日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

料理が楽しくなる椀【岩手・洋野町/道の駅おおの】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/35769824/23719

「おでかけ・みちこ」2018年9月25日掲載記事

 

料理が楽しくなる椀

地元の栃や南部赤松でつくられた食器。
手前から中椀(クリア色・118mm・3,780円)、一芸箸・小(22cm・1,058円)、小鉢・小(90mm・1,728円)、中椀(古代色・118mm・3,780円)、丸皿(180mm・2,376円)。塗り直しなどの修理も行っている

 

 旅先ですてきな食器を見つけても、荷物になるからと買うのを躊躇するのだが、どうしても持ち帰りたい食器に出会った。それが、道の駅おおのにある「大野木工」の椀である。惹かれたのは、天然木ならではの木目の美しさ。なだらかな線を描くまさ目、複雑な銘木型と模様はさまざまで、持つと軽く、手触りも柔らかい。大野木工は南部赤松をメインとした、岩手県産の栃とちやセン、クルミなどを素材とし、塗装にプレポリマー処理をしているため、耐久性や耐熱性に優れているところも気に入ったポイントだ。

 まさ目にするか銘木型にするかと悩んで選んだのが写真の椀。味噌汁はもちろん、お吸い物やミネストローネにもよさそう。今夜からの食卓を想像するとワクワクしてくる。早く家に帰ろう。

道の駅おおのにある大野木工の工房。ひとつずつ手づくりで、
器の裏に製作した職人の焼印が押されている

道の駅おおの

岩手県九戸郡洋野町大野58-12-30
TEL 0194-77-3202
営業時間/9:00~17:00
定休日/12月31日・1月1日

 この記事を書いた「マイみちスト」
(みちこへんしゅうしつ)
日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」と季刊誌「おでかけ・みちこ」の運営と営業と取材と編集を行っています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

悪口も言われてなんぼの商売だ

そのだ節

またまたご無沙汰してます!そのだつくしです。 忙しいのか暇なのか相変わらずよくわかりませんが 「多動」の二文字が一番しっ…

そのだつくし

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(前編)

東北の忘れられないトンネルたち

東北最古級のコンクリート道路トンネルを新発見! 今から10年前。こいつを見つけたときは夕暮れの山中にありったけの歓喜を叫…

平沼義之(ヨッキれん)

絶景・川ドライブの休憩スポット「cawa cafe(カワ・カフェ)」宮城県・丸森町【第3回】

ここでカフェを営む理由

福島から宮城、239kmにもわたって滔々と流れる阿武隈川(あぶくまがわ)。 豊かな自然に包まれた大らかな流れが見る人の心…

鶴岡彩

山の麓の赤い屋根「モカモアコーヒー」大和町【第1回】

ここでカフェを営む理由

七ツ森。 口に出すと語感も愛らしいネーミング。 ポコン、ポコンと7つ並んだ山の総称で、宮城県大和町にあります。 その麓、…

鶴岡彩

路地裏酒場散歩

第9話 「うまい!安い!今宵は中国料理で舌鼓」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 2019年! 私・新橋(しんばし)…今年は年女なので猪突猛進…

新橋

あなたにおすすめの記事
東北のイベント