)、道の駅なみおか(青森県青森市)

 


街道コラム

イワシの焼き干し

この地域の特産の一つに焼き干しがある。魚の身に油が少ない秋、とれたばかりのカタクチイワシの頭とはらわたを丁寧に取り除いて乾燥させ、20~30匹程度を竹串にさして炭火でじっくり焼き干しにする。焼き干しからは極上の出汁が取れ、高値で取引される。産地は外ヶ浜町平舘と、平舘海峡をはさんだ対岸のむつ市脇野沢の九艘泊(くそうどまり)が中心となっている。

 この記事を書いた「マイみちスト」
(みちこへんしゅうしつ)
日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」と季刊誌「おでかけ・みちこ」の運営と営業と取材と編集を行っています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Comment (1)
  1. アバター 武ちゃんまん さん

    今から15年も前になりますが、津軽半島一周の旅をした時に、この蝦夷地へ続く最果ての道を通って三厩まで、行ってきました。ですので、この文献を読んで大変懐かしく思いました。龍飛崎からの日本海の眺めは素晴らしかったですし、竜飛海底トンネルにも入ってきました。それと面白かったのが車も走れない階段国道でした。

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第11話 「今宵はゆっくり、こそっと…バル飲みを。」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 今日は嬉しいことがあったから飲もう! 今日は悲しいことがあっ…

新橋

盛岡のディープゾーン「桜山」に現れる マニアックな〝アレ〟とは? 【後編】

あの人に会いたい【桜山編】

何十年と続く居酒屋や若い人が集まる雑貨店が軒を並べ、路地では猫が日向ぼっこ。桜山界隈の魅力はなんといっても、歩いて楽しい…

みやけまゆみ

ヨメトメ!

【3 vs 小姑】

ヨメトメ!

「ありがたきもの、姑に思はるる嫁の君」と平安時代の随筆・枕草子にもあるように、今も昔も嫁姑問題は古くて新しい、そして遠く…

伊藤海歩

おなじみの魚が、あっちにもこっちにも!“むつ湾の海”を展示する「浅虫水族館」のチャレンジ

浅虫水族館で話題の長さ15mのトンネル水槽。ここではむつ湾で暮らす魚たちの生態を、身近で垣間見ることができます。そこで暮…

かどやじゅんこ

路地裏酒場散歩

第2話「津軽の女はお酒が強いが、美味しい魚とそれに合う酒を知り尽くしているお男には弱い?」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 津軽の女はお酒が強いとよく言われますが、毎日晩酌をしたり、仕…

新橋

あなたにおすすめの記事
東北のイベント