日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

あちこちおでかけしまくって知った遊べるスポットや価値ある情報を配信。イラストとエッセイで綴る探検記で、おすすめスポット紹介や子育ての悩みや喜びを皆さんと共有できたらいいなぁと日々奮闘しています。

第9回:青森県をいただきます!?  売り切れ必至のレアなお皿でティータイム。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/32817465/26723

みなさん、こんにちは。
青森県内をあちこちおでかけしまくっている
母と娘の二人組「ハハトコ探検隊」です。

先日、私たちふたりは
レアなお皿を使ったケーキセットで
楽しいティータイムを過ごしてきました。

「レアなお皿って何?」と思ったみなさん。

見てくださいよ〜、この写真!

気づきましたか?
気づきましたね??

そうです。
ケーキのお皿が青森県の形をしているんです!

この丸っこいフォルム、なんとも愛らしいじゃないですか♡♡
深みのある色合いもとっても素敵でしょ?

このお皿、実は津軽金山焼のものなんです。

どっしりとした重厚感と独特な風合いが魅力の津軽金山焼。
焼き締めという手法で生み出される器や花器は、
赤茶色、灰色、青色などが複雑に混じり合い
豊かな表情を見せてくれます。

以前から津軽金山焼のことは知っていましたが、
まだ窯元を訪れたことはなかった私。
先月、テレビニュースで青森県皿のケーキセットが
紹介されていたのを目にし、釘付けに!
どぉ〜しても実物に会いたくて、窯元のある五所川原市へ向かいました。

 

お目当ての青森県皿を使ったケーキセットは、
津軽金山焼の敷地内にある「れすとらん山の風」さんで提供されています。

「フリフリ林檎のレアチーズ」と名付けられたケーキセットは
ドリンク付きで500円と、お手頃価格。
気軽なティータイムにピッタリです。

ワクワクしながら青森県皿の登場を待っていると…きたー!
ケーキをのせて登場したその姿に、
思わず「かわいい!」と声が出てしまいました。

金山焼の深い色みが、レアチーズの淡いクリーム色を引き立てます。

レアチーズには紅玉のりんごチップが添えられていて、
フリフリして食べると、ふんわりやさしい甘さのレアチーズに
キュンとした紅玉の甘酸っぱさが加わって、いいアクセント。
サクッ、カリッとした食感も楽しいですよ♪

「フリフリ林檎のレアチーズ」は、
土日のみの販売で、一日12ピース限定。
気になった方は、ぜひご予約の上、おでかけしてみてくださいね。

…って、えっ?
「ケーキも気になるけど、青森県皿も気になるよ!」ですって?

そうですよね、そうですよね♪
そう思った方に朗報です。

青森県皿は、敷地内にあるギャラリーで
手に入れることができるんです!

ケーキセットに使われている大きめサイズのものが1,500円、
小さめサイズのものは700円で販売されています。

が!!!

展示すると、すぐ売り切れてしまうそう。
新作にしてすでに人気商品なんですね!

ひとつひとつ焼き上がりの色が異なる、津軽金山焼。
ぜひギャラリーで手にとって
自分だけのお気に入りをさがしてみてくださいね。

 

さて。
ずっと会いたかった青森県皿を前に顔がゆるみっぱなしの私の隣りでは、
娘がご機嫌でソフトクリームを食べています。

「れすとらん山の風」さんではソフトクリームも人気なのだそう。
コーヒーパウダー、チョコスプレー、イチゴジャムの3種類から
トッピングを選ぶことができます。

一番人気はコーヒーパウダー。
コーヒー豆をくだいて作ったパウダーを
ソフトクリームにふりかけて食べると、
コリコリとしたナッツのような食感が楽しめます。

スタッフさんから「一番人気はコーヒーパウダー」と聞きながらも、
娘が選んだのはチョコスプレー。
うん、やっぱり小さい子にはコーヒーよりもチョコが似合うね(笑)。

そして!これも楽しみにしていたんです。
手作りピザ体験!

「れすとらん山の風」さんのことを調べていたら
ピザの手作り体験もできることがわかり、
青森県皿のケーキセットと一緒に予約しておいたのです。

お店のメニューにもおいしそうなピザがたくさんあるけれど、
自分たちで作ったら、もっと楽しい&おいしいはず!
なんでも体験したがりのハハトコも、ピザ作りに挑戦です。

まずはトッピングを選びます。
トッピングは全部で13種類。
トマト、ピーマン、ベーコン、ウインナーなどの定番のものに
最近、キムチが仲間入りしたそうです。(本場韓国のキムチ!)

レストランのスタッフさんと、金山焼の職人さんたちからは
キムチを推す声が上がっていました。
キムチ&チーズ…うん、間違いない!

ちなみに、娘が選んだのは
コーン、もち、いも、サラミの4種類。
ボリュームたっぷりのピザになりそうです(*^-^*)

トッピングが決まったところで、いよいよピザ作りスタート!

まずは、生地を両手でやさしく丸めて
めん棒で平たくのばします。

次に、スタッフさんがピザソースを塗ってくれた生地に、
さきほど選んだ具材をトッピング。
おお、予想通り、なかなかのボリューム!

そして、ピザを焼き上げる窯がコチラ。

実はこれ、津軽金山焼の職人さんたちの手作りなんですって!
こういう物まで自分たちで作ることができるなんて…。
さすが物作りのプロフェッショナル集団!

ピザ窯に入れて、待つこと数分。

焼きあがったピザを取り出すと、
チーズのいい香りがそこらじゅうに広がります。
く〜っ、早く食べたいっ!!

初めて見るピザカッターに、おいしさへの期待度MAXの娘。
焼きたてピザ、入刀です(笑)。

窯で焼き上げられたピザは、
生地の底の部分がカリッとしていて中はふっくらやわらか。
熱々のところをハフハフ言いながらほおばると、
口いっぱいにおいしさが広がります。
うう、幸せ…♡

テーブルに置かれている特製にんにくオイルをたら〜り。
ふわっと香るにんにくの風味が加わって、これもまたおいしい!

ピザ作り体験ですが、土日は団体さんの予約が入ったりして
かなり人気がある様子。
平日でも前もって予約しておいたほうが安心、とのことでした。

 

敷地内には金山焼の窯場もあり、
職人さんたちの作業する姿を間近で見学することができます。

「れすとらん山の風」さんで
ゆったりとした時間を過ごしたあとは、
窯場を訪れて津軽金山焼が生み出される場面に
立ち会ってみてはいかがでしょうか。

 

れすとらん山の風(津軽金山焼 敷地内)

〒034-0041 青森県五所川原市大字金山字千代鶴5-79
営業時間 10:00〜16:00(ラストオーダー15:00)
TEL:0173-29-2447 FAX:0173-27-3011

 この記事を書いた「マイみちスト」
(ははとこたんけんたい)
青森県在住。遊べるスポットや価値ある情報を中心に、青森県内をあちこちおでかけしまくっている、イラストレーターの母と娘の二人組。「外の世界を見に行こう!」という母の考えのもと、日々楽しい遊び場を開拓し続けている。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (3)
  1. アバター まりりん さん

    随分前にいったきりでした、アイデアがいいですね、人見知りでうまく発信できない青森もたくさんの人にいいところしってもらいたい!
    都会にくらべればなんもないけどいいところです、春夏秋冬がきちんとわかる、季節によっていろいろ観光あります、遊びに来て

  2. アバター ごろんちょ さん

    ドリンク付きで500円のケーキセットはとてもお安い!
    青森県の形のお皿がとっても可愛くて珍しく、SNS映えしそうだと思いました。
    青森を訪れた時には是非遊びに行ってみたいです!

  3. アバター はなはな さん

    絵がとてもかわいいし、レシピがとてもわかりやすい。
    青森は意外とケーキがいろいろとありますね。
    スイーツのはしごもいいですね。

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
路地裏酒場散歩

第3話「ワクワクドキドキが止まらない!?思わず誰かに「しゃべりたくなる」酒場!」

路地裏酒場散歩

こんばんは。 お酒をこよなく愛するオヤジ女子「新橋です。」 青森県・津軽地方で使われている方言「津軽弁」。 県外の方にと…

新橋

パワースポットでホッと一息 「お寺café 夢想庵」宮城県・登米市【第2回】

ここでカフェを営む理由

今回紹介するカフェは、この奥にあります。   神社? いいえ、お寺です。 登米市津山にある「柳津虚空蔵尊(やな…

鶴岡彩

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第10回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

【4 格下は敬語で!】

ヨメトメ!

「ありがたきもの、姑に思はるる嫁の君」と平安時代の随筆・枕草子にもあるように、今も昔も嫁姑問題は古くて新しい、そして遠く…

伊藤海歩

浪江森林鉄道 真草沢(まくさざわ)線【第4回】

山さ行がねが極 特濃廃道歩き

林鉄界の秘宝! 幻の「三段インクライン」を解明せよ!  このレポートは、「日本の廃道」2010年5月号に掲載された「特濃…

平沼義之(ヨッキれん)

あなたにおすすめの記事
東北のイベント