日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

東北の、巡礼地とその場所にまつわる千年先まで語り継ぎたい物語を紹介します。

被災した沿岸部に忽然と残る4階建て校舎~仙台市立荒浜小学校(震災遺構)~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/35769824/13929

【宮城県仙台市若林区荒浜字新堀端32-1】

 

仙台市の沿岸部の道路を走行すると、荒涼とした中に忽然と残る4階建て校舎が見えてきます。

この荒浜小学校は海岸から700メートル内陸部に位置します。東日本大震災当日、児童や教職員、近隣住民合わせて320名が学校へ避難しました。4階建て校舎は津波が2階まで到達。当日夕刻からほぼ1日がかりでヘリコプターで救助されたが、周辺では多数の犠牲者が出ました。

2017年4月仙台市では、被災した校舎のありのままの姿と被災直後の写真展示等により、来館者に津波の威力や脅威を実感し、防災・減災の意識を高める場とすることを目的に、本校舎を震災遺構として公開しました。

バスや車を利用して視察する人々のために駐車場も整備され、外国人が訪れる光景も見られます。

また小学校より貞山運河を越えての海岸は、かつて深沼海水浴場として市民に親しまれたが、今は「荒浜祈りの塔」として慰霊碑(犠牲者190名の名前が刻まれる)、木製の慰霊之碑、約9mの「荒浜慈聖観音像」が建っています。また近くには鎮魂モニュメントとして「荒浜記憶の鐘」も設置されています。

荒浜祈りの塔

巡礼地と千年物語を募集中!

巡礼地とその場所にまつわる千年先まで
語り継ぎたい物語を募集しています。
一般社団法人東北お遍路プロジェクト
http://tohoku-ohenro.jp/

 この記事を書いた「マイみちスト」
(みちこへんしゅうしつ)
日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」と季刊誌「おでかけ・みちこ」の運営と営業と取材と編集を行っています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
プレミアム記事
この連載を読む
あなたにおすすめの記事
東北のイベント