日刊ウェブマガジン「まいにち・みちこ」│東北「道の駅」公式マガジン「おでかけ・みちこ」

まいにち・みちこ【東北 道の駅 日刊マガジン】

ご近所や祖父母、両親。見聞きした昭和的暮らしとお料理のレシピエッセイ。山形県置賜(おいたま)地方の伝統を、器用な母から不器用な娘へ。受け継がれるはずが失敗したり忘れたり。日々のご飯のヒントになるかな。

【レシピ付】おつかれさんに、ギョウジャのパワー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
まいにちみちこ編集室
https://my-michi.com/column/28170364/26248

地元山形県・長井市の新顔野菜に「ギョウジャ菜」がある。
見た目はニラにそっくりだが、根元は茶色く葉っぱの幅もニラより少し広い。
鼻を寄せて嗅いでみると、刈り取った根元からはニラというよりはっきりとニンニクの香りがする。
いかにも「効きそう」だ。

山に生える行者ニンニクとニラの掛け合わせの、新しい野菜だという。
おお、行者ニンニクなら都会のスーパーで見たことがある。
ギボシ(ウルイ)のような幅広い濃い緑色の葉で、少量でもびっくりするほどいいお値段だった。
種をまいてから菜っ葉として収穫できるまで、8~10年という長い時間がかかり、また株分けしても容易に増えない。
本州では山奥にしか自生していなかったという事で、一般の認知度は低い。
古くから深山で修業をする修験者(いわゆる山伏)に、元気づけに食べられていたという説がある。
だがもう一方で、食べるとパワーが付きすぎて修行をほっぽりだしてしまうというので、食べるのを禁じられていたという話もある。

どれだけパワフルなんだ、ギョウジャニンニク。

そのチート山菜、行者ニンニクと、パワー中華メニューなどによく使われるニラとの合体したお姿が、北海道や我が山形県長井市の栽培グループで作られる、ギョウジャ菜なのである。
説明書きを読んだだけで無敵の気配が漂う。これは春先のかったるく、意欲ナッシングな自分にも効いてくれるのではないか。

長井市に帰省した際、道の駅で買いこんできた「ギョウジャ菜」、露地ものの旬は初夏の5月から初秋の9月前後までらしい。
これから盛んと出るであろう「ギョウジャ菜」
カロチン、葉酸、硫化アリルと体にいい成分はニラよりずっと多いのだ。
モリモリ食べて五月病など吹っ飛ばしたいもの。

今回はシンプルイズベスト。
風味がストレートに味わえるニラ玉(ギョウジャ玉?) にしてみました。

【レシピ】 ギョウジャ菜のニラ玉


【材料】
ギョウジャ菜…2束
卵(生食するので新鮮なもの)…1個
だし醤油…適量


(1) ギョウジャ菜は特に根元をよく洗う。

根元から先に沸騰した湯に入れゆっくり5秒、全体を沈めて5秒。さっと茹でる(我が家はもったいないので固い部分を切ったりしません)

(2) 急いで冷水にさらし、冷ます。
(3) 水気をよく絞って3センチくらいの食べやすい長さに切る
(4) 生卵をポンと割り落とし、だし醤油をたらりとかける。

水気を絞り過ぎると筋張って食感が悪くなるので注意。
最近疲れ気味の時、パワーが欲しい時に是非。

 この記事を書いた「マイみちスト」
(にったみわ)
山形県長井市で生まれ育った主婦。現在東京在住。上杉家と食べる事、アニメと特撮をこよなく愛する。色んな事に興味を持って飛び回っています。

この記事が気に入ったらシェアお願いします

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
皆さまよりお寄せいただいた感想はこちら (2)
  1. アバター べーさん さん

    ギョウジャ菜、名前と長井近辺で栽培していることは知っていましたが、簡単レシピが参考になりました。見つけたら買ってみたいです。

  2. アバター 新田美和 さん

    ギョウジャ菜、このごろ頻繁に見かけるようになりました。ぜひぜひお試しください。凝ったお料理でなくても日常的に取り入れやすいお野菜ですので。

あなたの感想をお聞かせください

*

CAPTCHA


Facebookでも投稿できます
この連載を読む
プレミアム記事
あなたにおすすめの記事
東北のイベント