日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

あちこちおでかけしまくって知った遊べるスポットや価値ある情報を配信。イラストとエッセイで綴る探検記で、おすすめスポット紹介や子育ての悩みや喜びを皆さんと共有できたらいいなぁと日々奮闘しています。

第4回:青森県では一家に1本!? ケンミンがこよなく愛する調味料「スタミナ源たれ」のヒミツを探る! 【前編】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/32817465/25978

みなさん、こんにちは。
青森県内をあちこちおでかけしまくっている
母と娘の二人組「ハハトコ探検隊」です。

突然ですが、質問です。
みなさんのご自宅の冷蔵庫に↓コレが入っていませんか?

「もちろん、入ってるよ!」と答えたアナタ、
ひょっとして青森県民ではありませんか…!?

今回は、青森県内で「一家に1本」と言ってもいいかもしれない、
お役立ち調味料「スタミナ源(げん)たれ」のヒミツを探ります!

 

「スタミナ源たれ」クイズ!

「スタミナ源たれ」略して「源たれ」は、
焼肉のたれとしてはもちろん、野菜炒めなどにも使える調味料で、
発売以来50年以上愛されているロングセラー商品です。

最初はスタンダードな「源たれ」1種類だけでしたが、
塩辛さをおさえたタイプや、甘口タイプなど、次々とシリーズ展開され、
今ではなんと9種類もあるのだとか。

ではまず、その「源たれ」シリーズからクイズです!
下の写真は、主力商品5種。

売り上げ第1位は一番左、スタンダードな「源たれ」ですが、
第2位は①〜④のうち、どれでしょう?

どれかな?どれかな?

いいですか?正解いきますよ。

正解は、①の「スタミナ源たれ ソフト」です。

青森県内ではスタンダードな「源たれ」が人気ですが、
最近これに加えて、塩辛さをおさえた「ソフト」が人気だそうです。

 

「源たれ」の歴史

今や青森県内のみならず、県外でも知られるようになった「源たれ」。
その「源たれ」を製造するのが、青森県十和田市にある
「上北(かみきた)農産加工株式会社」さんです。

その前身は「藤坂めん羊(めんよう)組合」という組織。
「めん羊」とは羊のことで、その名の通り羊毛の加工事業を営んでいました。

現在とは全く異なる産業に携わっていたんですね。

事業は順調に思えましたが、戦後、繊維衣料が豊富に出回ったことを受け、
羊毛産業は急速に衰退していきます。

窮地を打開するべく考えられたのが、しょうゆ工場の買収でした。
買収後、その設備を生かしてしょうゆの醸造販売も始め、
組織の名称を「上北農産加工農業協同組合」と改めます。

昭和30年代なかほどに、残念ながら羊毛加工事業は中止に至りますが、
時期を同じくして、しょうゆの需要が拡大!
青森県経済連とのしょうゆ委託販売契約によって、
自分たちのしょうゆを広く県内に供給することができるようになったのです。

増えていく需要に応えるべく、設備の拡張、品質改良に取り組み、
しょうゆ製造業は組織の「柱」へと成長していきました。

 

地元の声を受けて開発に挑む

そして、ついに大きな転機が訪れます。

羊肉をおいしく食べられる調味料を開発できないかという
依頼が舞い込んだのです。

地元では、古くからジンギスカンとして羊の肉が食べられていたのですが、
羊肉は牛や豚に比べるとどうしてもクセがある…。
もっとおいしくジンギスカンを食べられるようにならないかという
地元の声を受けて、調味料の開発に挑むことになります。

試行錯誤の末に、それはついに完成します。

自分たちで作ったしょうゆと、青森県産のりんごとにんにく。
青森の恵みをふんだんに使った、おいしさ満点のジンギスカンのたれ…。

これこそが「スタミナ源たれ」だったのです。

昭和40年に発売したところ、食の欧米化という背景も追い風となり
「源たれ」は大好評を博します。

年を追うごとに売り上げは倍増し、「源たれ」は会社を代表する商品に。
そして現在に至る…というわけなのです。

現在「源たれ」が製造されているのは
10年ほど前に竣工された工場なのですが、
その工場、なんと見学することができるんです!

……(この記事には続きがあります。会員登録で最後までお読みいただけます)

続きは「プレミアム会員登録」で読む事ができます

まいみちプレミアム会員になると、月額194円で全ての記事が読み放題となります。

まいみちプレミアム会員になると有料記事を含むすべての記事が読み放題!

まいみちプレミアム会員は月額194円(税込)です。
まいみちプレミアム会員登録(購読申し込み)方法

amazonpay
paypal

会員登録されている方はこちら

 この記事を書いた「マイみちスト」
(ははとこたんけんたい)
青森県在住。遊べるスポットや価値ある情報を中心に、青森県内をあちこちおでかけしまくっている、イラストレーターの母と娘の二人組。「外の世界を見に行こう!」という母の考えのもと、日々楽しい遊び場を開拓し続けている。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (3)
  1. アバター 旅がらすレディー さん

    4月から青森県民になりました!
    北海道、宮城で暮らして来ましたが、源タレのことは、坂本サトルさんを通じて知り、今やわが家の常備品になっています。
    この記事も興味深く読ませてもらいました。通になった気分です。ありがとうございました。

  2. アバター 自由人 さん

    岩手県在住ですが、焼き肉といったら家も昔からこれです。

  3. アバター どら子 さん

    いつの日か星野源さんに源たれのCMをして欲しいと、密かに祈ってます。

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事

【プレミアム版】第3回 龍飛道(たっぴみち)の洞門群 青森県

東北の忘れられないトンネルたち

(本記事は季刊誌「michi-co」に掲載しきれなかった文章や資料を著者の好意により「プレミアム会員向け」に全て掲載した…

平沼義之(ヨッキれん)

夏…駆け足すぎてご無沙汰しました【読者プレゼントつき】

そのだ節

ほんとお久しぶりです、そのだつくしです。忘れてませんよね?漫画家のそのだです。 さて、猛暑続きの夏も終わり、もう9月。 …

そのだつくし

恋と愛・・・

そのだ節

なかなか定期的にアップできませんが徐々に慣らしていきます。すいません。 ここではあくまでも私は「がんばりま~す」とはいい…

そのだつくし

フリーランスになる準備【番外編】/タツノオトシゴハウス【鹿児島・頴娃(えい)町】

旅するデザイナー、北に行く理由。

本日のオフィスはここ。 鹿児島県南九州市の頴娃(えい)町にある、タツノオトシゴハウス。 海越しに見える、雄大な開聞岳。 …

ヨハクデザイン

【プレミアム版】第5回 雪谷(ゆきや)隧道・岩手県(後編)

東北の忘れられないトンネルたち

  【前編のあらすじ】 岩手県北部、九戸村と軽米町が接する辺りに、存在をすっかり忘れ去られたようなトンネルがあ…

平沼義之(ヨッキれん)

あなたにおすすめの記事