日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

料理が楽しくなる椀【岩手・洋野町/道の駅おおの】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/35769824/23719

「おでかけ・みちこ」2018年9月25日掲載記事

 

料理が楽しくなる椀

地元の栃や南部赤松でつくられた食器。
手前から中椀(クリア色・118mm・3,780円)、一芸箸・小(22cm・1,058円)、小鉢・小(90mm・1,728円)、中椀(古代色・118mm・3,780円)、丸皿(180mm・2,376円)。塗り直しなどの修理も行っている

 

 旅先ですてきな食器を見つけても、荷物になるからと買うのを躊躇するのだが、どうしても持ち帰りたい食器に出会った。それが、道の駅おおのにある「大野木工」の椀である。惹かれたのは、天然木ならではの木目の美しさ。なだらかな線を描くまさ目、複雑な銘木型と模様はさまざまで、持つと軽く、手触りも柔らかい。大野木工は南部赤松をメインとした、岩手県産の栃とちやセン、クルミなどを素材とし、塗装にプレポリマー処理をしているため、耐久性や耐熱性に優れているところも気に入ったポイントだ。

 まさ目にするか銘木型にするかと悩んで選んだのが写真の椀。味噌汁はもちろん、お吸い物やミネストローネにもよさそう。今夜からの食卓を想像するとワクワクしてくる。早く家に帰ろう。

道の駅おおのにある大野木工の工房。ひとつずつ手づくりで、
器の裏に製作した職人の焼印が押されている

道の駅おおの

岩手県九戸郡洋野町大野58-12-30
TEL 0194-77-3202
営業時間/9:00~17:00
定休日/12月31日・1月1日

 この記事を書いた「マイみちスト」
(みちこへんしゅうしつ)
日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」と季刊誌「おでかけ・みちこ」の運営と営業と取材と編集を行っています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第3話「ワクワクドキドキが止まらない!?思わず誰かに「しゃべりたくなる」酒場!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 青森県・津軽地方で使われている方言「津軽弁」。 県外の方にと…

新橋

第2回:プレミアムなハンバーガーはいかが? 〜ユイットデュボワ 八幡崎店〜 前編

ぐるっと青森おでかけ日記

みなさん、こんにちは。 青森県内をあちこちおでかけしまくっている 母と娘の二人組「ハハトコ探検隊」です。 今回は、記念す…

ハハトコ探検隊

盛岡のディープゾーン「桜山」に現れる マニアックな〝アレ〟とは?【前編】

あの人に会いたい【桜山編】

いまや盛岡の風物詩 マニア受けの「あるもの」  岩手県庁の目の前に建つ鳥居をくぐった先にある桜山界隈。間口が狭い飲食店が…

みやけまゆみ

女優デビュー?いや、男優?パワーストーンに見せられた不思議な夢とは??

そのだ節

忙しくてさぼってってすいません ご存知の方もおられるかとおもいますが、最近週三回お稽古しております 盛岡文士劇!江釣子源…

そのだつくし

ヨメトメ!

【3 vs 小姑】

ヨメトメ!

「ありがたきもの、姑に思はるる嫁の君」と平安時代の随筆・枕草子にもあるように、今も昔も嫁姑問題は古くて新しい、そして遠く…

伊藤海歩

あなたにおすすめの記事
東北のイベント